英語の勉強法で上達する人としない人9つの違い

           まゆみ(山本真由美)


「myスキ英語」様より


なぜ、日本人の英語勉強法では完全上達できない人が溢れてしまうのでしょうか?

それは、何十年にもわたって、受験英語という間違った英語勉強法を繰り返しているからです。

本来、勉強すら一切必要ないのに・・・

言い方を変えれば、その固定概念さえ取り除けば、「英語習得なんて簡単」ということです。

なぜなら、日本人は世界の言語でも難しいとされる日本語を習得しているからです。
ひらがな、カタカナ、漢字が存在する日本語を簡単に使いこなしています。

日本語に比べ、英語は26アルファベットさえ把握していればいい、本来は英語勉強も習得が早いはずなのです。
実際、アジアのバイリンガル達は英語の勉強を日本人のようにしなくても簡単にマスターしていますし、だからこそ、世界共通語になっています。
これは、紛れもない事実です。

それでは、英語を完全上達させる人というのは何が違うのでしょうか?

そこで、英語の勉強法で完全上達する人、上達しない人の9つの違いについてお伝えします。
まずは、この9つの違いを知ることから正しい英語勉強法が始まります。



1 従来の英語勉強法は「英語知識」を増やしているだけ
1-1 英語の勉強法だけが特別というわけではない
そもそも、赤ちゃんから言語を習得していく中でどんな勉強法をしているのでしょうか?

まさか、赤ちゃんが文字や文法や語彙などをいきなり勉強したりなんて絶対にしないはずですよね。

言語を勉強するという感覚はなく、自然に母国語と慣れ親しみながら、聞き、話し、読み、書く能力を順序良く身につけていくはずです。

「言語習得の自然の流れ」
1.聞く → 2.話す → 3.読む → 4.書く

これは、私たち日本語でも全く同じです。

英語の勉強だから特別なわけではありません。全ての言語に共通することなんです。

1-2 日本人の英語勉強法は英語運用に直結していない
つまり、皆様が目にする、または過去に試した勉強法では、どれほど学んでも本来の言語(ここでは、英語という言語)を習得する土台となるものが出来上がっていないケースが多いのです。

これまでの英語勉強法というのは、実はただ英語の知識を増やしているだけで、本来の英語運用には直結しない状態のまま、時間と労力だけが過ぎ去っているということになるのです。

1-3 頭の良さや英語の勉強成績=英語習得ではない
それでも、「英語が出来る日本人がいるのは何故?」というふうに思った事はありませんか?

頭の良さや勉強の成績=英語習得では絶対にありません。そこには、必ず言語を習得する時のコツと、そこから築かれるスキルが存在するのです。
これは絶対です。

英語の勉強法で完全上達する人としない人には必ずこれから説明する9つの違いがあり、上達させるコツとスキルを持ち合わせています。
しかも、このスキルは特別なものではなく、誰でも身につけることが出来るものです。ぜひ、この方法を知って新たな英語勉強法としてご活用ください。

2 英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い
この9つの違いを知るだけでも、正しい英語勉強法を実践できるようになり、無駄な時間と労力を使わずに最短距離で英語習得への爆発的スピードを生み出せるようになります。



確実に上達する英語勉強法1「音と音のつながり」をマスター
英語独特の、音のつながりが、日本人の英語の聞き取りを複雑にします。
確実に上達する英語勉強法 2|英語独特のリズム
彼が話す英語がネイティブに通じない理由は何なのか?それは、彼に語彙力がなかったわけではありません。
確実に上達する英語勉強法3|英語は聞き流してはいけないと思います。
「聞き流しを続けていると、何となく上達している気がするんですけど」
確実に上達する英語勉強法4|英語をイメージでとらえる
「英語を英語でとらえる」というイメージ感覚を自然に身に付けられます。
確実に上達する英語勉強法5|リスニングの前段階で「音素」を把握する
英語のリスニングが出来る人というのは、英語の音素自体をしっかり把握しています。
確実に上達する英語勉強法6|サイレント・ピリオドを作る
意識しなければならないのは、インプットとアウトプットを切り離すこと。
確実に上達する英語勉強法7|「語順感覚」をマスター
「英文法」を勉強する必要はありません。
確実に上達する英語勉強法8|英語の文章全体を素早く理解するスキルを得る
単語よりも文章を読んで即イメージ化するコツ
確実に上達する英語勉強法9|英語で「ものごとを説明する力」をマスター




「英語会話 教材 おすすめ まゆみ」OLまゆみの英語 勉強法~ HOME へ