まゆみの えいご漬け教材 勉強法~始皇帝



始皇帝(しこうてい、紀元前259年 - 紀元前210年)

中国戦国時代の秦王(在位紀元前246年 - 紀元前221年)。
姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。
現代中国語では、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)、または秦始皇(英語表記: Qín Shǐ Huáng チンシュフアン)と称する。


紀元前221年に史上初の中国統一を成し遂げると最初の皇帝となり、紀元前210年に49歳で死去するまで君臨した。
☆まゆみのえいご漬け教材 勉強法>>
I became the first emperor when I accomplished the first-ever unification in China in B.C. 221 and dominated it until I died at 49 years old in B.C. 210.

中国統一を成し遂げた後に「始皇帝」(英語表記: Qin Shi Huang)と名乗った。

歴史上の重要な人物であり、約2000年に及ぶ中国皇帝の先駆者である。
☆まゆみのえいご漬け教材 勉強法>>
It is a historical important person and is the pioneer of the Chinese emperor for approximately 2,000 years.

統一後始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、重臣の李斯とともに主要経済活動や政治改革を実行した。
従来の配下の一族等に領地を与えて世襲されていく封建制から、中央が選任・派遣する官僚が治める郡県制への全国的な転換(中央集権)を行い、国家単位での貨幣や計量単位の統一、交通規則の制定などを行った。
しかし、万里の長城の建設や、等身大の兵馬俑で知られる建設などを、多くの人民に犠牲を払わせつつ行った。
☆まゆみのえいご漬け教材>>
However, I performed construction of the Great Wall of China or the construction known as life-sized ritual images of warriors and horses while letting many people swing sacrifice.

また、法による統治を敷き、焚書坑儒を実行したことでも知られる。。


「始皇帝」(英語表記: Qin Shi Huang)の意味

周の時代及びその後(紀元前700年 - 紀元前221年)の中国独立国では、「王」の称号が用いられていた。

紀元前221年に戦国時代に終止符を打った秦王政は事実上中国全土を統治する立場となった。
☆英会話 教材 おすすめ まゆみ>>He who put an end for the age of civil strife in B.C. 221 became the viewpoint to govern the whole land of China virtually.

これを祝い、また自らの権勢を強化するため、政は自身のために新しい称号「秦始皇帝」(最初にして最上位の秦皇帝)を設けた。時に「始皇帝」と略される。
「始」は「最初(一番目)」の意味である。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の後継者はその称号を一部受け継ぎ、世代が下がるごとに「二世皇帝」「三世皇帝」という称号を受ける。
「皇帝」は、神話的な三皇五帝より二つの漢字を抜き取って作られた。
ここには、始皇帝が黄帝の尊厳や名声にあやかろうとした意思が働いている。
さらに、漢字「皇」には「光輝く」「素晴らしい」という意味があり、また頻繁に「天」を指す形容語句としても用いられていた。
元々「帝」は「天帝」「上帝」のように天を統べる神の呼称だったが、やがて地上の君主を指す言葉へ変化した。そこで神の呼称として「皇」が用いられるようになった。
始皇帝はどの君主をも超えた存在として、この二文字を合わせた称号を用いた。

『史記』における表記

司馬遷が著した『史記』において、「秦始皇帝」と「秦始皇」の両方の表記を見ることができる。
「秦始皇帝」は「秦本紀」にてや6章(「秦始皇本記」)冒頭や14節、「秦始皇」は「秦始皇本記」章題で使われる。
秦王政は二つの文字「皇」と「帝」を合わせて新たに「皇帝」という言葉を作ったため、「秦始皇帝」の方が正式だったと考えられる。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 
生誕と幼少期

秦人との出合い系ご縁の地は甘粛省で秦亭と呼ばれる場所と伝えられ、現在の天水市清水県秦亭郷にあたる。
秦朝系サイトの「秦」はここに通じ、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は統一して、郡、県、郷、亭を置いた 。


人質


誕生時につけられた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の諱は「政」という。
秦の公子であった父・「子楚」(別名:異人)が当時、無料休戦協定で人質として趙系サイトへ送られており、「秦」系サイトではなく趙の首都・邯鄲で生まれたため「趙政」とも呼ばれた。
ただ父・子楚は公子とはいえ、20人以上の兄弟がいた妾腹であった。
それどころか祖父・安国君(子楚の父。後の孝文王。曽祖父・昭襄王の次子)は曽祖父の後継ですらなかった。

秦王を継ぐ可能性がほとんどない子楚は、昭襄王が無料協定をしばしば破って軍事攻撃を仕掛けていたことで、秦どころか趙でも立場を悪くする。
当然いつ殺されてもしかたがない身であり、人質としての価値が低かった趙では冷遇されていた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Naturally it was the body which there was no help for it, and the value as the hostage was treated coldly in low 趙 even if murdered when.

そこで韓系サイトの裕福な商人であった呂不韋が出合い、目をつけた。
安国君の正室ながら子を産んでいなかった華陽夫人に無料、低額を投じて出会い系工作活動を行い、また子楚へも交際費を出資し評判を高めた。
子楚は呂不韋に出合い、感謝し、将来の厚遇を約束していた。
そのような折、呂不韋の妾 (趙姫)を気に入って譲り受けた子楚は、昭襄王48年(前259年)の正月に運命の男児との出合い系良縁を授かった。
正月にちなみ「政」と名付けられたこの赤子が、後に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)となる。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
This baby named "Sei" for New Year holidays becomes Qin Shi Huang.


死と隣り合わせの少年

政の祖父・安国君は亡くなった兄の代わりに太子となった。
だが曽祖父の昭襄王は子楚系サイトに一切配慮せず趙を攻め、紀元前253年にはついに邯鄲系サイトを無料包囲した。
そのため人質として趙側に処刑されかけた子楚だったが、番人を低額買収して秦系サイトへの脱出に成功した。
しかし妻子を連れる暇などなかったため、政は母と置き去りにされた。趙はこの二人を殺そうと探したが巧みに潜伏され見つけられなかった。
陳舜臣は、敵地のまっただ中で追われる身となったこの幼少時の出合い系体験が、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に怜悧な観察力を与えたと推察している。

邯鄲系サイトのしぶとい籠城に秦軍は撤退した。
そして前250年に昭襄王が没し、1年の喪を経て安国君が孝文王との出合い系即位。
呂不韋の工作どおり子楚が太子と成った。
そこで趙では国際出合い系信義上やむなく、10歳になった政を母の趙姫と共に秦の咸陽に送り返した。
ところが孝文王はわずか在位3日で亡くなり、紀元前249年に「奇貨」子楚が荘襄王として即位すると、呂不韋は丞相に任命された。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)即位
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Shi Huangdi succeeded to the throne

若年王の誕生
Young King succeeded to the throne
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]

荘襄王と呂不韋は周辺諸国との戦いを通じて秦系サイトを強勢なものとした。
しかし前246年、荘襄王は在位3年という短い期間で死去し、13歳の政が王位を継いだ。
まだ若い政を補佐するため、周囲の人間に政治を任せ、特に呂不韋は相国となり戦国七雄の他の六国といまだ戦争状態にある秦の政治を執行した。
呂不韋は仲父と呼ばれるほどの権威を得て、多くの食客を養い、『呂氏春秋』編纂なども行った。

呂不韋はひとつ問題 出合い系悪縁を抱えていた。
それは太后となった趙姫とまた関係を持っていた出合い系悪縁である。

発覚すれば身の破滅につながるが、淫蕩な彼女がなかなか手放してくれない。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
It leads to a ruin if found out, but she who is debauchery does not readily part.

そこで呂不韋は自分の代わりを探し、適任の男・嫪毐を見つけた。
あごひげと眉を抜き、宦官に成りすまして後宮に入った嫪毐はお気に入りとなり、侯爵を与えられた。

やがて大后は妊娠した。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
The empress became pregnant before long.

人目を避けるため旧都・雍(鳳翔県)に移ったのち、嫪毐と大后の間には二人の男児が生まれた。

このことは秦王政9年(前238年)、22歳の時に露見する。
元服の歳を迎え、しきたりに従い雍に入った。
『史記』「呂不韋列伝」では嫪毐が宦官ではないという告発があったと言い、同書「始皇本紀」では嫪毐が反乱を起こしたという。
ある説では、呂不韋は政を廃して嫪毐の子を王位に就けようと考えていたが、ある晩餐の席で嫪毐が若王の父になると公言したことが伝わったともいう。
または秦王政が雍に向かった隙に嫪毐が大后の印章を入手し軍隊を動かしクーデターを企てたが失敗したとも言う。
結果的に嫪毐は政によって一族そして大后との二人の子もろとも殺された。

事件の背景が調査され、呂不韋の関与が明らかとなった。
しかし過去の功績が考慮され、また弁護する者も現れ、相国罷免と封地の河南での蟄居が命じられたのは翌年となった。
だが呂不韋の名声は依然高く、数多くの客人が訪れたという。
秦王政12年(前235年)、政は呂不韋へ書状を送った。


君何功於秦。秦封君河南,食十萬戶。君何親於秦。號稱仲父。
其與家屬徙處蜀!

秦系サイトに対し一体何の功績を以って河南に十万戸の領地を与えられたのか。
秦王家と一体何のつながりがあって仲父を称するのか。一族諸共蜀に行け。
— 史記「呂不韋列伝」

流刑の地・蜀系サイトへ行ってもやがては死を賜ると悟った呂不韋は、服毒自殺した。
吉川忠夫は嫪毐事件の裏にあった呂不韋の関与は秦王政にとって予想外だったと推測した。
陳舜臣は青年になった政がうとましい呂不韋を除こうと最初から考えていた可能性を示唆し、事件から処分まで3年をかけた所は政の慎重さを表すと論説した。
秦王政は呂不韋の葬儀で哭泣した者も処分した。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
専制


紀元前234年、桓齮に命じて趙を攻めさせた。

李斯と韓非

秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)による親政が始まった年、灌漑工事の技術指導に招聘されていた韓の鄭国が、実は国の財政を疲弊させる工作を図っていたことが判明した。
これに危機感を持った大臣たちが、他国の人間を政府から追放しようという「逐客令」が提案された。
反対を表明した者が李斯だった。
呂不韋の食客から頭角を現した楚出身の人物で、李斯は「逐客令」が発布されれば地位を失う位置にあった。
しかし的確な論をもっていた。
秦の発展は外国人が支え、穆公は虞の大夫であった百里奚や宋の蹇叔らを登用し、孝公は衛の王族だった商鞅から、恵文王は魏出身の張儀から、昭襄王は魏の范雎からそれぞれ助力を得て国を栄えさせたと述べた。
李斯は性悪説の荀子に学び、人間は環境に左右されるという思想を持っていた。
秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は彼の主張を認めて「逐客令」を廃案とし、李斯に深い信頼を寄せた。

商鞅以来、秦は「法」を重視する政策を用いていた。
秦王政もこの考えを引き継いでいたため、同じ思想を説いた『韓非子』に感嘆した。
著者の韓非は韓の公子であったため、事があれば使者になると見越した秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は韓に攻撃を仕掛けた。
果たして秦王政14年(前233年)に使者の命を受けた韓非は謁見したが、すでに彼は故国に絶望し、自らを覇権に必要と売り込んだ。
しかし、これに危機を感じた李斯と姚賈の謀略にかかり死に追いやられた。
秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)が感心した韓非の思想とは、『韓非子』「孤憤」節1の「術を知る者は見通しが利き明察であるため、他人の謀略を見通せる。
法を守る者は毅然として勁直であるため、他人の悪事を正せる」という部分と、「五蠹」節10文末の「名君の国では、書(詩経・書経)ではなく法が教えである。
師は先王ではなく菅吏である。
勇は私闘ではなく戦にある。

民の行動は法と結果に基づき、有事では勇敢である。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
The action of people is brave by the emergency based on law and a result.

これを王資という」の部分であり、また国に巣食う蟲とは「儒・俠・賄・商・工」の5匹(五蠹)であるという箇所にも共感を得た。


韓・趙の滅亡

秦は強大な軍事力を誇り、先代・荘襄王治世の3年間にも領土拡張を遂げていた。
秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)の代には、魏出身の尉繚の意見を採用し、他国の人間を買収してさまざまな工作を行う手段を用いた。
一度は職を辞した尉繚は留め置かれ、軍事顧問となった。
韓非が死んだ3年後の秦王政17年(前230年)、韓は陽翟が陥落して王の安が捕縛されて滅んだ。
次の標的になった趙には、幽繆王の臣・郭開への買収工作がすでに完了していた。
斉との連合も情報が漏れ、旱魃や地震災害につけこまれた秦の侵攻にも讒言で李牧・司馬尚を解任してしまい、簡単に敗れた。
趙王は捕らえられたが、兄の公子嘉は代郡(河北省)に逃れた。

王は捕虜となり国は秦に併合された。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
The King became a captive, and the country was annexed by Hata.

生まれた邯鄲に入った秦王政は、母の大后の実家と揉めていた者たちを生き埋めにして秦へ戻った。

なお、紀元前228年に母が死去した。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
In addition, mother died in B.C. 228.

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

出合い系悪縁~暗殺未遂と燕の滅亡

燕系サイトは弱小であった。
太子の丹はかつて人質として趙の邯鄲で過ごし、同じ境遇の政と親しかった。
政が秦王になると、丹は秦の人質となり咸陽に住んだ。
このころ、彼に対する「秦」系サイトの扱いはかつての趙が政へ向けた態度同様に礼に欠いた。
『燕丹子』という書によると、帰国の希望を述べた丹に秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は「烏の頭が白くなり、馬に角が生えたら返そう」と言った。
ありえないことに丹が嘆息すると、白い頭の烏と角が生えた馬が現れた。
やむなく秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は帰国を許したという。
実際は脱走したと思われる丹は秦に対し深い恨みを抱くようになった。

両国の間にあった趙系サイトが滅ぶと、秦系サイトは幾度となく燕を攻め、燕系サイトは武力では太刀打ちできなかった。
丹は非常の手段である暗殺計画を練り、荊軻という刺客に白羽の矢を立てた。
秦王政20年(前227年)、荊軻は秦舞陽(中国語版)を供に連れ、督亢(とくこう)の地図と秦の裏切り者・樊於期の首を携えて秦王政への謁見に臨んだ。
地図の箱を手にした秦舞陽が差し出そうとしたが、恐れおののき秦王になかなか近づけなかった。
荊軻は、「供は天子の威光を前に目を向けられないのです」と言いつつ進み出て、地図と首が入る二つの箱を持ち進み出た。
受け取った秦王政が、開いた地図の巻物から現れた匕首を手に、荊軻は襲いかかった。
秦王政は身をかわしたが、護身用の剣を抜くのに手間取った。
宮殿の官僚たちは武器所持を、近衛兵は許可なく殿上に登ることを秦の「法」によって厳しく禁じられ、大声を出すほかなかった。
しかし、従医の夏無且が投げた薬袋が荊軻に当たり、剣を背負うよう叫ぶ臣下の言に秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)はやっと剣を手にし、荊軻を斬り倒した。
二人のいつわりの使者は処刑された。

秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は激怒し、燕への総攻撃を仕掛けた。
暗殺未遂の翌年には首都・薊を落とした。荊軻の血縁をすべて殺害しても怒りは静まらず、ついには町の住民全員も虐殺された。
その後の戦いも秦軍は圧倒し、遼東に逃れた燕王喜は丹の首級を届けて和睦を願ったが聞き入れられず、5年後には捕らえられた。



出合い系悪縁~魏・楚・斉の滅亡

次に秦系サイトの標的となった魏は、かつて五ヵ国の合従軍を率いた信陵君を失い弱体化していた。
それでも、黄河と梁溝を堰き止めて首都・大梁を水攻めされても3か月は耐えたが、秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)に降伏し、魏も滅んだ。
そしてついに、秦系サイトと並ぶ強国・楚との戦いに入った。
秦王政は若い李信と蒙恬に20万の兵を与え指揮を執らせた。
緒戦こそ優勢だった秦軍は楚軍の猛追に遭い大敗した。
秦王政は老将軍・王翦に秦の全軍に匹敵する60万の兵を託し、秦王政24年(紀元前223年)に楚を滅ぼした。

最後に残った斉は約40年間ほとんど戦争をしていなかった。
それは、秦が買収した宰相・后勝とその食客らの工作もあった。
秦に攻められても斉は戦わず、后勝の言に従い無抵抗のまま降伏し滅んだ。
秦が戦国時代に幕を引いたのは秦王政26年(前221年)39歳であった。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)王朝

中国系サイトが統一され、初めて強大なひとりの権力者の支配に浴した。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Chinese sites were unified and were favored with the rule of powerful one man of power for the first time.

最初に秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は、重臣の王綰・馮劫・李斯らに称号を刷新する審議を命じた。
それまで用いていた「王」は周朝系サイトの時代こそ天下にただ一人の称号だったが、春秋・戦国時代を通じ諸国が成立し、それぞれの諸侯が名乗っていた。
統一を成し遂げた後には「王」に代わる尊称が求められた。
王綰らは、五帝さえ超越したとして三皇の最上位である「秦皇」の号を推挙し、併せて指示を「命」→「制」、布告を「令」→「詔」、自称を謙譲的な「寡人」→「朕」にすべしと答申した。
秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は号のみ自ら変え、新たに「皇帝」の称号を使う決定を下した。
なお、戦国時代の秦王は、斉王とともに、一時期であるが西帝・東帝を名乗っていた。

また秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)は、王の行いを評して死後贈られる謚の制度を、臣下が君主をあげつらうものとして廃止した。
そして自らを「始皇帝」とし、次代から「二世」「三世」と数えるように定めた。

五徳終始(出合い系良縁)

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はまた戦国時代に成立した五行思想(木、火、土、金、水)と王朝交代を結びつける説を取り入れた。
これによると、周王朝系サイトは「赤」色の「火」で象徴される徳を以って栄えたと考えられる。
続く秦王朝は相克によって「火」を討ち滅ぼす「黒」色の「水」とされた。
この思想を元に、儀礼用衣服や皇帝の旗(旄旌節旗)には黒色が用いられた。
五行の「水」は他に、方位の「北」、季節の「冬」、数字の「6」でも象徴された。

政治の出合い系悪縁良縁

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は周王朝時代から続いた古来の支配者観を根底から覆した。
政治支配は中央集権が採用されて被征服国は独立国の体を廃され、代わって36の郡が置かれ、後にその数は48に増えた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
As for the political rule, centralization was adopted, and, in the cover conquest country, the body of the independent country was abolished, and they were replaced, and 36 counties were put, and the numbers increased to 48 later. .

郡は「県」で区分され、さらに「郷」そして「里」と段階的に小さな行政単位が定められた。
これは郡県制を中国全土に施行したものである。

統一後、臣下の中では従来の封建制を用いて王子らを諸国に封じて統治させる意見が主流だったが、これは古代中国で発生したような政治的混乱を招くと強硬に主張した李斯の意見が採られた。
こうして、過去の緩やかな同盟または連合を母体とする諸国朝系サイトは刷新された。
伝統的な地域名は無くなり、例えば「楚」の国の人を「楚人」と呼ぶような区別はできなくなった。

人物登用も、家柄に基づかず能力を基準に考慮されるようになった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Ability came to be considered by a standard without the person appointment being based on family's social standing.


経済その他出合い系悪縁良縁

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)と李斯は、度量衡や通貨、荷車の軸幅(車軌)、また位取り記数などを統一し、市制の標準を定めることで経済の一体化を図った。
さらに、各地方の交易を盛んにするため道路や運河などの広範な交通網を整備した。
各国でまちまちだった通貨は半両銭に一本化された。
そして最も重要な政策に、漢字書体の統一が挙げられる。
李斯は秦国内で篆書体への一本化を推進した。
皇帝が使用する文字は「篆書」と呼ばれ、これが標準書体とされ臣下が用いる文字は「隷書」として、程邈という人物が定めたというが、一人で完成できるものとは考えにくい。
その後、この書体を征服したすべての地域でも公式のものと定め、中国全土における通信網を確立するために各地固有の書体を廃止した。

度量衡を統一の出合い系縁のため、基準となる長さ・重さ・容積の標準器が製作され各地に配られた。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
The standard of length, weight, the capacity to become the standard was produced, and the weights and measures were distributed to each place for a pro-encounter of the unification relationship.

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

大土木工事

咸陽と阿房宮

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は各地の富豪12万戸を首都・咸陽に強制移住させ、また諸国の武器を集めて鎔かし十二金人(英語版)を製造した。
これは地方に残る財力と武力を削ぐ目的で行われた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
This was performed for the purpose of chipping financial power and military power to remain in the district.

咸陽城には滅ぼした国から鐘鼓や美人などが集められ、その度に宮殿は増築を繰り返した。
人口は膨張し、従来の渭水北岸では手狭になった。

始皇35年(前212年)、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は皇帝の居所にふさわしい宮殿の建設に着手し、渭水南岸に広大な阿房宮建設に着手した。
ここには恵文王朝系サイト時代に建設された宮殿があったが、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はこれを300里前後まで拡張する計画を立てた。
最初に1万人が座れる前殿が建設され、門には磁石が用いられた。
居所である紫宮朝系サイトは四柱が支える大きなひさし(四阿旁広)を持]巨大な宮殿であった。

名称「阿房」の由来には諸説あり、「阿」が近いという意味から咸陽近郊の宮を指すとも、四阿旁広の様子からつけられたとも、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に最も寵愛された妾の名とも言われる。

始皇帝陵

秦王に即位した紀元前247年には自身の陵墓建設に着手した。
それ自体は寿陵と呼ばれ珍しいことではないが、陵墓は規模が格段に大きかった。
阿房宮の南80里にある驪山(所在地:北緯34度22分52.75秒 東経109度15分13.06秒)が選ばれ始められた建設は、統一後に拡大された。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の晩年には建設に70万人もの労働者が動員されたという記録がある。

木材や石材が遠方から運ばれ、地下水脈に達するまで掘削した陵の周囲は銅で固められた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Wood and building stones were carried from the distant place, and the people of the Imperial mausoleum that I dug until I reached the water vein under the ground were hardened with copper.

その中に宮殿や楼観が造られた。
さらに水銀が流れる川が100本造られ、「天体」を再現した装飾がなされ、侵入者を撃つ石弓が据えられたという。
珍品や豪華な品々が集められ、俑で作られた官臣が備えられた。
これは、死後も生前と同様の生活を送ることを目的とした荘厳な建築物であり、現世の宮殿である阿房宮との間80里は閣道で結ばれた。

1974年3月29日、井戸掘りの農民たちが兵馬俑を発見したことで、始皇帝陵は世界的に知られるようになった。
ただし、始皇帝を埋葬した陵墓の発掘作業が行われておらず、比較的完全な状態で保存されていると推測される。
現代になり、考古学者は墓の位置を特定して、探針を用いた調査を行った。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
At this chance mercury that density was about 100 times higher than the natural world was discovered and was confirmed when a building treated a legend like was a fact.


万里の長城


中国朝系サイトは統一されたが、始皇帝はすべての敵を殲滅できたわけではなかった。
それは北方および北西の遊牧民であった。
戦国七雄が争っていたころは匈奴も東胡や月氏と牽制し合い、南に攻め込みにくい状態にあった。
しかし、中国統一のころには勢力を強めつつあったので、防衛策を講じた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
However, I took a defense because I was strengthening power in the days of the unification in China.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は蒙恬を北方防衛に当たらせた。
そして巨大な防衛壁建設に着手した。
何十万という人々が動員され、数多い死者を出し造られたこの壁は、現在の万里の長城の前身にあたる。
これは、過去400年間にわたり趙や中山国など各国が川や崖と接続させた小規模な国境の壁をつなげたものであった。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

出合い系天下巡遊


中国系サイトを統一した翌年の紀元前220年に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は出合い系天下巡遊を始めた。
最初に訪れた隴西(甘粛省東南・旧隴西郡)と北地(甘粛省慶陽市寧県・旧北地郡)はいずれも秦にとって重要な土地であり、これは祖霊に統一事業の報告という側面があったと考えられる。
しかし始皇28年(前219年)以降4度行われた巡遊は、皇帝の権威を誇示し、各中国系サイトの視察および祭祀の実施などを目的とした距離も期間も長いものとなった。
これは『書経』「虞書・舜典」にある舜が各地を巡遊した故事に倣ったものとも考えられる。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)が通行するために、幅が50歩(67.5m)あり、中央には松の木で仕切られた皇帝専用の通路を持つ「馳道」が整備された。


封禅

第1回目の出合い系巡遊は主に東方を精力的に回った。
途中の秦山にて、始皇帝は封禅の儀を行った。
これは天地を祀る儀式であり、天命を受けた天子の中でも功と徳を備えた者だけが執り行う資格を持つとされ、かつて斉の桓公が行おうとして管仲(まゆみの英語版)が必死に止めたと伝わる。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、自らを五徳終始思想に照らし「火」の周王朝系サイトを次いだ「水」の徳を持つ有資格者と考え、この儀式を遂行した。
しかし管仲の言を借りれば、最後に封禅(まゆみの英語版)を行った天子は周の成王であり、すでに500年以上の空白があった。
式次第は残されておらず、始皇帝は儒者70名ほどに問うたが、その返答はばらばらで何ら参考になるものはなかった。
結局始皇帝は彼らを退け、秦で行われていた祭祀を基にした独自の形式で封禅を遂行した。
頂上まで車道が敷かれ、南側から登った始皇帝は山頂に碑を建て、「封」の儀式を行った。
下りは北側の道を通り、近郊の梁父山で「禅」の儀式を終えた。
この封禅の儀は、詳細が明らかにされなかった。
排除された儒家たちは「始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は暴風雨に遭った」など推測による誹謗を行ったが、儀礼の不具合を隠す目的があったとか、我流の形式であったため後に正しい方法がわかったときに有効性を否定されることを恐れたとも言われる。
吉川忠夫は、始皇帝は秦山で自らの不老不死を祈る儀式(まゆみの英語版)も行ったため、全容を秘匿する必要があったのではとも述べた。

神仙への傾倒


不死の妙薬を求めて紀元前219年に出航した徐巿の船。
秦山で封禅の儀を行った後、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は山東半島を巡る。
これを司馬遷は「求僊人羨門之屬」と書いた。僊人とは仙人のことであり、始皇帝が神仙思想に染まりつつあったことを示し、そこに取り入ったのが方士(まゆみの英語版)と呼ばれる者たちであった。方士とは不老不死の秘術を会得した人物を指すが、 実態は「怪迂阿諛苟合之徒」と、怪しげで調子の良い(苟合)話によって権力者にこびへつらう(阿諛 – ごまをする)者たちであった。
その代表格が、始皇帝が瑯邪で石碑(まゆみの英語版)を建立した後に謁見した徐巿である斉の出身である徐巿は、東の海に伝説の蓬莱山など仙人が住む山(三神山)があり、それを探り1000歳と言われる仙人・安期正(まゆみの英語版)を伴って帰還するための出資を求める上奏を行った。
始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は第1回の出合い系巡遊で初めて海を見たと考えられ、中国一般にあった「海は晦なり」(海は暗い‐未知なる世界)で表される神秘性に魅せられ、これを許可して数千人の童子・童女を連れた探査を指示した。
第2回出合い系巡遊でも琅邪を訪れた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、風に邪魔されるという風な徐巿の弁明に疑念を持ち、他の方士らに仙人の秘術探査を命じた。
言い逃れも限界に達した徐巿も海に漕ぎ出し、手ぶらで帰れば処罰されることをよく知っていた一行は戻ってくることはなかった。
伝説では、日本にたどり着き、そこに定住したともいう。

刻石

各中国系サイトを巡った始皇帝は、伝わるだけで7つの碑(始皇七刻石)を建立した。
第1回では嶧山と封禅を行った秦山そして琅邪、第2回では之罘に2箇所、第3回では碣石、第4回では会稽(まゆみの英語版)である。
現在は泰山刻石と瑯琊台刻石の2碑が極めて不完全な状態で残されているのみであり、碑文も『史記』に6碑が記述されるが嶧山刻石のそれはない。
碑文はいずれも小篆で書かれ、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の偉業をたたえる。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

暗殺未遂

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は秦王政(英語訳 Sei of the King of Shin)の時代に荊軻の暗殺計画から辛くも逃れたが、皇帝となった後にも少なくとも3度生命の危機にさらされた。

(1)高漸離(英語表記: Kou Zen Ri)の暗殺未遂

荊軻と非常に親しい間柄だった高漸離は筑の名手であった。
燕の滅亡後に身を隠していたが筑の演奏が知られ、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)にまで聞こえ召し出された。
ところが荊軻との関係が露呈してしまった。
この時は腕前が惜しまれ、眼をつぶされることで処刑を免れた。
こうして始皇帝の前で演奏するようになったが、復讐を志していた。
高漸離は筑に鉛塊を仕込み、それを振りかざして始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)を撃ち殺そうとした。
しかしそれは空振りに終わり、高漸離は処刑された。
この後、始皇帝は滅ぼした国に仕えた人間を近づけないようにした。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
Qin Shi Huang prevented the human being who served the country which I destroyed from approaching after this.

(2)張良(英語表記: Chyou Ryou)の暗殺未遂

第2回巡遊で一行が陽武近郊の博浪沙という場所を通っていた時、突然120斤(約30kg)の鉄錐が飛来した。
これは別の車を砕き、始皇帝は無傷だった。
この事件は、滅んだ韓の貴族だった張良が首謀し、怪力の勇士を雇い投げつけたものだった。
Chyou Ryou who was a noble of Kan which died out led this case and I employed a brave man of the Herculean strength and hurled it.
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]

この事件の後、大規模な捜査が行われたが張良と勇士は逃げ延びた。

(3)咸陽での襲撃

始皇31年(前216年)、始皇帝が4人の武人だけを連れたお忍びの夜間外出を行った際、蘭池という場所で賊が一行を襲撃した。

この時には取り押さえに成功し、事なきを得た。

さらに20日間にわたり捜査が行われた。
Furthermore, the investigation was carried out for 20 days.
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「真人」の希求

天下を統一し封禅の祭祀を行った始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、すでに自らを過去に存在しなかった人間だと考え始めていた。
第1回巡遊の際に建立された琅邪台刻石には「古代の五帝三王の領地は千里四方の小地域に止まり、統治も未熟で鬼神の威を借りねば治まらなかった」と書かれている。
このように五帝や三王(夏の禹王、殷の湯王、周の文王または武王)を評し、遥かに広大な国土を法治主義で見事に治める始皇帝が彼らをはるかに凌駕すると述べている。
過去誰も達しなかった頂点を極めた始皇帝は、不可能なことなどないという考えに取り付かれ、ますます神仙への傾倒を深めた。
逐電した徐に代わって始皇帝に取り入ったのは燕出身の方士たちであり、特に廬生(英語名: Rosei)は様々な影響を与えた。

『録図書』と胡の討伐

廬生(英語名: Rosei)は徐と同様に不老不死との出合いを餌に始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)に近づき、秘薬系を持つ仙人の探査を命じられた。
仙人こそ連れて来なかったが、『録図書』という予言系サイトを献上した。
その中にある「秦を滅ぼす者は胡」という文言を信じ、始皇帝は周辺民族系サイトの征伐に乗り出した。

万里の長城を整備したことからも、秦王朝サイトにとって外敵系サイトといえば、まず匈奴が挙げられた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
At first, speaking of a foreign enemy, the Hsiung-Nu was cited for Hata dynasty by having maintained the Great Wall of China.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は北方に駐留する蒙恬に30万の兵を与えて討伐を命じた。
軍がオルドス地方を占拠すると、犯罪者をそこに移し、44の県を新設した。さらに現在の包頭市にまで通じる軍事道路「直道」を整備した。

一方で南には嶺南系サイトへ圧迫を加え、そこへ逃亡農民や債務奴隷・商人らを中心に編成された軍団を派遣し、現在の広東省やベトナムの一部も領土に加えた。
ここにも新たに3つの郡が置かれ、犯罪者50万人を移住させた。


焚書

胡朝系サイトの討伐が成功裏に終わり開かれた祝賀の席が、焚書の引き金になった。
臣下や博士らが祝辞を述べる中、博士の一人であった淳于越が意見を述べた。
その内容は、古代を手本に郡県制を改め封建制に戻すべしというものだった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
The contents changed a districts and prefectures system to a copybook, and they should have returned the ancient times to feudalism.

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)はこれを李斯の諮問にかけたが、元よりも郡県制を推進した李斯が意見に利を認めるはずがなかった。
そして、始皇帝自身も旧習を否定する思想に染まっていた。
信奉した『韓非子』「五蠹」には「優れた王は不変の手法ではなく時々に対応する。
古代の例にただ倣うことは、切り株の番をするようなものだ」と論じられている。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
It is commented, it virtually watches over the stump to merely imitate an ancient example. .

こういった統治者が生きる時代背景に応じた政治を重視する考えを「後王思想」と言い、特に儒家の主張にある先王を模範とすべしという考えと対立するものだった。
始皇帝自身がこの思想に染まり、自らの治世を正しいものと考えていたことは、巡遊中の各刻石の文言からも読み取れる。

すでに郡県制が施行されてから8年が経過した中、淳于越がこのような意見を述べ、さらに審議された背景には、体制の問題点が意識されていたか、または先王尊重の思想を持

つ集団が依然として発言力を持っていた可能性が指摘される。
しかし始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)の決定はきわめて反動的なものであった。
『韓非子』「姦劫弒臣」には「愚かな学者らは古い本を持ち出してはわめき合うだけで、目前の政治の邪魔をする」とある。
始皇34年(前213年)、李斯はこのような妄言の根拠となる「古い本」すなわち占星学・農学・医学・占術・秦の歴史を除く全ての書物を焼き捨てる建策を行い、認められた。
特に『詩経』と『書経』の所有は、始皇帝の蔵書を除き[注 3]厳しく罰せられた。
この焚書は、旧書体を廃止し篆書体へ統一する政策の促進にも役立った。
>>>ここが、[まゆみの英語 勉強法]
This book burning helped the promotion of the policy to abolish old style of handwriting, and to unify to a seal character body.

坑儒

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は「後王思想」で言う批判を許さない君主の絶対的基準となった。
ここにまたも方士らが取り入り、廬生(英語名: Rosei)は「真人」を説いた。真人とは『荘子』「内篇・大宗師」で言う水で濡れず火に焼かれない人物とも、「内篇・斉物論」で神と言い切られた存在を元にする超人を指した。
廬生(英語名: Rosei)は、身を隠していれば真人が訪れ、不老不死の薬を譲り受ければ真人になれると話した。
始皇帝はこれを信じ、一人称を「朕」から「真人」に変え、宮殿では複道を通るなど身を隠すようになった。
ある時には居場所を李斯に告げられたと疑い、周囲にいた宦者らすべてを処刑したこともあった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
I have executed all the eunuchs whom there was around doubt when a place to stay was told to Li Ssu when there was it.

しかし「阿諛苟合」の類である真人との出合い系来訪など決してなく、やがて粛清を恐れた廬生(英語名: Rosei)は方士仲間の侯生とともに始皇帝の悪口を吐いて逃亡した。
これを知り激怒した始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は学者を疑い尋問にかけた。
彼らは言い逃れに他者の誹謗を繰り返し、ついには約460人が拘束されるに至った。
始皇35年(前212年)、始皇帝は彼らを生き埋めに処し、これがいわゆる坑儒であり、前掲の焚書と合わせて焚書坑儒と呼ばれる。
『史記』には、学者らを「諸生」と表記しており、さまざまな学派の人間が対象になったと考えられるが、この行為を唯一諌めた長子の扶蘇の言「諸生皆誦法孔子」から、儒家の比率が高かったものと考えられる。

讒言を不快に思った始皇帝は扶蘇に、北方を守る蒙恬を監察する役を命じ、上郡に向かわせた。
『史記』は、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)が怒った上の懲罰的処分と記しているが、陳舜臣は別の考えを述べている。
30万の兵を抱える蒙恬が匈奴と手を組み反乱を起こせば、統一後は軍事力を衰えさせていた秦朝系サイトにとって大きな脅威となる。
蒙恬を監視し抑える役目は非常に重要なもので、始皇帝は扶蘇を見込んでこの大役を任じたのではないかという。
いずれにしろこの処置は秦朝系サイトにとって不幸な出合い系悪縁となった。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
In any case these measures became the pro-unhappy encounter evil destiny for a system site for the Qin dynasty.

坑儒について、別な角度から見た主張もある。
これは、お抱えの学者たちに不老不死をとの出合い目指した錬金術研究に集中させる目的があったという。
処刑された学者の中には、これら超自然的な研究に携わった者も含まれる。
坑儒は、もし学者が不死の解明に到達していれば処刑されても生き返ることができるという究極の試験であった可能性を示唆する。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
I suggest the possibility that it was an ultimate examination to be able to revive even if the persecution of Confucianists by burying them alive is executed if a scholar arrives at the immortal elucidation.


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

祖龍の死

不吉な暗示

『史記』によると、始皇36年(前211年)に東郡(河南・河北・山東の境界に当たる地域)に落下した隕石に、何者かが「始皇帝死而地分」(始皇帝が亡くなり天下が分断される)という文字を刻みつける事件が起きた。

周辺住民は厳しく取り調べられたが犯人は判らず、全員が殺された上、隕石は焼き砕かれた。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
The neighboring inhabitants were investigated strictly, but I baked it, and the meteorite was crushed after the criminal did not know it, and all the members were murdered.

空から降る隕石に文字を刻むことは、それが天の意志であると主張した行為であり、渦巻く民意を代弁していた。

鉄隕石にはニッケル・鉄比の異なるカマサイトとテーナイトの二相からなる視覚的に特徴ある組織が観察され、それが解釈の仕様によっては漢字のように見える場合がある。

従って、当時落下した鉄隕石が後に伝説となった可能性がある。

また同年秋、ある使者が平舒道という所で出くわした人物から「今年祖龍死」という言葉を聞いた。

その人物から滈池君へ返して欲しいと玉璧を受け取った使者は、不思議な出来事を報告した。

次第を聞いた始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は、祖龍とは人の先祖のこと、それに山鬼の類に長い先のことなど見通せまいとつぶやいた。

しかし玉璧は、第1回巡遊の際に神に捧げるため長江に沈めたものだった。

始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は占いにかけ、「游徙吉」との告げを得た。


そこで「徙」を果たすため3万戸の人員を北方に移住させ、「游」として始皇37年(前210年)に4度目の巡遊に出発した。



最後の巡遊

末子の胡亥と左丞相の李斯(英語名: Rishi)を伴った第4回巡遊は東南へ向かった。

これは、方士が東南方向から天子の気が立ち込めているとの言を受け、これを封じるために選ばれた。

500年後に金陵(南京)にて天子が現れると聞くと、始皇帝(英語表記: Qin Shi Huang)は山を削り丘を切って防ごうとした。

また、海神と闘う夢を見たため弩を携えて海に臨み、之罘で大鮫魚を仕留めた。

ところが、平原津で始皇帝は病気となった。

症状は段々と深刻になり、ついに蒙恬の監察役として北方にとどまっている正統な後継者である長子の扶蘇(英語名: Huso)に「咸陽に戻って葬儀を主催せよ」との遺詔を作成し、信頼を置く宦官の趙高に託した。

7月、始皇帝は沙丘の平台(現在の河北省平郷)で亡くなった。

伝説によると、彼は宮殿の学者や医師らが処方した不死の効果を期待する水銀入りの薬を服用していたという。
>>>ここが、[まゆみのえいご漬け教材 勉強法]
According to the legend, it is said that he took mercury medicine containing it expecting the immortal effect that a scholar and doctors of the palace prescribed. .
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


   まゆみの えいご漬け教材 勉強法HOME へ