まゆみの英語会話勉強教材 Q151~Q155


  

「まゆみ先生の英会話質問箱」より。



(Q151)
「私は英語を10年勉強している」は、I have been studying English for 10 years. / I have studied English for 10 years. でもどちらでもいいですか?
(東京都 noriさん)



Answer
継続を表す場合、現在完了形か現在完了進行形かは、動詞によって決めましょう。
現在完了形に関するご質問ですね。
文法的な視点から言うと、I have been studying English for 10 years. とI have studied English for 10 years. はいずれも「私は英語を10年勉強しています」という意味を表します(I haveをI’veと短縮するのが一般的)。
ニュアンスとしては、現在完了進行形のI've been studying English for 10 years.の方が、「今でも英語を勉強していて、今年で10年になる」ことを明確に表すことができます。
現在完了形のI've studied English for 10 yearsで.は、今でも継続しているのか、「10年の勉強をし終えた」という完了なのかがはっきりしません。studyのような動作を表す動詞を使って、「~の間……し続けています」という継続を表す時は、現在完了形より現在完了進行形(I have been -ing.)が好ましいのが現状です。
I've been using this computer since 2003.(2003年からずっとこのパソコンを使っています)もその一例です。

一方、know(~を知っている)やhave(~を持っている)などの状態を表す動詞は-ing形では用いません。
I've known him for 20 years.(彼とは20年来の仲です)のように現在完了形を使いましょう。
ちなみに、live(住んでいる)やwork(勤務している)は、現在完了形、現在完了進行形のいずれでもニュアンスは変わりません。




(Q152)
知り合いに道でばったり会った時に言う言葉が浮かびません。
「これから仕事ですか?」とか、「今帰りですか?」などの表現を教えてください。
(千葉県 こなつさん)



Answer
Are you on the way to ~? (~へ向かっているところですか?)を使ってみましょう

とっさの状況で英語がサラッと口をついて出てきたらすてきですね。
ご質問の「これから仕事ですか?」と「今帰りですか?」はいずれも、Are you on the [your] way to ~? (~へ向かっているところですか?)を使って表せます。「これから仕事ですか?」は、Are you on the way to work? と言います。
「今帰りですか?」は「家に向かっているところですか?」と考えて、Are you on the way home? とします。
このhomeは「自分の家へ」という意味なので、前にtoやyourは不要です。
ただし、ほかの人の家に行くときは、Are you on the way to ~'s place? と表現します。
知り合いに会った際はまず、Hi.(こんにちは)やHow are you?(お元気ですか?)などと挨拶してから上記のように尋ねるといいですね。

ほかに、Long time no see!(久し振りですね)/ How have you been?(元気にしていましたか?) / How's everything going?([仕事や学校などは]順調ですか?)/ Oh, I didn't expect to see you here.(まあ、こんな所で会うとは思いもよりませんでした) などもよく使われるので一緒に覚えておきましょう。




(Q153)
遠く離れた恋人のことを思って、「今ごろサムは何してるかな?」とつぶやきたいとき、何と言えばいいでしょうか?
 What are you doing? だと目の前にいる人と会話している感じですよね? 
また、同じ状況で、「サムはこのことをどう考えるかしら?」という表現についても教えてください。
(東京都 MPちゃんさん)



Answer
「I wonder+疑問詞+文.」、「I wonder if +文.」で表現できます

そうですね、What are you doing? だと、目の前にいる人に向かって、あるいは、メールやツイッターなどで相手に、「何をしているの?」と直接尋ねている響きですね。独り言のように、「今ごろサムは何をしているのかな?」や「サムはこのことをどう考えるかしら?」と表現する場合は、I wonder ~.(~なのかなぁ? ~かしら?)を用います。
~には、「疑問詞+文」がきます。「今ごろサムは何をしているかな?」には、疑問詞what(何)を使います。
よって、I wonder what Sam is doing now. とします。
「サムはこのことをどう考えるかしら?」も、疑問詞what(どのように)を使います。
「~のことを考える」はthink about ~(think of ~ も可)を使って、I wonder what Sam would think about this. としましょう。
このwouldは、「~だろう」という推量を表しています。

ちなみに、whatやwhereなどの疑問詞がない文の場合は、「I wonder if+文.」としましょう。I wonder if she likes movies.(彼女は映画が好きかなぁ?)、I wonder if he got to N.Y. safely.(彼は無事ニューヨークに着いたかな?)という具合です。少し難しいですが、お分かりいただけましたか。




(Q154)
英語の長文を作る際に、場所と時間をどういう順に置けばいいのか分かりません。
例えば、極端な例ですが、「私はいつも10月3日の夜7時50分に彼女(友達)に会います」などの文面を見ると、どういう順に場所と時間を置けばいいのか混乱してしまいます。
(大阪府 maidoさん)



Answer
基本的には、「場所」→「時」、時間幅の小さい順に並べます

英語の文は「主語+動詞」で始め、その後は、重要度が高い順に単語を並べていくのが基本です。
どれが先であるべきといったルールはないので、「場所」や「時」に関する言葉は、より重要だと思う語句から追加していけばOKです。
順位が決められない場合は、「場所+時」の語順にするのがよいでしょう。
頻度を表す言葉(「いつも」や「ときどき」など)は、通例、一般動詞の前、be動詞の後に置きます。
よって、「私はいつも10月3日の夜7時50分に彼女(友達)に会います」は、I always meet her at 7:50 p.m. on October 3. となります。
この文のように、「時」を表す語句が複数ある場合、時間的幅の小さい順に表すのが一般的ですが、「7時50分」という時刻より、「10月3日」という日にちの方が重要だと思えば、I always meet her on October 3 at 7:50 p.m. としましょう。
仮に、「私はいつも10月3日の夜7時50分に難波で彼女(友達)に会います」と表すなら、I always meet her in Namba on October 3 at 7:50 p.m.とすればいいですね。

「場所」や「時」を強調したいときは、これらの語句が文頭にくることもあります。
例えば、「私はたいてい外食しますが、今日は家で食べました」は、I usually eat out, but today I ate at home. のようにtodayを前に持ってくることで「(でも)今日は」を強調することができます。




(Q155)
「会社に傘を忘れた」と言うとき、なぜ、I was forgot (~を忘れた)ではなく、I was left umbrella at office. のように、leaveの過去形leftを使うのでしょうか?
(神奈川県 keiさん)



Answer
忘れた場所に言及する場合は、leaveを使います

確かに、「~を忘れた」はforgot(原形はforget)で表すことが多いのですが、forgotは何を忘れたのか、その「忘れたもの」について述べるときに使うのに対し、何をどこに置き忘れたのか、「忘れたもの+場所」を示すときは、left(原形はleave)を用います。

例えば、「カギを忘れた」なら、I forgot my key. でよいのですが、「家にカギを忘れた」の場合は、I left my key at home. とします。
後者は、「家に」と場所についても触れているため、forgotではなくleftを使うのです。

ご質問の「会社に傘を忘れた」は、「会社に」という場所を表す語句があるので、I left my umbrella at the office. とします。
自分の傘について言っているので、myを忘れないようにしましょう
(ご質問文は、I was left(×)やI was forgot(×)となっていますが、受け身にする必要はありません。またofficeの前にtheを入れましょう)。

※非標準ですが、くだけた会話ではleftを使うべきところで、forgotを用いることもあります。


トップページ へ