まゆみの えいご教材〜英語質問箱 part12


石原真弓先生

「石原真弓先生の英会話質問箱」より。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(Q45)「〜まで」と言うときの、until、till、inの違いを教えてください

「〜まで」と言うときに、until、till、inの使い分け方が分かりません。後に時間が来るときはinのような気がするのですが。
(神奈川県 Fishさん)



基本的にuntilとtillに違いはありません。
inには「〜まで」という意味はありません

まず、untilとtillから見ていきましょう。これらはいずれも「〜まで」という意味で、動作や状態がそのときまで続くことを表します。
I work until <till> eight every night.(毎晩8時まで働いている)を例にとると、「8時まで」働いている状態が続いていることを表していますね。
基本的に、untilとtillは同じように使えますが、節(主語+動詞を含む固まり)が続く場合は、untilが好んで使われます。
I stayed awake until my husband came back. (夫が帰宅するまで起きていた)という具合です。
untilに節が続くとき、未来のことでも動詞は現在時制になる点に注意してください。
I'll stay awake tonight until my husband comes back.(今夜は夫が帰宅するまで起きていよっと)

until / till と混同しやすい前置詞にbyがあります。untilやtillは状態や動作があるとき「まで続く」こと、byは状態や動作があるとき「までに終わる」ことを表します。byは次のように使います。I have to get back by five.(5時までに戻らないといけない)

さて、inについてですが、inには「〜まで」という意味はありません。
後ろに数字が続く場合は主に、@「(今から)〜後に」、A「〜の所要時間で」という意味で使います。
@は、I'll call you back in ten minutes.(10分後に折り返し電話します)、Will you wake me up in an hour?(1時間後に起こしてくれる?)のように使います。Aは、She mastered French in three years. (彼女は3年でフランス語が自由自在に操れるようになった)、He can run 100 meters in 12 seconds.(彼は100メートルを12秒で走れる)



-------------------------------------------

(Q46)thinkとsupposeの使い分け方を教えてください

thinkとsupposeはどのように使い分けたらいいでしょうか? suppose toの使い方がよく分かりません。
(北海道 normさん)



thinkは客観的判断による意見、supposeは推測的な意見を述べるときに使います

thinkとsupposeはいずれも「思う」という意味です。
thinkは自分の考えを述べるときの最も一般的な語で、よく客観的判断による意見に用います。
supposeは根拠や確信はないけれど、たぶんそうだろうと推測する場合に使います。
例えば、「彼の言っていることは正しいと思う」と言うとき、冷静な判断によるものならI think he's right.と言いますが、根拠はないけれどそうじゃないかな〜と思う、というニュアンスならI suppose he's right.とします。

また、suppose toについても触れておきますね。
supposeはbe supposed to 〜(〜は動詞の原形)の形で用いることもあります。
「〜する予定になっている」という意味で、be going toと似たニュアンスで使います。
His lecture was supposed to start at seven, but it actually started at seven twenty.
(彼の講義は7時に始まる予定だったけれど、実際は7時20分スタートだった)という感じです。
また、「〜するものと(世間一般に)考えられている」や「本来〜するものだ」という意味で次のように使うこともできます。
Teachers are supposed to be patient with the students.(教師というものは生徒に対して辛抱強くあるべきだ)、
Babies are supposed to cry.(赤ちゃんは本来泣くものだ)

-----------------------------------

(Q47)「少しだけしか〜していない」はどう言いますか?

「私はこれしか食べていない」や「少しだけしか触っていない」など、食べた事実はあるけれど、「少しだけ」のときに否定ではないのに訳すと否定の文で作られてしまいます。こういう文はどのように作ればいいのでしょうか?
(東京都 Akabaneさん)



肯定文にonlyをはめ込んで文を作ります

まず、言語間のギャップを理解しましょう。
日本語では「〜しか…していない」と否定語を使って表すのに対し、英語では「〜だけ…した」と肯定的に表します。
この「〜だけ…した」は、肯定文にonlyをはめ込んで文を作ります。

例えば、「私はこれしか食べていない」は「私はこれだけ食べた」と考えて、I ate only this.と表します。
「少しだけしか触っていない」は「少しだけ触った」と置き換えて、I touched only a little.のように表現すればOKです。

onlyを置く位置にも注意しましょう。only(〜だけ)は基本的に、それが修飾する語の直前に置きます。
例えば、I saw him.という文があるとします。
Only I saw him. だと「私だけが彼を見掛けた→私しか彼を見掛けていない(他の人は彼を見掛けなかった)」となります。
I only saw him.の場合は、「私は彼を見掛けただけだ→話し掛けたりはしていない」となります。
I saw only him.なら、「私は彼だけを見掛けた→私は彼しか見掛けていない(他の人を見掛けなかった)」となります。
onlyの使い方はお分かりいただけましたか?


--------------------------------------

もどる

まゆみの英語 勉強法 &おすすめ!英語/英会話 教材 HOME へ