まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(3)


  

語順を抑える。英語は”冒頭”が大事な言語




出典「フラミンゴ英会話ブログ」さま


残りの時間:1,107時間

必要な時間:100時間


なんとなくで英語を聞き流していませんか?


「これは英語だなー」くらいで聞き流してしまっていませんか?

実際のところ、多くの方が同じような傾向にあると思います。

そこで大切にしてもらいたいのが、「英語を聞くぞ!」というスイッチを入れてもらうことです。

なんとなく知っている単語の意味を抑さえていくのではなく、話し手が、どのような意味で、どんな感情で英語を話しているのか、
すべてを理解することを目指してください。

しんどい作業だと思いますが、徐々に慣れていきます。

はじめの頃は我慢して、簡単なフレーズから頑張っていきましょう。

英語は”Yes”や“No”からはじまる

英語の勉強法のなかで軽く見られがちなのが、先頭にYesやNoを付けるべきだという英語の特徴です。

日本人にとっては厄介なところです。

日本人には、自分の意見を主張することに抵抗がある方が多く、どうしてもこのことを忘れがちです。

思い切って、英語を話しているときの自分は、
まったくの別人格なんだと割り切るような姿勢が必要です。

主語と述語を聴きとる・読みとる

英語も日本語も主語と述語がとっても大切です。

英語の勉強が進んでいない人の場合、自分が知っているわかりやすい単語に気を取られて、主語や述語を聴き取ることができないことが多いです。


そこで、まずは主語を抑えましょう。

おおよそ、その直後に述語が来ます。

そして、述語の意味がわからないときは調べてみましょう。

注意するべきは、リスニングやリーディングを始める前に、単語帳を開き、大切そうな述語を片っ端から覚えてしまうことです。

これは絶対ダメです。


自分が使いたい述語以外まで覚えることに時間を割いてしまいますし、具体的なイメージのないままに単語をインプットするのは大変難しい勉強法なので、
あなたのモチベーションの低下につながってしまいます。




正直に言えば、一つ前のステップで観ていただいたドラマをもう一度観てもらうのがベストです。

ただ少し退屈に感じてしまうかもしれないので、もう一つ方法を提案します。


それは「TED」です。

TEDとは、色々な分野の第一人者、専門家が、プレゼンテーションを行っている動画を観ることができるサイトです。

多くの動画で日本語の字幕も用意されているので、日本語字幕で観たあと、英語で2回連続で観てください。

ここでは、必ず「語順」に注意しながら観てくださいね。


「まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ」のトップへ

トップページ へ