30日間英語脳育成プログラム 学習方法

(STEP 1)英会話の背景、場面状況を確認

何も手がかりのない状態でナチュラルスピードの英語を聴くことは、難易度の高いものです。
最初に会話の背景を理解することで、会話の内容を推測し、聴き取りのヒントにします。

Step1英会話の背景、場面状況



(STEP 2)繰り返して音声を聴く

テキストを見ずにくり返し英語を聴きます。
ある程度聴き取れたら聴き取った音を書きとります。
簡単な英文ですが、ナチュラルスピードなので最初は聴き取れませんが、何度も聴くことで徐々に確実に聴き取れるようになります。

(STEP 2)繰り返して音声を聴く



(STEP 3)聴き取れなかった部分の確認

十分に英語を聴いた後、文字で内容を確認します。
耳からの情報と目からの情報のズレを修正(視聴覚一致)します。

(STEP 3)聴き取れなかった部分の確認



(STEP 4)聞こえた順に、意味を理解する

日本語で意味を理解します。
発声された瞬間に消えてなくなる「音」は、後ろから前に戻って訳すことなどできません。
聴こえた順に、語順のとおりに意味を理解していきます。

(STEP 4)聞こえた順に、意味を理解する



(STEP 5)テキストを見ながらのリスニング

音声と文字が同時に表示される唯一のステップで、ここでは音と文字を一致させることに集中します。
どのように発音されているかを、音声と文字を同時に見ることで理解します。

(STEP 5)テキストを見ながらのリスニング



(STEP 6)テキストを見ないでのリスニング

もう一度テキストを見ずに音声を聴きます。
英語が意味を伴った言葉として聴くことができるかを確認します。
最初に聴き取れなかったのがウソのように英語が聴き取れるはずです。

(STEP 6)テキストを見ないでのリスニング



(STEP 7)テキストを声に出して読む。

英語を話せるようになるには、声に出す練習が必要不可欠です。
今まで聴いてきたネイティブの音声を真似しながら、同じような発音を心がけて声に出す(音読)練習をします。

(STEP 7)テキストを声に出して読む



(STEP 8)シャドーイング〜聴こえた英語を声に出す。

テキストを見ずに音声を聴き、オウム返しで声に出します(シャドーイング)。
リズム・アクセント・イントネーション・発音に加え、スピードや間の取り方にも注意します。
英文そのものは簡単ですが、実際に口にすると、つっかえてしまい、なかなかスムーズに話すことが出来ません。
それが、繰り返すうちに、だんだん上手になるのが自覚できて、とても嬉しくなります。

(STEP 8)シャドーイング〜聴こえた英語を声に出す。



総じて、私がこの教材を楽しく完走できたのは、学習システムの良さの他に、やはり、英文が易しかったことも大きい要素でした。
知らない単語とかが多かったら、余計なストレスが生まれてしまい、最後まで続けられなかったかもしれません。

あなたも、ぜひ、無料体験版のご試聴を。。。
 
30日間英語脳育成プログラム


 

「英語脳30」の体験評価

私は現在でも、この教材で勉強中です。
私の場合、この教材は卒業済みですが、最近、生の英語から遠ざかりぎみなので、自分の耳が、なまらないようにする、というリハビリの意味で使っているのですが、いいトレーニングになります。
特にスピーキングに関しては、忘れていた力を取り戻す、いいきっかけになっています。

「30日間えいご脳育成プログラム」は、「ネイティブの えいごの聴き取り」を目指して購入し、最後までやり遂げたえいご きょうざい。

「30日間英語脳育成プログラム」は、パソコン上で行う、えいご きょうざい です。
パソコンの画面内に出てくる説明に従って学習していきます。

まず最初に画面上の英文を観ずに耳だけで聴きます。

数回繰り返して、スクリプトで意味を確認するようにします。
収録されている英語は発音はナチュラルスピードなので結構大変です。

使用されている単語は簡単なもので、 純粋にリスニングのトレーニングだけに集中できます。
それだけに、最初は、、「こんな簡単な単語が聴き取れなかったのか・・・」と落ち込みます。(笑)

その後、英文を声に出す練習もします。


英語脳プログラムに出てくる単語は初級編の場合、本当に簡単なものばかり、中学生でも理解できるようなレベルです。
そんな文章でも聴いて話すということになると、途端に難しくなります。
そのため、えいご知識はともかく、聴いて話すという実践能力に関しては、まだまだダメだということを嫌でも実感させられます。それがまた学習意欲につながります。


また、元々の文章が簡単だと、聴き取りも話すことも比較的短期間で出来るようになるので、学習のストレスを感じることがありません。
1レッスンあたりの文章量は少なく、初心者でも1〜2分で読み終える程度のものです。
ですので、勉強時間も30分くらいで済んでしまいます。

この適度なボリュームも、最後まで続けられた大きな要素だと思います。

この、えいご きょうざいは、今でも、耳がなまらないように、時々使っていますが、いまだに飽きることはありません。
ですから初心者だけでなく、あらゆるレベルの人たちにとって役立つ教材といえそうです。




オススメの理由

「30日間英語脳育成プログラム」は、私が、「You Can Speak」の次に購入し、最後までやり遂げた英会話勉強教材です。
ネイティブの英語の聴き取り能力をもう少しブラッシュアップしたくて始めました。
なるほど、この教材は、英語英会話教材の年間売り上げで、常にベスト3に入っているそうですが、私なりに、その理由を考えてみました。

(1)短期間(たった30日!)で英語脳を育成できるように工夫された最新の英語学習プログラムであること。

(2)初級コースと中級コースが有りますが、 <2分でできる、英語レベルチェック>で自分に最適な方を選べること。。

(3)飽きさせない工夫がされています。
1つの英語ストーリーを、繰り返し聞き、話すという練習ですけど、収録されている英会話が面白いし、いろいろな方法で聞くので、繰り返すことに抵抗を感じません。。
(4)ヒアリングはもちろん、「話せる力」も、同時についてくるんです。


教材は、初級コース、中級こコース、、オフィス英会話などバラエティーに富んでいますが、一番高額な、英語克服完全セットでも、9、622円×6回払いです。(私は、これを選びました。)
始めてみると、ほんとうに、一日、最短15分の学習で、半月くらいで、ネイティブスピーカーが話すナチュラルスピードの英語が、日本語放送を聞くみたいに、何のストレスもなく、耳に入ってくる私でした。ほんとうに大感激です。。。



「英語脳30」の学習方法

(「30日間英語脳育成プログラムの体験談と評価」さまより)

教材の基本情報
英検4級から準2級ほどの、初心者の方向けの内容が中心です。
コンセプトは、30日間という短期間に集中して英語を学ぶこと。
語学教育の専門家が開発した自宅学習用の教材です。

インストールは不要で、使うときだけパソコンにディスクを入れます。

私の場合、1日1話ずつ、指示通りにリスニング&シャドウイングしていますが、勉強時間はそれほど多くない感じです。
30分もあれば、2〜3回は通してできるのではないでしょうか。

基本的に、英語を聴くことを中心にした学習になります。
何度も音声を聴き、シャドウイング(話す)をするという、英語会話学習の王道的な教材です。
画面もスッキリしていて、作りが非常に丁寧な印象を持ちました。

英語の流れるスピードですが、30日間英語脳育成プログラムの公式ホームページに記載があるとおり、ナチュラルスピードです。

サクサク英語が流れるので、最初は何を言っているのか分かりませんでした。

でも、プログラムの指示の通り、何度も英語を聞いていると、自然にキャッチできるようになります。

収録されている英文は比較的かんたんなものや、会話が中心です。
それほど難しくないので、「単語が分からない。」という悩みはありません。

基本的に、日常で使う表現が多いので、聴いていてストレスを感じることは少なかったです。
初心者でも十分に使いすい教材ではないでしょうか。

とは言え、「1回英語を聴いておしまい」ではなく、指示通り、何度も繰り返しリスニングします。
そして、シャドウイングができるまで繰り返すので、ある程度の集中力は必要かも。


なお、30日間英語脳育成プログラムはPCソフトが中心の教材ですが、CDも付いています。

パソコンでリスニングした音声が収録されているので、復習も便利です。



教材を使ってみて、私が実感した効果としては、耳が英語に慣れて、ナチュラルスピードでシャドウイングができるようになったことです。

プログラムの指定どおり、何度もナチュラルスピードの高速英会話を聴いていると、不思議ですが、耳が英語に慣れてきます。

最初は、頭の中で会話を追っかけるのがやっとですが、次第に、単語の1つ1つを、スムーズに聞き取れるようになりました。
この意味で、確かに効果はあったと思います。



30日間英語脳育成プログラムの内容(カリキュラム)
以下、レッスンの流れをご紹介します。1回の学習の構成内容ですが、勉強が合理的にできる点が特徴です。
1日、1つのテーマをリスニングし、聴き取り&内容を理解していきます(20回〜30回聴くことが推奨されています)。

プログラムの進め方もあるので、それを参考に学習します。



STEP1:大まかなストーリーを確認します。読書で言うプレビューに当たります。

STEP2:音声を聴きます(注意事項が出てくるので、極力それを守ります)

まずは、難しく考えず、会話を聞き取ります。最初は何を言っているのか分からないかもしれませんが、そこはスルーして、指示通り、何度もリスニングします。

STEP3:英語のテキストが出てくるので、聴き取れない部分を確認します

ある程度音声を聴いたら、次は英語のテキストを見ながらリスニングします。テキストを、音にあわせて目で追っていく感じです。

STEP4:英文+日本語訳が出てくるので、内容を確認します(聴順直脳訳)

次は、テキストに日本語訳が出てきます。このとき、返り読みせず、語順のまま理解していくことを意識します。
ムリに正しい日本語にしなくてもかまいません。ポイントは、語順のまま理解するクセをつけることです。そして、センテンスを大まかに理解しておきます。

STEP5:テキストを見ながらリスニングをします

再びリスニングです。今度は会話の内容がおおよそ理解できていると思うので、前より会話の聞き取りがラクになっているはずです。発音できない単語があれば、会話を繰り返し聴いて、アクセントを確認しておきます。

STEP6:再び何も見ずにリスニングをします

今度は耳に意識を中心させ、リスニングします。最初よりは、だいぶ音が聞き取れるようになっていると思います。ここで、単語の1つ1つ、きちんと聞き取れるくらい、リスニングを繰り返します。

STEP7:テキストを見ながら自分で音読します

シャドウイングの下準備です。今度は、自分で会話を音読していきます。イントネーション、アクセントなど、音声を真似て音読していきます。

STEP8:最後の仕上げにシャドウイングを行います



私が「いいな」と感じた点は、プログラムが繰り返しの学習を自然に行うことができるように設計されているところ。

例文を覚える前にでまとめていますが、使える英会話を身に付けるためには、勉強した内容を長期記憶にすることが大切。

つまり、リピート学習の重要性です。

30日間英語脳育成プログラムでは、各STEPごとに、同じ英文を、方法を変えて何度も聞くことができます。
これは、かなり効果的なリピート学習です。

ここまで同じ英文を何度も繰り返し聴く&話すを繰り返していれば、だんだんと耳と口が慣れてきます。
30日間英語脳育成プログラムを使う場合は、1日1回1時間以上、集中して取り組むことで、より質の高い学習効果が期待できると思いました。

注目したいのは、STEP4にある聴順直脳訳。これは、英文の下に日本語訳が表示されているパートです。例えば、こんな具合です。



But the thing is he is an indecisive person・・・

けれども実は 彼って 優柔不断なやつなの・・・


英語の語順で日本語が表示されています(なので基本的には辞書は要りません)。これは、英語を聴いた順番に理解する方法です。

この方法は、英会話はもちろん、リーディングでも役に立つ方法です。
最初は違和感があるかもしれませんが、この方法で英語を理解していくうちに、英語を和訳さずとも理解できるようになります。

英語ができる人は、多かれ少なかれこの方法を経験していると思います。

初心者の方は、早いうちからこの聴順直脳訳に慣れておくことをおすすめします。



もし、ご興味をもたれましたら、一度、「30日間英語脳育成プログラム」の販売元ホームページへのご訪問をおすすめします。
情報も豊富ですし無料体験 試聴もできます。。。
こちらから →30日間英語脳育成プログラム

 

 MAYUMIの英語独学〜 HOME へ