英語と米語の単語の意味の違い

イギリスとアメリカでは、同じ単語なのに、全然違う意味で使われているものがあります。ネイティブとの英会話で、恥をかかないよう、違いをしっかり覚えておきましょう。

単語       英語       米語
 
◆ homely     家庭的な    ブス、ダサい
 これは、もし間違えたら確実に友達をなくしますね・・・
◆ rubber     消しゴム    コンドーム
 ここぞという時に、消しゴム出してきてどうする!
    
◆ bomb     大ヒット作    大失敗作
 bomb (バム b は発音しません) は、元々 「爆弾」 のことです。
    "That movie was the bomb." と誰かが言った時、イギリス人とアメリカ人は、正反対のことを考えるわけです。
   ただし、bad がアメリカのスラングで正反対の 「かっこいい」 を表すように、the bomb もスラングですと、アメリカでも 「最高」 という意味になります。
    かなりややこしい・・・
  
◆ table (動詞)     議題として話し合う    棚上げにする
  table a motion と書いてあったら、イギリスでは、「動議を会議にかける」、
  アメリカでは、「動議を棚上げにする、見送る」 という、全く違った意味になってしまいます。
  
◆ knock up     人を起こす、目覚めさせる    妊娠させる
  イギリスでは、ドアを knock して wake up → 「たたき起こす」 という感じです。
  けれどもアメリカでは knock 〜 up は、「〜を妊娠させる」 というイケナイ俗語です。
 「朝8時に私を起こしてください。」 と言ったつもりが、 「朝8時に、はらませて〜ん・・・」 なんて誤解されたら大変!!

◆ public school     パブリック・スクール    公立学校
  イギリスの教育システムは、実に多種多様。    地域によっても、カリキュラムがずい分違うようです。
  主に上流家庭の師弟が通う、中高一貫の名門私立学校は、パブリック・スクール と 呼ばれ、そのほとんどは全寮制です。
  以前は教育というと、限られた上流階級で、おかかえの家庭教師によって行われるものでした。
  それが学校が作られたことによって、お金さえ払えば、誰でも公平に受けられるようになったのが、「パブリック」 と呼ばれる理由です。
  誰でも・・・と言っても、授業料は昔からものすごく高額ですけどね。
  中世からの伝統があり、格式高いパブリック・スクールでは、将来エリートとしてリーダーシップを発揮するための、厳しい教育が行われます。
  ウィリアム王子とヘンリー王子も通っていた 「イートン」 や、英国最古のパブリック・スクールである 「ウィンチェスター」 などは、皆さんも耳にしたことがあるのでは?
  一方アメリカでは、普通の公立学校のことを public school と呼びます。 私立学校は、private school です。
     (イギリスの公立学校は、state school 、普通の私立学校は、independent school と呼ばれます。)

 まだまだあります!!!

◆ 地下鉄     tube    subway
   「サブウェイ」 と言ってもサンドイッチじゃありませんよ。
  2004年、「営団地下鉄」 が 「東京メトロ」 に変わりましたが、metro はフランス語です。
    シンボルマークも、英語の 「S」 から、フランス語の 「M」 に変わりました。
 
◆ フライドポテト     chips    French fries
    ファストフードの店でよく食べるフライドポテトは、和製米語ですので、 海外でオーダーする時は注意してください。
    アメリカでは fries と省略してもOK。
  
    アメリカがイラクに戦争を仕掛けた時、反対したフランスに抵抗して、French fries  ではなく Freedom fries と呼ぶ店もあります。
  
◆ ポテトチップス     crisps    potato chips
    良かった・・・アメリカではそのまま使えます。イギリスでは上に書いたように、chips ですとフライドポテトのこと。
    パリッとクリスピーなので crisps と呼ぶのでしょうね。

◆ エレベーター     lift    elevator
    lift も elevate も 「持ち上げる」 という意味です。
  
◆ 1階     ground floor    first floor
    地面に接している階なので、イギリスではこう呼びます。
  
◆ 2階     first floor    second floor
    おいおい・・・何でやねん、イギリス人・・・ ( ̄口 ̄;;
   この後、3階は second floor、4階は third floor と続くのです。 アメリカ人との待ち合わせで、なかなか会えない人、続出?
  
英語英会話の勉強を志す皆さんへ へ戻る

まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ