まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(8)


  

単語ひとつずつではなく3語程度のまとまりで理解する



出典「フラミンゴ英会話ブログ」さま


残りの時間:857時間

必要な時間:200時間


チャンク読みを体得する

チャンク読みというテクニックを知っていますか?

これは、3 – 4つくらいの単語をひとまとまりとして英語を読むテクニックです。

ちなみに、チャンクは、「かたまり」という意味です。

主語ではなく「主節」というように、かたまりで捉えていきましょう。

するとこれまで以上にすごく早く、英語を聴きとる、読むことができるでしょう。

少し訓練が必要ですが、慣れれば大したことはありません。

これは、TOEICで高得点を出すためにも有効な手段と言われています。

スキミングを駆使する

ちょっとくらい単語がわからなくても飛ばして、ざっと読んでいきましょう。

そのようなスタイルのことをスキミングと言います。

少し高度な文章、古い文章を読むときに有効だといえます。

まだまだ、たくさんの英語に触れていくことを優先したいフェーズです。

小難しい単語はすっ飛ばしてしまいましょう。

スキャニングで訓練する

日本語でも、なにかを調べているとき、調べ事以外について書かれている箇所を飛ばしますよね?

前もって調べたいことが明確だからですよね。

スキャニングとは、これを意識的に行う勉強法です。

得るべき情報を定めておいたうえで聴いたり、読んだりするのです。

ただ長く、たくさんの文章を読むのではなく、目的を持って文章を読むことで、英語の文章の構造を理解することにも役立ちます。

たいてい、結論的なことは前の方にあると身をもって感じられると思います。


このステップをクリアしたい人向けの英語勉強法

興味があることをネットで調べていくといいと思います。

たとえば、ニューヨークで一人暮らしをするためにかかる費用を調べてみてください。

ときには電話で問い合わせてみてもいいかもしれませんし、日本で暮らすアメリカ人に聞いてみてもいいかもしれませんね。



「まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ」のトップへ

トップページ へ