まゆみのオススメえいご勉強法10のステップ(6)


  

まず、リスニングとリーディングに集中する



出典「フラミンゴ英会話ブログ」さま

残りの時間:1,057時間

必要な時間:100時間



スピーキングやライティングは後回し


まずはインプットする英語の勉強法だけに絞りましょう。

従来の勉強法では、「話す – 聞く」と「書く – 読む」という組み合わせでした。

しかし、これは本来あるべき姿ではありません。

本来は、「聞く – 読む」をさきに行い、「話す – 書く」を後回しにするべきです。

これはサイレントピリオドという仕組みに関係しています。





意識的にサイレントピリオドをつくる

サイレントピリオドとは、たくさん勉強したあとに訪れる

「なかなか伸びを実感できない時期」のことを意味する言葉です。

この時期は、どうしてもうまく話すことはできなし、書くこともできません。

まだまだインプットの量が足りていないのです。

ここで焦るのではなく、よりたくさんのインプットをすることに力を入れて、サイレントピリオド明けに、実力を急上昇させるために備えましょう。

これこそ、英語の勉強法の最重要ポイントのひとつだと言えるでしょう。

わからない単語が出てきたら調べる

「単語をたくさん覚える」から入っちゃダメです。
これは、変な発音の癖や日本語に変換する癖をつけてしまうということ、モチベーションに悪影響を与えてしまうということの2点から避けるべきです。

このステップをクリアしたい人向けの英語勉強法





またかと思うかもしれませんが、ドラマは有効です。

大好きな海外ドラマを見つけてしまえば、あなたの英語勉強法はグイッと成功に近づきます。

もちろん、大好きな本を見つけるのも良い方法です。

本を選ぶ上では下手に難しいものを選ばず、カンタンな単語が使われている現代文学にしましょう。




「まゆみのオススメ英語会話勉強法10のステップ」のトップへ

トップページ へ