幼児英会話|自宅学習と英会話スクールの選び方と勉強法


  


出典「e-note」さま

現在、幼稚園や保育園でも英会話学習が積極的に取り入れられており、小学校では英語学習の必修化が進んでいます。

そしてグローバル化対応のために英会話学習に対する考え方が変わってきました。

「将来英語が話せるようになったらいいな」

「将来困らないように」

「念のため早めにさせておこう」


という認識から「英会話はできて当然」という認識のあり方へと変わってきました。





そのため、早期から「わが子には早くから英会話学習に取り組ませておきたい」と願う保護者が急速に増えてきました。

しかし、自宅でできることは何か?語学スクール通うことでできることは何か?

なぜ幼児から英会話に触れさせておく必要があるのか?

どんな英会話勉強に取り組むべきか?

などなど様々な不安や焦りが相まって、

「結局中途半端にしか英語学習ができなかった。」

という保護者が多くいるのも事実です。

そこで今回は、その不安払拭のために、自宅でできること、英会話スクールでできることなどなど、様々な視点から考えていきたいと思います。

どうして幼児から英会話を取り入れるべきなのか

さて、ここで問題なのが、なぜ幼児から英会話勉強をしておく必要があるのかという点です。

0歳からの新生児や胎教からもさっそくスタートさせる保護者もいますが、なかなか現実的に積極的に取り入れるのは難しいですよね。

ですが、2.3歳ごろからの日本語がほぼ完全になった段階から英会話を始めることはとても大きなメリットになります。

実は幼少期には、大人にはない、「コピーする能力」が備わっているんです。大人は理屈で考えるので「日本語」で考えてから「英語」に変換するという作業をします。
ですが、幼児の場合は、聞こえてきた「英語」を「英語」のまま理解して変換し、且つ、聞こえてきた「音」をそのまま同じ「音」として発音するのです。
ネイティブスピーカーの発音やイントネーションをそのままコピーして発話するので、大人になっても能力がなくなることがないのです。

また、この「コピーする能力」は6歳から下降傾向にあります。

日本語のボキャブラリーが増え日本語の言語視野が発達するにつれて、英語で考える領域が小さくなっていくためです。

理屈で少しずつ考えるようになるわけですね。

ですので、幼児から英会話に触れておくことで、日本人には聞き取れない「音」を正確に聞き取れて理解し、コピーすることが出来るのです。

幼児から始めるべきメリット

幼児から英会話を取り入れるべき大きな理由はわかりましたが、そのほかにもメリットはたくさんあります。

好奇心旺盛のため、なんども繰り返して遊ぼう、学ぼうとする

「勉強」や「教育」「学習」としての捉え方がないので日常生活の一部として、日本語のようにとらえている

英語脳が形成されやすい

バイリンガル脳:「日本語で考える脳」「英語で考える脳」という2つの領域ができる

ネイティブスピーカーと同等の発音力が身に付けられる

コミュニケーション能力が非常に長けている

大人になっても、堂々とネイティブスピーカーと対話できる

英語が好きになり、すんなりと受け入れられる

大人になって本格的に英語を勉強するときに、土台がきちんと作られているので、吸収しやすい

幼児英会話の様々なメリットがあることが分かりますよね。

幼少期から始めることで、英語が身近なものになり、好きで楽しいからこそ自発的に繰り返すようになります。

その積み重ねのおかげで、大人になっても大きな基盤があるので、海外を渡り歩けるような堂々とした国際人へと育つのです。

幼児から始めることのデメリット

また、幼児から始める事のそのデメリットも合わせて理解しておく必要があります。

デメリットをしっかりと制覇・克服して、子供が楽しく英会話を始めてもらえるような環境づくりをしておきましょう。

親の「英語を早く使いこなせるようになってほしい」という子供への強要

日本語がおろそかになりがちになる

日本語と英語がMIXになり、混乱する


などが挙げられます。

いずれにせよ、子供が興味を持ち、知的好奇心をキープし続けられるような幼児英語教育をしていくことが一番大切なんです。

グローバル化が急速に進む中、英語が書ける・読めるだけでは、将来対応はできません。

やはりコミュニケーション能力が今後とても大切になってきます。

スピーキング能力・リスニング能力を養い、また異文化理解などの教育も合わせて充実させていくことが要となります。

幼児から始める事で、英語に対する抵抗感もないので、スムーズに英語が身に付けられ、将来の可能性も広がっていきます。

デメリットも踏まえてうえで、幼児英会話勉強を早めに初めておくことが大切です。



 


英会話初心者の上達法・勉強法

あなたは、これまでに英会話勉強法について突き詰めて考えたことはありますか?

少し厳しいことを言うかもしれませんが、ひとまず単語アプリをダウンロードして、勉強しているつもりになっていませんか?

はっきりと言って、

計画的に勉強法を設計することなく、英語を勉強するべきではありません。

それは、ただただ、しんどいだけです。

登山のように、自分が今どこにいて、あと何メートル登れば頂上にたどり着くことができるのか、

これを明確にし、経路も決めておきましょう。

その方が楽に英語を勉強することができます。




いままでの英会話勉強法が持つ問題点

では、どのように英語を勉強すると良いのでしょうか。

はじめに大切なのは、これまでの勉強方法から切り替えることです。

従来の英会話勉強法は、はっきり言って非効率的で、しんどいです。

モチベーションを保つこと、効果的な勉強法にすることを両立することができない仕組みでした。

なぜモチベーションが上がらないのか。

それは、集団でみんなのペースで学ぶことを強要されていたからです。

自分がそのセクションが得意でも苦手でも、授業のペースは変わりません。

得意なところではモチベーションがあがっているので、グイグイ進めてしまうべきなのに進めない。

苦手なところはゆっくり休憩しながらじゃないとやる気が出ないのに、勝手に先に進んでしまう。

だからモチベーションを保つことができなくなるのです。

また、たとえモチベーションが保つことができていたとしても、そのモチベーションを活かす効果的な勉強法にはなっていません。



典型的な問題点は次のようなものです。

•カタカナで英語を発音してしまう

•単語ばかり覚えてしまう

•リスニングを軽視する

これでは、せっかくの高いモチベーションが台無しです。




英語力を上達させることは難しくない

英語は、すごく難しいもののように感じられるかもしれません。

でもそんなことはありません。

まず考えてみてください。

中学高校時代、英語のテストで赤点ばかりをとってきましたか?

そんなことなかったですよね。

(代わりに古典が真っ赤…とかはあるかもですが。)

何がいいたいのかというと、

あなたにも、日本の中学高校で求められている英語力は身についているということです。

そう、ある程度まではみんなできるようになっているんです。

では何で難しいと思うのか。

その答えも簡単です。

中学高校で求められている英語力と、ネイティブの英語力の間にはとてつもない差があるからです。




英会話の勉強のために、あなたはこれまで何時間を費やしましたか?

日本人が中学高校で英語の勉強に投じる時間は、1,500時間だと言われています。

一方、英語をネイティブレベルにするために必要な時間は、3,000時間と言われています。

本来必要な時間の半分も勉強していたら、ある程度は話せるようになるんじゃないか?

何で英語が身についていないんだろう?

このように思いませんでしたか?

なぜ、身についていないのでしょう。

それは、あなたの英会話勉強法が間違っているからなのです。



なぜ、英語が身に着かないのか?



英語が身につかない理由は2つあります。

•モチベーションを保つことができない

•勉強法が間違っている

モチベーション

これまで、モチベーションは保つことに意識的になったことはありますか?

「しんどいけど、がんばろう!」と、

受験、ダイエット、筋トレをしていたことがあるのではないでしょうか。

身の回りに、「楽しいからやっているから、モチベーションを保つ必要がない」
とおっしゃる方もいるかもしれませんが、これは環境やタイミングに恵まれていて、自然とモチベーションがキープされやすい状態になっているだけに過ぎません。

多くの場合、英語にチャレンジするのであればモチベーションを意識的に保つ必要があります。




「英会話初心者」から脱却

「日本の英語教育は英会話に不向きらしい」ということは、いまや誰でも知っています。

正確には「英会話に不向き」というよりも「受験勉強向き」にできていますので、そもそも勉強の目的が違います。

じゃあ同じように日本で育ったのに英語ペラペラの人はどうやって勉強したんだろう。


英会話を始めたての頃は、下記のような思考プロセスで会話を展開させる場合が多いです。

相手の英語を聞く→(日本語に翻訳)→(返答を日本語で考える)→(その内容を英訳する)→英語で相手に返答する

この方法だと、返答に時間がかかるだけでなく、日本語を英訳しようとするため、余計に難しくなってしまいます。

英会話初心者を脱却するために必要な思考プロセスはこのようになるのが理想的です。

相手の英語を聞く→【英語で言いたいことを考える】→ 英語で相手に返答する


シンプル英語で話す
英語初心者なのに、英語で全て考えて話すのは難しいと思っていませんか?

でも、完璧を目指さず、できる範囲で実践していけばいいんです。

あなたの目的が、「英語を使ってコミュニケーションをとりたい」なのであれば、先ずすべきことは難しい英単語を暗記することでも、文法を復習することでもなく、今持っている英語力を英会話に活かすことを、実践することです。


あなたの頭の中で、日本語に訳さずとも理解できている単語や文法があれば、まずはそれらのみを使って短い文章を作り、話してみることから始めてみましょう。

例えば、

「ギターを弾くことは楽しいです。」



「Playing the guitar is fun.」

と瞬時に訳せない場合は、

「I play the guitar. It’s fun.」

といった感じで2つの短い文に切り分けることもできます。

極論を言ってしまえば、

「Guitar, fun!」

でも何とか通じてしまいます。

シンプル英語で話すことは、英会話初心者脱却の第一歩です。

もしあなたが、英会話の上達に伸び悩んでいるのであれば、まず目指すべきは、英会話初心者からの脱却です。

理由は、一度初心者から抜け出したら、その後は自分でも驚くくらい上達が早くなるからです。

英会話を上達させたいみなさんへ 

まずは「英会話初心者」から脱却しましょう。

-------------------------------
英会話初心者に最も効果的な勉強法【シャドーイング】

シャドーイングは、テキストなどの英文を見ずに、音声が流れてから聞こえてきた英語をまねて発音することで、リスニング力やスピーキング力の向上が期待できる学習方法です。

まず英語の音を聞き取って、何の単語なのかを認識してください。

そして聞き取れたら、次に意味を理解する段階に移ります。

シャドーイングは正しい発音、アクセント、イントネーションを習得できるだけでなく、英語独特の音のリズムを知ることができるというメリットがあります。

また日本語とは異なる英語の語順に慣れることは、英語の文を組み立てる際の土台作りにもなります。





--------------------------------------------------------------------------------


英会話スクールの有効性

何かと問題も指摘される英会話スクール。

でも、決して悪いものではなく、活用の仕方によっては、とても有意義な学習ツールになる存在と捉えています。

私自身、b-わたしの英会話やNOVAに通ったことがあるのですが、役立ったという印象を持っています。

ただ、その一方で使い方を間違えると、殆ど効果はないとも思っています。

そこで私なりに感じている英会話スクールの活用法についてお伝えしていきます。

大雑把に分類すると、英会話スクールは2つのタイプに分かれます。

一つは、b-わたしの英会話やNOVAのようにフリートークを中心とする会話重視のスクール、もう一つは学校で勉強をするようなお勉強型のスクールです。

あなた自身の実力や目的によって通うべき英会話スクールのタイプが違ってきます。


初心者で英会話のことは殆ど何も分からないという人の場合、じっくり基礎を学べるお勉強型のスクール、ある程度の知識は身に付けていて、会話能力を鍛えたいという人はフリートーク中心のスクールがおススメです。

ただ、どちらのタイプのスクールに通うにしても、覚えておかなければいけないのは、スクールで学ぶだけでは英語は上達しないということです。

より正確に言えば、上達はするかもしれませんが、そのペースは恐ろしく遅いということです。

自宅で自分一人で勉強する独学の時間は絶対に必要です。

特にフリートーク中心のスクールは英会話実践という経験値を得られるため、会話能力は伸びますが、語彙力や文法といった基礎知識については学ぶ機会は極めて限定されているなので独学で学ぶことが必須となってきます。

英会話に通ったけど英語を話せるようにはならなかったという人は、この『独学』という観点が抜けています。

スクールに通うだけでどうにかなると思いがちですが、それは間違いです。

たとえば高校入試や大学入試でも、学校の勉強だけで済ませる人は殆どいないですよね。家で勉強するはずです。

英会話もこれと一緒と考えてください。

この観点さえ忘れなければ、どの英会話スクールに通っても結果を出せると思います。

ポイントは英会話スクールがどうということではなく、あくまでもそこに通う人の学習姿勢にあるということです。




HOME へ