まゆみのえいご勉強法10のステップ(-3)プロローグ


  

出典「フラミンゴ英会話ブログ」さま



英語の勉強のために、あなたはこれまで何時間を費やしましたか?
日本人が中学高校で英語の勉強に投じる時間は、1,500時間だと言われています。
一方、英語をネイティブレベルにするために必要な時間は、3,000時間と言われています。

本来必要な時間の半分も勉強していたら、
ある程度は話せるようになるんじゃないか?
何で英語が身についていないんだろう?

このように思いませんでしたか?
なぜ、身についていないのでしょう。
それは英語の勉強法を間違っているからなのです。

この記事では、残り1,500時間で英語を身につけるための方法を紹介します。
1日3時間とすると500日なので、
ゆっくり無理なく進めても3年後には達成できます。
これから英語を勉強しようという方、ぜひ読んでみてください。





なぜ、英語が身に着かないのか?



英語が身につかない理由は2つあります。
•モチベーションを保つことができない
•勉強法が間違っている

モチベーション

これまで、モチベーションは保つことに意識的になったことはありますか?
「しんどいけど、がんばろう!」と、
受験、ダイエット、筋トレをしていたことがあるのではないでしょうか。

身の回りに、「楽しいからやっているから、モチベーションを保つ必要がない」
とおっしゃる方もいるかもしれませんが、
これは環境やタイミングに恵まれていて、
自然とモチベーションがキープされやすい状態になっているだけに過ぎません。
多くの場合、英語にチャレンジするのであればモチベーションを意識的に保つ必要があります。


まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ(-2)勉強法
まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ(-1)サイレントピリオド
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(1)モチベーションをキープする方法
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(2)えいご特有の音のつながり・リズム
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(3)語順を抑える。英語は”冒頭”が大事な言語
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(4)英語を日本語に変換してはいけない
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(5)発音記号を読めるようになる
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(6)まず、リスニングとリーディングに集中する
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(7)シャドーイングしながら英語の語順に慣れる
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(8)単語ひとつずつではなく3語程度のまとまりで理解する
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(9)本格的にスピーキングをスタートする
まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(10)ライティングをスタートする


トップページ へ