諸葛亮 後編

■入蜀
戦後、劉備(英語の発音 Liu Bei)たちは孫権・曹操の隙を衝いて荊州南部の4郡を占領した。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
After the war, 劉備 and others seized on the spare time of孫権・曹操, and occupied four southern countiesof the southern part of 荊州.
諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)は軍師中郎将に任命され、4郡の内の3郡の統治に当たり、ここからの税収を軍事に当てた。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
諸葛亮 was appointed as 軍師中郎将 and applied the tax revenues from here to military affairs in government of three counties of the four counties.
この頃、諸葛亮と並び称された?統が劉備陣営に加わった。
建安16年(211年)、荊州の次に取る予定であった益州の劉璋より、五斗米道の張魯から国を守って欲しいとの要請が来た。
しかし、その使者の法正は張松と謀って、益州の支配を頼りない劉璋から劉備の手に渡す事を目論んでいた。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
However, 法正, the messenger, was planning to plan with 張松 and to pass rule of 益州 to the hand of 劉璋 to uncertain 劉備.
劉備は初めこれを渋ったが、?統の強い勧めもあり、益州を奪う決心をした。劉備は?統・黄忠・法正らを連れて益州を攻撃した。
諸葛亮は張飛(英語の発音 Zh?ng f?i チャンフェイ)・趙雲(英語/英会話の発音 Zhao yun チャオユン)らとともに長江を遡上し、手分けして郡県を平定すると、劉備と共に成都を包囲した。
建安19年(214年)に益州が平定されると、諸葛亮は軍師将軍・署左将軍府事となる。
劉備が外征に出る際には常に成都を守り、兵站を支えた。また伊籍・法正・李厳・劉巴とともに蜀の法律である蜀科を制定した。


■夷陵の戦い
その後、劉備(英語/英会話の発音 Liu Bei)は曹操(英語/英会話の発音 Cao C?o、ツァオツァオ)に勝利し漢中を領有したが、荊州の留守をしていた関羽(英語/英会話の発音 Gu?n Y? クアンユー)が呂蒙の策に殺され、荊州は孫権に奪われた。
劉備の養子の劉封が孟達・申儀の裏切りにより曹操軍に敗走して成都に戻ってくると、劉備は劉封が関羽の援軍に行かなかったことと、孟達の軍楽隊に出会い系して没収したことを責めた。
諸葛亮(英語/英会話の発音 Zh? g? liang チューケリアン)は劉封の剛勇さは劉備死後に制御し難くなるだろうという理由から、この際に劉封を除くように進言した。
劉備はその提案に従い、劉封を自殺させた。
建安25年(220年)には曹操が死去し、その子の曹丕が遂に後漢系の献帝より禅譲を受けて、魏王朝を建てた。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強法〜
Taso Tsao will die in K 25 (220 years) -- the child's S -- in response to abdication of the throne, an Asa king of Wei was built from K of the Later-Han at last.
翌年、劉備はこれに対抗して成都で即位して蜀漢を建て、諸葛亮は丞相・録尚書事となった。
劉備が呉へ進軍を計画し、この戦いの準備段階で張飛が部下に殺されるという事件が起こり、諸葛亮は張飛が就いていた司隷校尉を兼務する。
この戦いは最初は順調に行き、途中孫権は領土の一部を返還して和睦を行おうとしたが、劉備はそれを聞かず、陸遜の作戦にはまり大敗に終わった(夷陵の戦い)。
この戦いの後、諸葛亮は「法正が生きていれば、これ程の大敗にはならなかった筈だ」と嘆いた(法正は220年に死去している)。
劉備は失意から病気が重くなり、逃げ込んだ白帝城で章武3年(223年)に死去する。
死去にあたり劉備は諸葛亮に対して「君の才能系は曹丕の10倍ある。
き っと国を安定させて、最終的に大事を果たすだろう。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強法〜
Liu Bei receives Ryo Chuko in death. "as for your talent, there are 10 times as many S.
A country is stabilized and, finally a serious happening will surely be achieved.
もし後継ぎ(=劉禅)が補佐するに足りる人物であれば、補佐してくれ。
もし、後継ぎに才能がなければ、君が自ら国を奪いなさい」と言った。
これに対し、諸葛亮は、涙を流して、「私は思い切ってであい手足となって働きます」と答え、あくまでも劉禅をであいけい補佐する姿勢を取った。
また、劉備(英語/英会話の発音 Liu Bei)は臨終に際して諸葛亮に向い、「馬謖は、言葉が実質以上に先行するから、重要な仕事をさせてはいけない。君はそのことを察知しておれよ」と言い残した
益州南部の平定に劉禅が帝位に即くと、諸葛亮は武郷侯・開府治事・益州刺史になり、政治の全権を担った。
諸葛亮は孫権が劉備の死去を聞けばたぶん異心を抱くだろうと深く心配していたが、ケ芝を派遣して孫権との友好関係を整え、孫権は魏との関係を絶ち、蜀と同盟し、張温を派遣して返礼させた。
さらに、魏系に対する北伐を企図する。
魏系は、諸葛亮が実権を握ったのを見て、華?・王朗・陳羣・許芝、同族の諸葛璋ら高官が相次いで降伏勧告の手紙を送りつけたが、諸葛亮は返事を出さず後に「正議」を発表し彼らを批判した。
益州南部で雍?・高定らが反乱を起こすが、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zh? g? liang チューケリアン)は225年に益州南部四郡系を平定。
この地方の財物を軍事に充てた。


■北伐
清の時代、想像で描かれた諸葛亮と司馬懿建興5年(227年)、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zh? g? liang チューケリアン)は「北伐」を決行する。
北伐にあたり上奏した「出師表」は名文として有名であり、「これを読んで泣かない者は不忠であい人に違いない」と称賛された。
魏を攻める前年、諸葛亮は、以前魏へ降伏した新城太守の孟達を再び蜀陣営に引き込もうとした。
孟達は魏に降った後、曹丕に重用されていたが、建興4年(226年)の曹丕の死後は立場を失い、危うい状況にあった。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
After Moutatsu came down to Gi, it was appointed by Souhi to a position of a trust, but the postmortem for Takeoki four years (226 years) lost the position, and suited the dangerous situation.
諸葛亮はこれを知ると孟達に手紙を送り、孟達の方も返書を出した。
さらに司馬懿の疑惑を恐れた孟達は、魏に反乱を起こそうとした。
しかし孟達は司馬懿(英語/英会話の発音 S?m? Yi スーマイー)の急襲を受けて討ち取られた。
翌建興6年(228年)春、諸葛亮は漢中より魏へ侵攻した。
魏延は、自らが別働隊の兵1万を率い、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zh? g? liang チューケリアン)の本隊と潼関系で合流する作戦を提案したが、諸葛亮はこれを許可しなかった。
魏延はその後も北伐の度にこの作戦を提案するが、いずれも諸葛亮により退けられている。
諸葛亮は宿将の趙雲(英語/英会話の発音 Zhao yun チャオユン)をおとりサイトに使って、?を攻撃すると宣伝し、曹真がそちらに向かった隙を突いて、魏の西方の領地に進軍した。
この動きに南安・天水・安定の3郡(いずれも現在の甘粛省に属する)は蜀に寝返った。
魏はこの動きに対して張?を派遣した。
諸葛亮は戦略上の要地である街亭の守備に、かねてから才能を評価していた馬謖を任命したが、馬謖は配下の王平の諫言を無視して山上に布陣し、張?により山の下を包囲され、水の供給源を断たれて敗北した。
街亭を失ったことで蜀軍は進軍の拠点を失い、全軍撤退を余儀なくされた(街亭の戦い)。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
The Syoku lost the base of the attack by having lost Gaitei, and it was obliged to armed-forces withdrawal (battle of Gaitei).
撤退時に諸葛亮は西県を制圧して1000余家を蜀に移住させた。
撤退後、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zh? g? liang チューケリアン)は馬謖らを処刑したほか(「泣いて馬謖を斬る」の語源)、自らも位を3階級下げて右将軍になったが、引き続き丞相の職務を執行した。
同年冬、二度目の「北伐」では陳倉城を攻囲したが、曹真が侵攻路を想定して城の強化を行わせていたことや、守将の?昭の奮戦により、陥落できないまま食糧不足となり撤退した。
撤退時に追撃してきた魏将王双を討ち取っている(陳倉の戦い)。
翌年(229年)春、第3次の北伐を決行し、武将の陳式に武都・陰平の両郡を攻撃させた。
魏将郭淮が救援に向かうが、諸葛亮が退路を断つ動きを見せると撤退したため、陳式は無事に武都・陰平の2郡を平定した。
この功績により、再び丞相の地位に復帰した。
建興9年(231年)春2月、諸葛亮ら蜀軍は第4次の「北伐」を行い、魏の祁山を包囲すると別働隊を北方に派遣したが、張?ら魏軍が略陽まで進軍してくると、祁山まで後退した。
司馬懿(英語/英会話の発音 S?m? Yi スーマイー)が率いる魏軍は祁山を開放するために、司馬懿が諸葛亮の軍を、張?が王平の軍を攻撃したが、撃退された。
蜀軍は局地的に勝利したものの長雨が続き食糧輸送が途絶えたため撤退した。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
Since the long rain of what won locally continued and food transportation stopped, The Syoku was withdrawn.
撤退時に追撃してきた魏の張?を伏兵を用いて射殺している。
食糧輸送を監督していた李平(李厳から改名)は、糧秣の不足を伝えて諸葛亮を呼び戻させる一方、軍が帰還すると「食料は足りているのになぜ退却したのだろうか」と驚いたふりをして責任転嫁をはかろうとした。
しかし諸葛亮は出征前後の手紙を提出して李平の矛盾をただしたため、李平は自分の罪を明らかにした。
そこで彼を庶民に落として流罪にした。
建興12年(234年)春2月、第5次の「最後の北伐」を行った。
諸葛亮は屯田を行い、持久戦の構えをとって五丈原で司馬懿(英語/英会話の発音 S?m? Yi スーマイー)と長期に渡って対陣した。
しかし、同時に出撃した呉軍は荊州および合肥方面の戦いで魏軍に敗れ、司馬懿も防御に徹し諸葛亮の挑発に乗らなかった。
諸葛亮は病に倒れ、秋8月(『三国志演義』では8月23日)、陣中に没した(五丈原の戦い)。
享年54。

  English を志す皆さんへ へもどる
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ