一人で英語を勉強するためのQ&A 161~165


  

「まゆみ先生の英会話質問箱」より。



(Q161)like to playとlike playingの違いは?
英語での、like to playとlike playing のような、不定詞と動詞の-ingの意味の違いが分かりません。
(大阪府 ninotakeさん)



This is answer.
直後に不定詞か-ing形のどちらを取るかは動詞によります。
不定詞か-ing形かで意味が変わるものもあります。

英語の動詞には、直後に不定詞(to+動詞の原形)が続くもの、-ing形が続くもの、不定詞・-ing形のどちらでもよく、意味がほぼ同じもの、不定詞か-ing形かで意味が変わるものがあります。
like(好き)は、不定詞と-ing形のどちらを用いてもよいタイプの動詞です。
つまり、like to play、like playingの意味はほとんど変わりません。
英語の動詞には、likeと同じタイプの動詞はほかに、love(大好きである)、start /begin(始める)、continue(続ける)などがあります。
stop、forget、remember、regretなどは、不定詞か-ing形かで意味が変わるので注意が必要です。
stop to ~は「~するために今していることを中断する」、stop -ingは「~するのをやめる」、forget to ~は「~し忘れる」、forget -ingは「~したことを忘れる、覚えていない」、remember to ~は「忘れずに~する」、remember -ingは「~したことを覚えている」、regret to ~は「残念ながら~する」、regret -ingは「~したことを後悔する」という意味です。
これらの動詞は、使い分けに注意してくださいね。

このほか、decide(決める)やhope(望む)、plan(計画する)、expect(期待する)のように不定詞だけが続くタイプ、enjoy(楽しむ)やfinish(終える)、practice(練習する)のように-ing形だけが続くタイプもあります。
英和辞典や英語の参考書などで確認してみましょう。


-------------------------------------------------------------
(Q162)英語会話での、「the way+S+V」(~の仕方)を解説してください!
先日、「~の仕方」を表す表現で、「the way+S(主語)+V(述語)」という形を知ったのですが(例えば、the way you thinkなど)、文法的な面でいまひとつ理解できていません。
関係代名詞が省略されているということでしょうか? 
ほかにも同じような意味で使う表現があれば教えてください。
(海外 macoさん)




This is answer.
関係代名詞thatが省略されています。
意味的には「how+S(主語)+V(述語) = the way (that)+S(主語)+V(述語)」です

the way you think(あなたの考え方)などに見られる「the way+S(主語)+V(述語)」のパターンは「~の仕方」という意味で、「the way (that)+S(主語)+V(述語)」の関係代名詞thatが省略された形です。
さらに言うと、これは「how+主語+動詞」という形をとる関係副詞がもとの形でした。
つまり、「how+S(主語)+V(述語) = the way (that)+S(主語)+V(述語)」ということですね。最近では、how ~よりthe way ~の方が主流になってきているので、the way ~を覚えておくとよいでしょう。

この英語パターンでは、the way he talks(彼の話し方)、the way she dresses(彼女のファッション)、the way you look at things(あなたの物事のとらえ方)などもよく使われます。

英語会話での、似たパターンとして、「the place (that) +S(主語)+V(述語) = where+S(主語)+V(述語)」もあります。
これは、「~の場所」という意味です。どちらかというと、後者の方がよく使われます。
where you live(あなたが住んでいるところ)、where he works(彼の勤務地)という具合です。こちらも一緒に覚えておいてくださいね。


-----------------------------------------------

(Q163)英会話では、特に話すことがないときのよい返事表現は?
ホストマザーが毎日、How was your day?と聞いてくるのですが、特に何もないときは何と答えるのがよいでしょうか? 
いつも、Good. と答えています。あと、How are you? にもGood. やFine. といった返答ばかりしてしまっています。よい表現を教えてください。
(海外 minさん)




This is answer.
Pretty good.、Not bad.、Same as usual.などを活用し、レパートリーを増やしましょう

How was your day? と聞かれて、特別なことが何もないときにGood.と答えるのはよいですね。
ただ、ホストファミリーのように、毎日顔を合わせる相手にいつも同じ表現ではちょっと……と思う気持ちも分かります。
そんなときは、Pretty good.、Not bad.、Same as usual.(いつもと変わりません)などの表現に変えたり、It was a fun [tiring / boring]) day.(楽しい[疲れる/退屈な]1日でした)といった表現を取り入れたり、人に言うほどのことでもないと思う事柄でも、英会話では、あえて話してみてはどうでしょう?

How are you? に対しては、Good.やFine.のほかに、Pretty good. やAll right., 、Not bad. 、Can't complain.なども使ってみるといいですね。
気分がよいときは、Great.やFantastic. 、Couldn't be better. などが便利です。
逆に、「まあ、なんとかね」というニュアンスなら、(I'm) hanging in there.や (I'm) getting by. と言ってみましょう。





------------------------------------------------------------
(Q164)「さっき」を英語で言う場合のニュアンスを教えてください
ほんの少し前から数時間前の「さっき」は、どう表現すればいいですか?
just nowやa while ago、beforeなど時間の感覚の順番やニュアンスを教えてください。
(群馬県 ゆーさん)




This is answer.
just nowが現在に一番近いです。
a few minutes ago(数分前)など時を具体的に表すのもよいでしょう

英語では、まず、「さっき」が表す時間的感覚は人や状況によって異なるため、各表現がどのぐらいの時間を指すのか具体的な数字で表したり、時間の感覚の順番を示したりするのは難しいですね。
日本語でも、5分前のことを「さっき」と表現する人がいれば、数時間前のことでも「さっき」と表現する人もいるように、英語でもさまざまです。

時間の近い順に解説しますと、just now、a while ago 、beforeの中では、just nowが現在に一番近いと言えるでしょう。
ニュアンスとしては、「ついさっき」や「たった今」という感じです。a while agoは「さっき」、「しばらく前」のいずれでも使われるので、whileを使って「さっき」を表すときは、a little while agoのようにlittleを補うとよいでしょう。
beforeは、単独で用いることはあまりなく、as I said before(さっきも言ったけど)のように節や文で表します。この場合、as I said earlierのように、earlierを用いることもできます。

「さっき」はとてもあいまいな言葉です。
どのくらい前なのかが重要であれば、「さっき」という表現そのものにこだわらず、英語では、a few minutes ago(数分前)やthis morning(今朝)などと時を具体的に表すことをおすすめします。


--------------------------------------------------------------

(Q165)If we divide four, it wouldn't be bad.という文は、仮定法でしょうか?
先日、ネイティブスピーカーの友だちとタクシーに乗る際、料金を気にしている子に向かって別の子が、If we divide four, it wouldn't be bad.と言っていました。
これは仮定法でしょうか? 
だとしたら dividedになると思います。それに、実際にタクシーに乗ろうかという場面で使っていたので仮定法なの? 
という感じもします。Even if we divide four, it won't be bad.ではおかしく感じるのでしょうか?
仮に、wouldが仮定法でなければ、何のwouldでしょうか?
(京都府 京都大好きっ子!!!!さん)




This is answer.
この英語は、仮定法ではなく、「~だろう」という推量のwouldを使った文です

タクシーの料金について、「4人で割れば悪くない(高くはならない)」と言っている文ですね。
まずは、ご提示いただいた英会話文を訂正しておきましょう。
正しくは、If we divide it by four, it wouldn't be bad. とします。

このwouldは、実際にタクシーに乗ろうかという状況での発言であることを考慮すると、仮定法ではないと考えるのが自然です。
これは、「~だろう」という推量のwouldと言えます。
つまり、「(いくらかかるかは分からないけれども)4人で割れば、(1人当たりは)高くならないだろう」と推測して考えを述べているのです。

英会話では、Even if we divide it by four, it won't be bad.はあまり自然とは言えません。
even ifは「たとえ~だとしても」という意味です。
つまり、「たとえ4人で割ったとしても、高くはならない」と日本語に置き換えても適切でないことが分かります。
この状況でeven ifを使う場合、Even if we divide it by four, the fare per person would be high.(たとえ4人で割ったとしても、1人分の料金は高くなるだろう)のような文であれば、文法的にはOKです。


トップページ へ