表現を増やす英会話上達法【251-275】

 

 「いしはらまゆみ先生の、英会話質問箱」より。
https://www.alc.co.jp/speaking/article/question/


表現を増やす英会話上達法251
(Q251)仮定法過去と仮定法過去完了の違いを教えてください
仮定法過去と仮定法過去完了の違いがイマイチつかめません。「もしその荷物が昨日までに届いていたら、それを彼にプレゼントできたのに」と、実際に届いた荷物を目の前にして言う場合は、どちらを使えばいいですか?
(海外 次郎さん)



仮定法過去は現在の事実と反対のこと、仮定法過去完了は過去の事実と反対のことを仮定するときに使います
まず、仮定法過去と仮定法過去完了を整理しておきましょう。仮定法過去は、現在の事実とは反対のことを仮定するときに使い、<If+主語+動詞の過去形, 主語+would/could/might+動詞の原形>で表します。例えば、「(今)彼の電話番号を知っていたら、彼に連絡できるのに(→実際は知らないので連絡できない)」と言うなら、If I knew his phone number, I could contact him.となります。一方、仮定法過去完了は、過去の事実とは反対のことを仮定するときに使い、<If+主語+had+動詞の過去分詞形, 主語+would've/could've/might've+動詞の過去分詞形>で表します。例えば、「(あの時)彼の電話番号を知っていたら、彼に連絡できたのに(→実際は知らなかったので連絡できなかった)」と言うなら、If I had known his phone number, I could've contacted him.となります。仮定法過去完了を用いる場合、2つの事柄(ここでは、電話番号を知らなかったことと連絡できなかったこと)がいずれも過去のことであるのが条件です。
 「もしその荷物が昨日までに届いていたら、それを彼にプレゼントできたのに」の場合、たとえ荷物が目の前にあっても、「昨日プレゼントすることができなかった」と気持ちが過去に向いていれば、If I had received the package by yesterday, I could've given it to him.と仮定法過去完了で表現します。仮に、彼が目の前にいるのに、昨日届くはずの荷物がまだ届いていないとしましょう。この状況で、「昨日までに荷物が届いていれば、今彼にプレゼントできたのに」と言う場合は、If I had received the package by yesterday, I could give it to him now.のように、仮定法過去完了と仮定法過去を混合して表します。


---------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法252
(Q252)複数の話し相手を指すyou guysやgirlsなどの使い方は?
複数の話し相手を指すとき、you guysやgirlsと言っているのを聞いたことがあるのですが、使い分けが必要ですか。you guysは、すべての状況で使えるのでしょうか。また、「外人」を英語でどう言いますか。foreignerという言葉は失礼で差別的だと聞いたことがあるのですが、本当ですか。
(沖縄県 Minoriさん)



guysは男女を問わず、複数の人を指します
複数の話し相手を指すときに使われる表現には、さまざまなものがあります。かしこまった場で耳にすることが多い、ladies and gentlemen は既におなじみですね。親しい間柄では、you guysやgirlsなどが一般的によく使われます。guysは男女を問わず、複数の人を表します(guyが単数の場合は、He's a nice guy. [彼はいい人です] のように男性にしか使えないので注意)。girlsは複数の女性に対してのみ使います。
「ねえ、みんな」という感覚で複数の相手に話しかける場合は、guysやgirlsを文頭、または、文末に用います。例えば、Guys, are you free tonight? / Are you free tonight, girls?(ねえ、みんな、今夜空いてる?)という具合です。一方、you guys やyou girlsは、you(あなたたち)の代わりに使います。例えば、How are you?(みなさんお元気ですか)でもOKのところ、How are you guys? や How are you girls? と言うことができます。同様に、Are you tired? (みんな疲れていますか)をAre you guys tired? やAre you girls tired? と言ってもOKです。いずれも、対象相手が複数であることを明確にしつつ、親しみを込めた言い方です。
「外人」はforeignerで間違いではないのですが、「よそ者」という響きになることがあるのは事実です。実際、ネイティブスピーカーは日本人ほどこの言葉を使いません。よって、She's a foreigner.と言うより、She's American.(彼女はアメリカ人です)やShe's Chinese.(彼女は中国人です)のように国籍で表現するのが好ましいとされています。国籍が分からなければ、westerner(欧米人)やAsian(アジア人)など、大まかな地域で表現してもよいでしょう。ちなみに、日本語でも「外人」より「外国人」とするほうが適切ですね。

-------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法253
(Q253)「~しなければならない」を意味する表現の違いを教えてください
「~しなければならない」という意味の英語表現は?と尋ねたら、have [has] to~、must~、have got to~、be supposed to~のすべてが当てはまると言われたのですが、それぞれのニュアンスの違いや使い方を教えてください。
(海外 うみさん)
need to~とhave to~には使い方に違いがありますか。you'd better~とyou should~の違いも教えてください。
(静岡県 えいさん)



ここでは7つの表現の違いを説明しましょう
「~しなければならない」を表す表現は複数あります。ニュアンスの違いや使い分けは下記のとおりです。いずれも、~には動詞の原形が入ります。
■have to~
(話し手の意思というより)いろいろな要因を総合的・客観的に判断して「~しなければならない」と言うときに使う。
■need to~
have to~よりも少し弱い必要性や義務を表す。会話で好んで使われる。
■have got to~
会話で好んで使われる表現で、have to~の代わりに用いられることもあるが、have to~より強い必要性や義務を表すと考える人もいる。've got to~と短縮し、got toを[ガラ]のように発音するのが一般的。かなりくだけた会話では、単にgot to~とすることもある。
■must~
話し手の主観的判断で「~しなければならない」と言うときに使う。主語がIやWeの場合、話し手が自分自身に「言い聞かせている」気持ちを含む。
■should~
善悪を判断したり、その行為を当然すべきと判断したりすることによって「~しなければならない」と言うときや、「~したほうがよい」と助言したり、助言を求めたりするときに使う。shouldより少し強い意味で、ought to~が用いられることもある。ought to~は、社会的習慣や規則などの外的要因によって判断する場合に用いる。
■had better~
「絶対に~すべきだ」という強い必要性や忠告を表す。場合によっては、脅迫や強制を表すこともある。主語がIやweの場合に用いるのが普通で、相手に対して使うときは、目上から目下(上司から部下、教師から生徒など)に限定するのが賢明。'd better~と短縮するのが一般的。
■be supposed to~
規則やすでに決められた予定などによって「~しなければならない、~することになっている」と言うときに使う。

---------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法254
(Q254)That's it.は、That's all.と同じ意味?
That's it.という表現をよく耳にします。これは、That's all.と似た意味のようですが、ときどき違うようにも聞こえます。どうなのでしょうか。
(宮崎県 JMさん)



That's all.と同じ意味のほか、たくさんの意味があります
That's it.とThat's all.を同じように使うことができるのは、「それでおしまい」というニュアンスの場合です。話の最後に締めくくる感じで That's it. / That's all. と言うと、「以上です」という意味になります。また、クッキーやチケットなど、最後の1枚を手にした人にAre there any more?(ほかにもまだありますか?)と聞かれて、No, that's it./No, that's all.と答えれば、「いいえ、それが最後です」となります。
 That's all.(That's it.は×)は、自分の発言の最後に付け加えて、「ただそれだけだ」を意味します。I want to help you; that's all.(君の力になりたい、ただそれだけさ)という具合です。
 That's it.(That's all.は×)は、Yes.の強調として使われます。例えば、「あなたが探しているものはこれですか?」などと聞かれてThat's it! と言うと、「そう、それです!」というニュアンスに。人や物の名前を思い出したときにも使えます。また、スポーツの応援をしていてThat's it!と言えば、「いいぞ、その調子!」と励ます表現に。しつこい相手や物分かりの悪い相手に「いい加減にして!」と言い放つときも、That's it!が便利です。That's it; sit down.(いいから座りなさい)」という使い方もあります。
 さまざまな用法がありますが、状況から正しく理解できる場合が多いので心配無用です。会話でどんどん使ってマスターしてしまいましょう。

-------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法255
(Q255)買い物をしたときに使う「袋はいりません」は、英語で何と言う?
買い物をした際に「袋はいりません」「(靴の)箱はいりません」と言いたいのですが、いつも伝わりません。適切な表現を教えてください。
(海外 fishさん)
「歯を食いしばる」は英語で何と言いますか?
(山形県 I.Sさん)



I don't need a bag.が簡単で、つっけんどんと思われることもありません
店で「袋はいりません」と言う場合は、I don't need a bag. が簡単、かつ、通じやすいでしょう。箱の場合はbagをboxにすればいいですね。No bag[box] for me.でもOKです。つっけんどんな口調に思うかもしれませんが、それほど無礼には聞こえないので心配無用です。丁寧さを出したければ、I don't need a bag, thank you.やNo box for me, thank you.のように、thank youを付け加えるとよいでしょう。
 「歯を食いしばる」はclench one's teethと言います。clenchは「(歯)を食いしばる、(手)を握りしめる」という意味です。one'sには、主語に合わせて、my、your、hisなどを入れます。これに<and+動詞>を続けると「歯を食いしばって~する」となります。例えば、「歯を食いしばって耐えた」なら、I clenched my teeth and endured it.とします。また、stick with ~には「(困難なこと)をやり続ける」という意味があるので、I stuck with it.と言えば「歯を食いしばってがんばった」というニュアンスになります。

-------------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法256
(Q256)「来年もよろしく」を英語で言うと?
「来年もよろしく」を英語でどう言いますか。目上の人に使う表現とカジュアルな表現を教えてください。また、納得したときに言う「へえー」はどう言いますか?
(富山県 Allieさん)



英語にぴったりの表現はありませんが、同じ感覚で使われるものはあります
英語には、「来年もよろしく」にぴったりの表現がありません。そもそも「来年もよろしく」と言う習慣や概念がないので、無理に訳そうとするとかえって不自然に聞こえます。日本人が「来年もよろしく」と言うのと同じ感覚で欧米人が使うのは、Have a happy New Year!(よいお年を)という表現。「来年もよろしく」の持つ意味とは異なりますが、言う状況は同じなのでこちらを使いましょう。目上の人にも親しい間柄の相手にも使えます。
 納得したときの「へえー」は、I see.(なるほど)が一般的です。筋の通る説明をした相手には、That makes sense.と言うこともできます。make senseは「理解できる、道理にかなう」という意味で、通常はthat(=相手の言ったこと)を主語にします。I make sense.(×)とは言わないようにしましょう。納得したときの表現とは少しニュアンスが異なりますが、「なるほど、おもしろい視点ですね」や「なるほど、それは興味深いですね」と相手の意見に興味を示すなら、That's interesting.がピッタリです。

--------------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法257
(Q257)「なるべく~」は英語でどう表現すればいいのでしょうか。
「なるべく英語で子どもに話しかけています」や「なるべく早く返事をください」「なるべく丁寧に話しなさい」などの「なるべく」は、as soon as possibleやas much as I canですか? asの使い方もイマイチよく分かりません。
(大分県 mashaさん)



「なるべく~」が使われる状況により、表現も変わります
「なるべく~」は、as ~ as possible(可能な限り~)やas ~ as A can(Aができるだけ~)と表現することが多くあります。例えば、「なるべくすぐに」はas soon as possibleやas soon as I canとします。「なるべく丁寧に」なら、as politely as possibleやas politely as I canとなります(いずれも、状況に応じてI canをyou canやhe canなどに変えましょう)。
 「なるべく英語で子どもに話しかけています」や「なるべく丁寧に話しなさい」は、「(なるべく)~するように努力する」というニュアンスなので、<try to+動詞の原形>を用いるとよいでしょう。前者はI'm trying to talk to my children in English.、後者はYou should try to talk politely.となります。try toにはすでに「なるべく」とか「がんばって」というニュアンスが含まれているので、as ~ as …を用いなくてもOKです。「なるべく」のニュアンスをあえて出したい場合は、I'm trying to talk to my children in English as much as I can.やYou should try to talk as politely as you can.としましょう。
 また、相手に依頼する場合の「なるべく」は、<用件+, if possible(可能なら)>とすると簡単です。Would you reply to this e-mail soon, if possible?(なるべく早くメールのお返事をください)という具合です。一緒に覚えておきましょう。

-------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法258
(Q258)過去形と現在完了形の使い分けの方法は?
「have+過去分詞」の現在完了形と過去形について、文法書の説明は分かるのですが、いざ自分で言いたいことを考えると、どこからどこまでを完了形にすべきなのか、境界線がイマイチ理解できません。例えば「私は本を読みました」だと普通に過去形にしますが、文法書を前にすると、「『読んだ』ってことは今は読んでいないわけで、もうその行為は完了しているから、完了形?」などと考えて悩んでしまいます。分かりやすい区別の仕方を教えてください。
(東京都 wanna be famousさん)



過去の出来事が現在に影響していたら、現在完了形を使います
現在完了形と過去形の使い分けをひと言では説明するのは難しいのですが、一般的に、「いついつ、何々をした」と過去の出来事を述べる場合は過去形を使います。過去の出来事が現在に影響していれば完了形がふさわしいでしょう。例えば、「昨日、この本を読み終えた」という場合は、I finished reading this book yesterday.と言います。「昨日」や「昨年」、「1995年に」など、過去の「時」を表す語句を用いるときは、過去形で表すのがルールです。「この本を読み終えたので、今から図書館へ返しに行きます」と言うなら、I've finished reading this book, so I'm going to take it back to the library. と完了形を使って表します。読み終えた(→過去のこと)から、返しに行く(→現在に影響している)わけです。
もう1つ、「財布をなくした」と言おうとするときの例を見てみましょう。I lost my wallet.と言うと、財布をなくしたという過去の出来事について述べているにすぎず、その後、財布が見つかったかどうかには触れていません。一方、I've lost my wallet. と言うと、財布をなくしてしまい、それが今でも見つかっていないことになります。よって、警察署へ届出をする場合は、後者のほうがふさわしいですね。お分かりいただけましたか?
※ただし、くだけたアメリカ英語では、現在完了形がふさわしい場合でも過去形で表すことがあります。

------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法259
(Q259)パーティーに来てくれた人へのお礼の言葉は? ほか
「文化祭はとても楽しかった」は英語で何と言いますか。
(福井県 umikaさん)



誕生パーティーに来てもらったお礼は、Thank you for coming to the birthday party.でOKですか。ほかによい表現はありますか。
(青森県 げんちゃんさん)
遊園地の乗り物には、rideとattractionのどちらを使いますか。また「たくさんの乗り物に乗った」は、I rode on many rides.ですか。
(大阪府 mamiさん)
I hope you had a good time.まで言えたら◎です
「文化祭はとても楽しかった」は、I really enjoyed our culture festival.と言います。口語では、I had a great time at our culture festival.や Our culture festival was a lot of fun.と言うこともあります。「学校の文化祭」なら、our school festivalでよいでしょう。
 パーティーに来てもらったお礼は、Thank you for coming to the birthday party.でOKですが、自分の誕生パーティーならThank you for coming to my birthday party.とするのが自然です。I hope you had a good time.(楽しんでいただけたならうれしいです)と続けることができれば、主催した側として◎です。
 観覧車やジェットコースターといった遊園地の乗り物は、ride(s)と言います。日本語では「アトラクション」と言いますが、英語のattractionは「人を引きつけるもの、呼び物」という意味で、tourist attraction(観光名所)のように使います。また、This parade is one of Disneyland's attractions.(このパレードはディズニーランドの呼び物の1つです)と言うこともできます。「たくさんの乗り物に乗った」は、I rode on many rides.で間違いではありませんが、rodeとridesに重複感があるので、I went on many rides. / I went on a lot of rides.(後者のほうが口語的)としましょう。

-------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法260
(Q260)実現の可能性があるときにもwishを使う?
このコーナーで以前、「I hopeは実現の可能性があるときに、I wishは実現しなさそうなときに使う」という説明がありました。一方、We wish you a merry Christmas.という歌詞の歌があり、辞書にも「wishは(幸運・成功など)を祈る」とあります。やはり、wishはhopeと同じ状況で使うこともあるのではないかと思うのですが…。
(東京都 りんむさん)



wishは「wish+A(人)~」の形で「Aのために~を祈る」という意味になります
確かに、I hopeは実現の可能性があるときに、I wishは実現の可能性がほとんどない(と思っている)ときに使います。例えば、「彼がOKしてくれるといいな」と言う場合、その可能性があればI hope he will say OK.(I hope he says OK.も可)と言います。OKしてもらえる可能性がないと思っているときは、I wish he would say OK.となります。いずれの文も、現在のこと、あるいは未来の願望を述べた文です。
 一方、We wish you a merry Christmas.は用法が少し異なります。このwishは「A(人)のために~を祈る」という意味で、「wish+A(人)~」の形で用います。~には、「健康、成功、幸福、幸運」などの言葉が入ります。We wish you a merry Christmas.の場合、Aはyou、~はa merry Christmas、つまり「素敵なクリスマスになりますように」といった意味になります。この用法のwishには、ほかに、I wish you good health.(ご健康をお祈りします)、I wish you good luck.(幸運を祈っています)などがあります。

------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法261
(Q261)everybodyとeveryone、formerとpreviousは同じ意味?
everybodyとeveryoneの違いや使い分け方を教えてください。
(東京都 ☆ラビラビ☆さん)
formerとpreviousの使い分けが分かりません。これらは置き換えが可能でしょうか。例えば「前の市長」と言いたいとき、former mayor、previous mayorのいずれでも同じ意味になりますか。
(大阪府 poohさん)



everybodyとeveryoneは同じ意味、formerとpreviousは使い分けに注意が必要です
everybodyとeveryoneはいずれも「すべての人」という意味です。Everybody enjoyed the party./Everyone enjoyed the party.(全員がそのパーティを楽しんだ)というように、everybodyとeveryoneは入れ替え可能で、同じように使うことができます。ですが、everybodyのほうが少しくだけた響きがするため、フォーマルな場ではeveryoneを好む人が多くいます。あえて訳に差をつけるとすれば、everybodyは「みんな」、everyoneは「皆、皆さん」というニュアンスです。
 ちなみに、「誰か」を表すsomebodyとsomeone、「どの人も」を表すanybodyとanyone、「誰も~ない」を表すnobodyとno oneの使い分けも同様です(no oneは2語)。
 一方、formerとpreviousはいずれも「前の~」という意味ですが、厳密に言うと、formerは「過去の」、previousは「1つ前の、直前の」を表します。
 日本の首相を例にとって解説することにしましょう。2007年12月現在の総理大臣(=prime minister)は福田さんです。1代前の首相は安倍さんでした。つまり、安倍さんがthe previous prime ministerということになります。そして、小泉さんはa former prime mister、森さんもa former prime ministerです。小泉さんと森さんの2人の話をしている状況なら、former prime ministersと複数形にすることも可能です。歴代の総理大臣は何人もいるので、その中の1人について話すときはa former ~となりますが、1代前の総理大臣は1人しかいないので、the ~とします。ちなみに、前総理大臣の安倍さんの話をしているときにthe previous prime ministerと言えば、小泉さんのことになります。お分かりいただけましたか?

---------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法262
(Q262)What do you doing?と聞こえることがあるが、そんな表現ある?
テレビでネイティブの会話を聞いていると、たまにWhat do you doing?と聞こえることがあります。このような表現は実際に存在しますか。それとも、What are you doing?が聞き取りづらくなって、What do you doing?と聞こえるのでしょうか。
(愛媛県 まりあさん)



ありません。
What are you doing?の音が変化したものでしょう
What do you doing?と聞こえた表現は、おそらくWhat are you doing?(何をしているの?)のことだと思います。What are you doing?は、whatとareがくっついてwhat're[ワラ]のように聞こえます。ネイティブスピーカーが話す速い会話では、この[ラ]を短くて弱い音に変え、直後にあるyouにさっと移るのが特徴です。そのため[ラ]がはっきり聞こえなくなり、場合によっては[ワドゥユー]に近い音になって、What are you doing?がWhat do you doing?と言っているかのように聞こえるのです。ですが、実際、ネイティブスピーカーはちゃんとWhat are you doing? と言っています(What do you doing?という表現は存在しません)。
 同じように、How are you doing?(元気?)という表現にも注意が必要です。How you doing?のようにareが抜けた感じで聞こえるからです。ネイティブの会話では、HowとareがくっついてHow'reとなりますが、この're が短くて弱い音になるため、ほとんど聞こえなくなり、How you doing? と言っているかのように聞こえるのです。一緒に覚えておいてくださいね。

-------------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法263
(Q263)「おいしい」という意味でbeautifulを使う?
以前、あるテレビ番組に出演していたキャサリン・ゼタ=ジョーンズさんが、料理を食べながらしきりに"Beautiful."と言っていました。訳は「おいしい」でしたが、deliciousやtastyではなく、beautifulも一般的に使われるのでしょうか。
(大阪府 ともさん)



使います。beautifulを耳にする場面はほかにもあります
はい、おいしいことを強調したいときに"Beautiful."と言うことがあります。私たちの感覚からすると、「beautiful=美しい」というイメージが強く、She's beautiful.(彼女は美しい)や、beautiful flowers(きれいな花)などのように使う人が多いでしょう。確かに、この意味で用いられることが多いのですが、ほかにもさまざまな場面で耳にします。
 そのうちの1つが、料理について言うbeautiful。おいしさを強調した表現で、「絶品ですね」というニュアンスです。また、「すてきな」という意味でも使われます。You have a beautiful family.(すてきなご家族ですね)やIt's a beautiful day today.(今日はとてもいい天気ですね)という具合です。さらには、スポーツで技巧みなゴールやアタックを決めたり、ボールをキャッチしたり、難しい演技に成功したときなどにも、Beautiful!と言うことがあります。この場合は、「これはお見事!」という褒め言葉です。

-----------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法264
(Q264)結婚式で新婦にCongratulations.と言ってはいけないの? ほか
一部の本には、「結婚式で新婦にCongratulations.と言ってはいけない」と書いてありますが、多くの本には「現代ではそんなことはない」とあります。これは、言う人の年代によるのでしょうか? また、ある会話本に、「My hobby is shopping.」という英文がありましたが、別の間違い表現集には、「shoppingやplaying with friendsはhobbyとは言わない」とあります。ネイティブはどう思うのでしょうか?
(愛知県 マーチャさん)



Congratulations.と言う人は増えていますが、年配の人はほかの表現を使うことも
はじめに、なぜ新婦にCongratulations.と言ってはいけないのかという点から説明しておきましょう。Congratulations.は、「努力して目標を達成したり、成功を得たりした人に対する祝いの言葉」が定義のため、新婦に言うと、努力して彼を射止めたニュアンスになって失礼だというわけです。ですが、現代では新婦にもCongratulations.と言う人が増えています。定義にこだわらず、Congratulations.を祝いの言葉として使うようになったということですね。私はアメリカで何度か結婚式に出席しましたが、新婦にCongratulations.と声をかけている人をたくさん見かけました。ただし、年配の人には、I wish you every happiness in the future.(どうぞお幸せに)などの言葉を好む人が多いようです。
 それから、My hobby is shopping.は、あまり好ましくありません。日本語の「趣味」は陶芸のような専門的なことからショッピングのような日常的なことまで含みますが、英語のhobbyはある程度専門的な知識や技術を必要とすることに用いるのが一般的です。読書やスポーツなど、定期的にすることに使うこともできます。ショッピングやテレビを見ることなど、暇つぶし感覚や娯楽ですることにはhobbyという言葉を用いずに、I enjoy shopping.やI like going shopping on the weekend.など、enjoyやlikeを使って表現するのが自然です。

-----------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法265
(Q265)I'm sorry.とExcuse me.はどう違う? ほか
テレビを見ている人の前を通るときは、I'm sorry.とExcuse me.のどちらが適切?
(海外 Sorry in Seattleさん)
「英語を理解できますか」と聞かれて、「少しなら」と言いたいときは?
(北海道 momoさん)
公園のベンチで、May I smoke here?と聞かれて断るには?
(鹿児島県 ぬまりんさん)



こちらに非があることを認めるときは、I’m sorry.を使います
今月は「~のときはどう表現すればいい?」という質問が多く寄せられました。今回は、そのうちの3つにお答えします。まずは、I'm sorry.とExcuse me.の違いから。
 I'm sorry.は、こちらに非があることを認めて謝るときや、相手に対して失礼があった場合に使います。Excuse me.は、中座したり、人の前を横切ったり、軽く体が触れてしまったりしたときに、「ちょっと失礼」「あらっ、失礼」という感じで使います。よって、テレビを見ている人の前を通るときは、Excuse me.が適切です。前を通ったときに相手の見たかったシーンがちょうど隠れてしまった、などという場合は、I'm sorry.が適切です。
 英語が理解できるかどうか聞かれて「少しなら」と答えるには、Just a little.と言います。少しでも話せると言うと普通のスピードで話してくるネイティブも多いので、Would you speak slowly?(ゆっくり話していただけますか)や、Would you speak in plain English?(簡単な英語で話していただけますか)などの表現も覚えておくとよいでしょう。
 May I smoke here?は「ここでタバコを吸ってもよろしいですか」と許可を得る場合と、「ここは喫煙場所ですか?」と法的に吸ってもよい場所かどうかを確認する場合があります。この質問の場合、公園のベンチで聞かれたことを考慮すると、前者の可能性が高いかもしれませんね。そんなときは、Sorry, I don’t really like the smell of tobacco.(ごめんなさい、タバコのにおいは苦手なので)などと言って断るとよいでしょう。

-----------------------------------------
表現を増やす英会話上達法266
(Q266)展示室内で「~しないで」と伝えるやわらかい表現は?
ペットボトルを持って展示室内に入ろうとするお客様に「展示室内は飲食禁止になっておりますので、こちらで預からせていただきます」や「お帰りの際に、この番号札と交換します」と言うには、どう表現しますか? また、「写真撮影は禁止です」と言うのに、Please don't.だけで失礼になりませんか? 「作品に触らないでください」や「禁止されていますので」ということを伝える、やわらかい表現を教えてください。
(新潟県 ふみおばさん)



最初にI'm afraid(申し訳ありませんが)と言うことで、丁寧な響きになります
ふみおばさんはcurator(学芸員)をなさっているようですね。さっそく、館内で使える表現を見ていきましょう。
 「ここでは~が禁止されています」は、No ~ is allowed here.と言います(allowedは[アラゥド]と発音)。「飲食禁止」ならNo food and drink is allowed here.、「撮影禁止」ならNo photographing is allowed here.と言います。
 「展示室内は飲食禁止になっておりますので、ペットボトルをこちらで預からせていただきます」は、No food and drink is allowed in the exhibition room, so let us keep your bottle here.と言います。「展示室内では」はin the exhibition room(exhibition room は[エキシビション・ゥルーム]と発音)と言いますが、単にinside(中では)としてもOKです。「お帰りの際に、この番号札と交換します」は、Before you leave, please bring this number here in exchange for your bottle.のように表現するとよいでしょう。before you leaveは「(ここを)出る前に=お帰りの際に」、please bring this number here in exchange for ~.は「~と引き換えるので、この番号札を持ってきてください」という意味です。
 「作品に触らないでください」は、I'm afraid you can't touch the exhibits.と言います。最初にI'm afraid(申し訳ありませんが)と言うことで丁寧な響きになります。the exhibitsをthemにしてもOKです。館内でthemと言えば作品を指すのが明確だからです。作品に触ろうとしている人にPlease don't.と言えば、「触らないでください」という意味になります(Please don't touch them.がもとの形)。「禁止されているので」はIt's not allowed.と言います。これらの表現は、やさしく言えば失礼な響きにはなりません。壁に、Hands off.(お手を触れないでください)と書いた紙を張っておくのもいいかもしれませんね。

---------------------------------------
表現を増やす英会話上達法267
(Q267)badとbadly、hardとhardlyなどの使い方は?
badとbadly、hardとhardlyなどの使い方がよくわかりません。理解しやすく教えていただけるとうれしいです。
(東京都 dolさん)



品詞を理解すれば、単語を正しく使えるようになります
単語を正しく使うには、品詞を理解することが必要不可欠です。基本的に、形容詞は名詞を修飾し、副詞は主に動詞を修飾すると覚えておきましょう。
 badは「ひどい、悪い」という意味の形容詞です。よって、bad weather(ひどい天気)、bad news(悪い知らせ)のように「形容詞+名詞」の形で用います。It was very bad.(それは最悪だった)のように、主語の状態を表すこともあります。badlyは、「ひどく」という意味の副詞です。よって、He sings badly.(彼はひどく歌う→彼の歌はひどい)のように、動詞を修飾します。badlyは「すごく」という意味の副詞として用いられる場合もありますが、かなりくだけたアメリカ英語では、badを同様に使うこともあります。例えば、「スポーツカーがすごく欲しい」と言いたい場合、正しくはI want a sports car so badly.ですが、I want a sports car so bad.(非標準)も可能です。
 一方hardは形容詞としても副詞としても使われ、形容詞だと「かたい、難しい、つらい」、副詞だと「熱心に、一生懸命に」という意味になります。It was a hard test.(難しいテストだった)のhardは名詞を修飾しているので形容詞、I worked hard.(私は一生懸命働いた)のhardは動詞を修飾しているので副詞です。hardlyは「ほとんど~ない(程度を表す)」という意味の否定語で、hardに-lyがついた「難しく、つらく」という意味の副詞、ではありません。I can hardly speak French.(私はフランス語がほとんど話せない)、I hardly know her.(私は彼女をほとんど知らない)のように使います。

-------------------------------------
表現を増やす英会話上達法268
(Q268)現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。
現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。例えば、I've worked here for five years.とI've been working here for five years.などはどう違うのでしょうか。
(宮崎県 ヨッシーさん)



場合によって、違ったり、あまり違わなかったりします
現在完了形(I've+過去分詞.)と現在完了進行形(I've been -ing.)は、動詞の種類や一緒に用いる語句(回数を表す語句など)によって、どちらも大して違わなかったり、どちらか一方が好まれたりするため、ひと言では説明しきれません。よって、ここでは、具体的な例を挙げて回答していくことにします。
 「継続」を表す場合、状態を表す動詞(knowやbelieveなど)は現在完了形を用います。動作を表す動詞(talkやstudyなど)は現在完了進行形を用いるのが一般的です。work(勤務する)やlive(住む)などの日常的・習慣的なことには、どちらも使われます。つまり、I've worked here for five years.とI've been working here for five years.はいずれもOKです。ただし、前者は「5年間勤め上げた」、後者は「ここに勤めて5年になる(継続中)」というニュアンスが強いと考えるネイティブもいます。よって、継続の意味を強く表したいときは現在完了進行形を用いるのが賢明ですね。
 繰り返し行われている動作も同様に、現在完了形、現在完了進行形のいずれもOKです。例えば、「1日中彼に電話をかけている」は、I've called him all day.とI've been calling him all day.の両方が可能です。が、前者は「もうかけるのをやめた」、後者は「まだかけ続けている」というニュアンスで解釈されることもあります。I've called him six times so far.(これまで彼に6回電話をかけた)のように、具体的な数を用いる場合は、現在完了形にします。
 変化しつつある状況については、現在完了進行形を使います。例えば、The population of the city has been increasing.(その市の人口は増え続けています)などと言えます。

-----------------------------------------
表現を増やす英会話上達法269
(Q269)How are you?とHow are you doing?はどう違う?
How are you?とHow are you doing?は同じ「元気?」という意味だと思ってI'm fine.と答えていたら、指摘されてしまいました。でも、何が違うのか分かりません。
(広島県 ドリ子さん)



いずれも「元気?」「調子はどう?」という意味なので、fineを用いて答えればOK
How are you?やHow are you doing?に対してI'm fine.と答えたら指摘を受けたそうですが、具体的にどう指摘されたのでしょうか? いずれも「元気?」「調子はどう?」という意味なので、fineを用いて答えればOKです。文法に厳しい人だと、「How are you? に対してはI'm fine.と答え、How are you doing?の場合はI'm doing fine.と答えるべきだ」と言うかもしれません。しかし、いずれも最初の部分を省略して、Fine.と答えることが可能です。ちなみに、How are you doing?はHow're you doing?と書き、How you doin'? [ハゥユードゥーイン] という感じで発音するのが一般的です。
 同じく、人と会ったときのあいさつ表現に、How's it going?があります。これも「調子はどう?」という意味ですが、主語はitで「(仕事や学校などは)うまくいっている?」というニュアンスです。よって、この場合はI'm fine.ではなく、It's going fine.やEverything is going well.(すべてうまくいっているよ)のように答えます。
 質問がしっかり聞き取れなかった場合は、単にFine.や Not bad.のように答えるのが無難ですね。

-----------------------------------
表現を増やす英会話上達法270
(Q270)メールや手紙の締めの言葉には、何を使ったらいいですか?
(鹿児島県 あんだーさん)



手紙の最後にBe good!って書いてあったのですが、どんなニュアンスですか?
(愛知県 moeさん)
相手との関係によって、使う表現が異なります
メールや手紙の結び語(日本語の「敬具」に当たる言葉)は、相手との関係によって使う表現が異なります。初対面の相手や目上の人には、Respectfully yours,やWith best regards,を使います。ビジネスでは、Sincerely yours,やSincerely,と書くことが多いですね。Very truly yours,もOKです。
 友達へのメールや手紙では、Take care,やAll the best,を使うとよいでしょう。親友や家族など、かなり親しい間柄ではLove,と書くことがよくあります。ちなみに、私に届いたメールには、Hugs and kisses,と書かれたものがありました。お礼のメールならThank you,と書いてもいいですね。かなりくだけた文書では、結びの言葉を書かないこともあります。どれを使うか迷ったら、距離のある相手にはSincerely,、親しい相手にはTake care,を用いるのが無難です。
 moeさん宛ての手紙に書かれたBe good! は、「いい子にするんだよ」が直訳です。基本的には、親が子供を託児所や友達の家などに預けるときに使いますが、大人同士で用いるときは両者の関係によって表す意味が異なります。例えば、ギャンブル好きな相手なら「ほどほどにね」、バーによく行く相手なら「飲みすぎないようにね」とか「人に迷惑をかけないようにね」というニュアンスになります。

-------------------------------------
表現を増やす英会話上達法271
(Q271)It's my pleasure.とYou are welcome.の使い分けを教えてください。
(海外 santaさん)



お礼に対する返事はいろいろ。込める気持ちによって使い分けましょう
どちらもお礼に対する返事で、「どういたしまして」という意味ですが、It's my pleasure.のほうが少しかしこまった表現といえます。You are welcome.のYou areは、[ユーア~]と離さず、You're[ヨァ]と短縮して発音するのがネイティブ流です。
 ほかにも、お礼に対する返事はいろいろあります。アメリカやカナダで一般的なのは、Sure.という表現。とてもカジュアルな表現ですが、よく使われます。「お礼なんていいですよ」というニュアンスならDon't mention it.、「いつでもどうぞ」というニュアンスならAny time.がいいでしょう。また、お礼を言われて、「いえいえ、お礼を言うのは私のほうです」という気持ちなら、Thank YOU.([セァンクユー]という感じで、ユーを強く発音)がピッタリです。最後にYou're welcome.の応用編を1つ。Thank you very much.と言われたら、You're very welcome.と答えるネイティブもいます。

---------------------------------------
表現を増やす英会話上達法272
(Q272)相手の家族や友人に不幸があったとき、どういう表現を使うのが一般的ですか?
(兵庫県 MAYAさん)



一般的なのは I'm very sorry about ~. 。いざというときのためにその他の表現も覚えておきましょう
不幸があった相手には、悲しみを癒す言葉をかけてあげたいもの。とはいっても、実際その状況になると言葉に詰まってしまうことが少なくありません。いざというときのために、いくつか表現を覚えておくといいですね。
 一般的なのは、I'm very sorry about ~.という表現。~には、your father(お父さま)やyour son(息子さん)など、亡くなった人を入れます。このsorryは「気の毒に思って」という意味ですが、不幸があった人にこう言うと、「~のことでは大変ご愁傷さまです」というニュアンスになります。少々硬い表現ですが、Please accept my (sincerest) condolences.([心から]お悔やみ申し上げます)と言うこともできます。acceptは「~を受け入れる」、condolence(s)は「哀悼の言葉」という意味です。
 余裕があれば、We've lost such a great person.(本当にいい方を亡くしました)、I'm sure he had a wonderful life.(きっと素晴らしい人生だったと思います)、I hope you can get over it soon.(早く立ち直られることを願っております)などの表現を追加するとよいでしょう。

--------------------------------------
表現を増やす英会話上達法273
(Q273)英語日記を書いていて、間違いに気づく方法は?
英語日記を書いているのですが、自分自身では間違いに気づきません。その場合はどうしたらよいでしょうか?
(沖縄県 momoさん)



添削してくれる人を探しましょう。でも、ありのままの英語力で書いておくことも大切
日記のよいところとして、「人に見せないことが前提」「書き方、内容、量が自由」など、その気楽さが挙げられます。でも、英語日記となると、正しく書けているかどうかが気になるのも事実ですよね。正しい英語で書くことに重点を置くのであれば、添削してくれる人を見つけることをオススメします。ネイティブスピーカーに見てもらうのが理想ですが、たとえ日本人でも、英語の先生や自分より英語レベルの高い友達にチェックしてもらえば、正しい英語に近づけます。また、インターネットの添削サイトを利用したり、ブログなどで添削のお願いをしたりするのも手ですね。
 ちなみに私の場合は、「日記なんだから(=人に見せるわけじゃないから)間違っていてもOK!」という楽天ぶりでした。でも、気になっていた表現に出合ったときには、自分で自分のミスに気づくようになるなど、英語日記を書くことで、英語のアンテナが敏感になったのも事実です。
 過去の日記を読み返してみると、単純な間違いや日本語を直訳したような英語表現が多く、自分でも笑ってしまいます。でも同時に、こういう時期を経過して今の自分があることも実感します。正しい英語で書くことも大切ですが、ありのままの英語力で書いておき、後で自分の成長ぶりを楽しむのもいいものですよ。

---------------------------------------
表現を増やす英会話上達法274
(Q274)傷ついている人に「そっとしておくよ」と伝える優しい表現は?
傷ついている人に、「あなたのことをそっとしておくよ」と言いたいのですが、優しい表現はありませんか?
(山口県 M子さん)



I'll leave you alone. ほか、いろいろあります
「~をそっとしておく」はleave ~ aloneと言います。「あなたのことをそっとしておくよ」は、I'll leave you alone. となります。ちなみに、「彼のことをそっとしておいてあげようよ」はLet's leave him alone.、「私を一人にしておいてくれる?」はCan you leave me alone? と言います。
 元気のない人に声をかけるときの表現として、Cheer up.(元気出してね)や、If you need someone to talk to, I'm always here (for you).(誰かに話したい気分になったら、いつでも聞くからね)などもよく使われます。また、悩み事を打ち明けてくれた人には、I know how you feel.(お気持ちはわかります)、You're on the right track.(あなたは間違ったことをしていないよ)、Don't let it bother you.(くよくよすることないよ)、Things will get better.(いい方向に向かっていくさ)などと言って、慰めてあげるとよいでしょう。

------------------------------------------
表現を増やす英会話上達法275
(Q275)Do you like soccer or volleyball? に対して「どちらも好きでない」と答えても良い?
私は今中学2年生です。学校のテストで「Do you like soccer or volleyball? に対する正しい答えは?」という問題が出て、模範解答はI like soccer. / I like volleyball. となっていました。ですがこの英文に対して、「どちらも好きでない」という答えは不適切でしょうか。また、「どちらも好きでない」はどう表現しますか?
(宮城県 shinさん)



「どちらも好きでない」はもちろん適切。答え方はほかにもあります
まずは、英文に対する「忠実な答え方」から説明しましょう。Do you like ~? は「~は好きですか?」と尋ねる疑問文なので、最初にYes、またはNoと答えるのが適切です。Yes, I like soccer. (はい、サッカーが好きです)/ Yes, I like volleyball. (はい、バレーボールが好きです)などと答える人もいれば、Yes, I like (them) both. (両方とも好きです)が当てはまる人もいるでしょう。サッカーもバレーボールも好きでなければ、単に、No, I don't. と答えます。
shinさんのご質問は、Do you like ~? に対して「どちらも好きでない」という答えが適切かどうかということですが、もちろん適切です。「どちらも好きでない」は、基本的にNo, I don't. で十分ですが、日本語のとおりに表現したい場合は、(No,) I don't like either (sport). と言います。否定文で用いるeitherは「どちらも~ない」という意味です。
Do you like ~? の質問には、まずYesやNoと答えるのがより正確ですが、会話ではこれらを省略し、I like ~. やI don't like ~. と答えることもあります。


 



トップページ へ