30日間英語脳育成プログラム 学習方法

(STEP 1)英会話の背景、場面状況を確認

何も手がかりのない状態でナチュラルスピードの英語を聴くことは、難易度の高いものです。
最初に会話の背景を理解することで、会話の内容を推測し、聴き取りのヒントにします。

Step1英会話の背景、場面状況



(STEP 2)繰り返して音声を聴く

テキストを見ずにくり返し英語を聴きます。
ある程度聴き取れたら聴き取った音を書きとります。
簡単な英文ですが、ナチュラルスピードなので最初は聴き取れませんが、何度も聴くことで徐々に確実に聴き取れるようになります。

(STEP 2)繰り返して音声を聴く



(STEP 3)聴き取れなかった部分の確認

十分に英語を聴いた後、文字で内容を確認します。
耳からの情報と目からの情報のズレを修正(視聴覚一致)します。

(STEP 3)聴き取れなかった部分の確認



(STEP 4)聞こえた順に、意味を理解する

日本語で意味を理解します。
発声された瞬間に消えてなくなる「音」は、後ろから前に戻って訳すことなどできません。
聴こえた順に、語順のとおりに意味を理解していきます。

(STEP 4)聞こえた順に、意味を理解する



(STEP 5)テキストを見ながらのリスニング

音声と文字が同時に表示される唯一のステップで、ここでは音と文字を一致させることに集中します。
どのように発音されているかを、音声と文字を同時に見ることで理解します。

(STEP 5)テキストを見ながらのリスニング



(STEP 6)テキストを見ないでのリスニング

もう一度テキストを見ずに音声を聴きます。
英語が意味を伴った言葉として聴くことができるかを確認します。
最初に聴き取れなかったのがウソのように英語が聴き取れるはずです。

(STEP 6)テキストを見ないでのリスニング



(STEP 7)テキストを声に出して読む。

英語を話せるようになるには、声に出す練習が必要不可欠です。
今まで聴いてきたネイティブの音声を真似しながら、同じような発音を心がけて声に出す(音読)練習をします。

(STEP 7)テキストを声に出して読む



(STEP 8)シャドーイング〜聴こえた英語を声に出す。

テキストを見ずに音声を聴き、オウム返しで声に出します(シャドーイング)。
リズム・アクセント・イントネーション・発音に加え、スピードや間の取り方にも注意します。
英文そのものは簡単ですが、実際に口にすると、つっかえてしまい、なかなかスムーズに話すことが出来ません。
それが、繰り返すうちに、だんだん上手になるのが自覚できて、とても嬉しくなります。

(STEP 8)シャドーイング〜聴こえた英語を声に出す。



総じて、私がこの教材を楽しく完走できたのは、学習システムの良さの他に、やはり、英文が易しかったことも大きい要素でした。
知らない単語とかが多かったら、余計なストレスが生まれてしまい、最後まで続けられなかったかもしれません。

あなたも、ぜひ、無料体験版のご試聴を。。。。


30日間英語脳育成プログラム


 
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ