You Can Speak 勉強方法

無料体験版の内容を例にして「YCS」の学習方法をご説明します。


スマホ画面      PC画面



1.応答時間を無制限(∞)、7秒、5秒、3秒、1秒の中から選びます。

2.学習画面にて、STARTボタンを押すと学習が始まります。

3.表示された日本語を、先に選択した秒数以内に英語で言います。

4.英語で言えた場合は「言えた」、言えない場合は「言えない」ボタンを押します。

5.指定秒数以内に言えなかった場合には、自動的に「言えない」が選択されます。

6.正答が、テキストと、ネイティブな音声の両方で出ます。。


 
たとえば、

「早く起きることは健康に良いです。」

この文章をいきなりの英訳は困難です。
そこで、「You Can Speak」では、ステップバイステップ方式を開発しました。
以下のような感じです。


基本:「彼等は早く起きます。=They get up early.」

変化:「早く起きること= getting up early」

代入:「それは健康に良いです。=It is good for health. 」

合成:「早く起きることは健康に良いです。=Getting up early is good for health.」


最初の3つのフレーズというのは文法的にもわかりやすくなっています。。

この前準備の練習の後で、最後の合成文章に進みます。

このステップバイステップ方式が学習をかなり楽にしています。

さらに素晴らしいのは、回答時間を無制限(∞) 7秒、5秒、3秒、1秒と秒数設定できるんです。

最初は制限時間を無制限(∞)して取り組みました。。

英文(スクリプト)を見ればわかるのですが、いざ口にしようとすると出てきません。

どれだけの秒数(あるいは、一分以上?)を費やしたかわかりません。。。

でも、何度か練習しているうちに、だんだん慣れてきて返答がスムーズになってくるのが自覚できるんです。

やはり、無理をせず、時間をかけて、慣れてきたら「一歩前進」が良いと思います。

それと、模範解答が、ネイテブの声で聞けるのがとても良いと思います。
いつの間にか、ヒアリングの力までついてくるんです。

You Can Speakの1日あたりの学習時間は30〜60分程度です。

教材は、2,496枚も有るので、ボリューム不足のご心配はありません。

私でも最後まで終える前に、かなりのスピーキング力がついていました。


全て終えて、深く私が思うことは、

(1)出てくる英文、使用単語が中学校レベルの易しいことで、おおいに助けられたこと。

(2)知らないうちに、いつの間にか、実際の英会話に使われる、あらゆる要素を学習し、どんな状況にも困らない実力が身についていたこと。

 

販売元HPはコチラ。
(販売元HPの、下の方に「無料体験コーナー」も有ります。)


ゲーム感覚で身に付く英語スピーキング習得システム(特許申請中)


 まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ