まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ(-2)勉強法


  

出典「「フラミンゴ英会話ブログ」さま




つぎに勉強法についてです。

あなたは、これまでに英語の勉強法について突き詰めて考えたことはありますか?

少し厳しいことを言うかもしれませんが、ひとまず単語アプリをダウンロードして、勉強しているつもりになっていませんか?

はっきりと言って、
計画的に勉強法を設計することなく、英語を勉強するべきではありません。

それは、ただただ、しんどいだけです。

登山のように、自分が今どこにいて、
あと何メートル登れば頂上にたどり着くことができるのか、
これを明確にし、経路も決めておきましょう。

その方が楽に英語を勉強することができます。

いままでの英語の勉強法が持つ問題点

では、どのように英語を勉強すると良いのでしょうか。

はじめに大切なのは、これまでの勉強方法から切り替えることです。

従来の英語の勉強法は、はっきり言って非効率的で、しんどいです。

モチベーションを保つこと、効果的な勉強法にすることを両立することができない仕組みでした。

なぜモチベーションが上がらないのか。

それは、集団でみんなのペースで学ぶことを強要されていたからです。

自分がそのセクションが得意でも苦手でも、授業のペースは変わりません。

得意なところではモチベーションがあがっているので、
グイグイ進めてしまうべきなのに進めない。
苦手なところはゆっくり休憩しながらじゃないとやる気が出ないのに、
勝手に先に進んでしまう。
だからモチベーションを保つことができなくなるのです。

また、たとえモチベーションが保つことができていたとしても、そのモチベーションを活かす効果的な勉強法にはなっていません。

典型的な問題点は次のようなものです。

•カタカナで英語を発音してしまう

•単語ばかり覚えてしまう

•リスニングを軽視する

これでは、せっかくの高いモチベーションが台無しです。




英語力を上達させることは難しくない

英語は、すごく難しいもののように感じられるかもしれません。

でもそんなことはありません。

まず考えてみてください。

中学高校時代、英語のテストで赤点ばかりをとってきましたか?

そんなことなかったですよね。(代わりに古典が真っ赤…とかはあるかもですが。

何がいいたいのかというと、

あなたにも、日本の中学高校で求められている英語力は身についているということです。

そう、ある程度まではみんなできるようになっているんです。

では何で難しいと思うのか。

その答えも簡単です。

中学高校で求められている英語力と、ネイティブの英語力の間にはとてつもない差があるからです。



「まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ」のトップへ

トップページ へ