1000時間 ヒアリングマラソン

アルク  「ヒアリングマラソン」

英語を身体にしみこませる習慣作りのために
コミュニケーションは、「聞き取り」からはじまります。
英語の聞き取りがもし苦手だとしたら、それは本物の英語の音を聞いた時間が少なすぎるから。
決して個人の能力や資質の問題ではありません。
英語を母国語としない日本人が、英語独特の音やリズム、スピードを身体にしみこませるには、一定期間に集中して生の英語を聞くことが大切。
消えたり、つながったり、とさまざまに変化する英語特有の音を体得するには、時間が必要なのです。
その目安となる時間を、アルクでは1年で1000時間と考えています。
忙しくて時間が取れない? ご安心ください。
ポイントは「英語の時間」を、無理のない範囲で毎日の生活に自然に取り入れること。
通勤・通学中や家事をしながらなど、耳の空いている時間は意外に多いんです。
ずっと机にかじりつくだけが勉強ではありません。
週末に洋画を楽しむのも、ウォーキングやジムでトレーニングしながら聞くのも1000時間のうち。どの時間を使うかは、あなたの工夫次第です。
英語もスポーツやダイエットと同じ。習慣にできれば、楽しみとともに必ず成果があらわれてきます。
ヒアリングマラソンは、その習慣作りをしっかりとサポートします。


★意外? こんなことも1000時間のうちです!
英語を聞き取ろうと意識して耳を傾けたり、自分で英語を話したりする時間は全てヒアリング時間としてカウントします。
「1年で1000時間」と聞くと、とても高い目標のように思えるかもしれませんが、映画やニュース、音楽など、あなたの興味のあるジャンルで日々英語に触れる時間を作っていけばよいのです。
最初は1日10分でもOK。意識的に英語を生活に取り入れて、英語の音に耳慣らしする時間を、少しずつ増やしていきましょう。


「多聴」「精聴」のバランス学習で確かな英語力をあなたのものに
ヒアリングマラソンでは、「多聴」と「精聴」の組み合わせ学習を提唱しています
。大量に英語を聞いて、全体の大まかな把握を目指す「多聴」と、内容の正確な理解を目指す「精聴」。
この2つのバランス学習によって、生きた英語を聞き取る力がぐんぐん伸びていくのです。
テキストの「多聴ナビ」「精聴ナビ」に沿って、効率的に学習を進められます。
とくに精聴は、音読、リピーティング(音声をまねて声に出す)、ディクテーション(聞こえた英語を書き取る)などの負荷の高いトレーニングで、短時間で高い学習効果を得られ、時間が取れない忙しい方におすすめです。
通勤中や朝の身支度の間には「多聴」、週末は自宅でじっくり「精聴」……という風に、あなたのライフスタイルに合ったプランを立て、実践していきましょう。


一人で学習するのは続けられるか心配
どうぞご安心ください! 
ヒアリングマラソンには講座専用のSNS(受講生限定コミュニティサービス)「クラス」をウェブ上に用意しています。
学習コーチに直接質問ができ、同じ教材で学ぶ仲間と交流できる「教室」のような場なので、日々やりがいを感じながら学習を続けることができます。
「クラス」にぜひ参加して、学習効果を最大限に高めましょう!


1000時間ヒアリングマラソン
受講料(税込)
一般 : 52,290円(税込)
会員 : 47,061円(税込)
※会員価格とは?
標準学習期間 : 12カ月
教材構成 : コースガイド/マンスリーテキスト12冊/マンスリーCD12枚/テストCD12枚/『ENGLISH JOURNAL』(CD付き) 12冊/マンスリーテストHEMHET12回/特製CDケース2個/修了証(修了時)
開始レベルの目安 : TOEIC550点? 、英検2級
コーチ : 松岡 昇 ほか全10名
申込締切とスタート :
毎月25日締切→翌月10日受講開始
(※12月のみ20日締切)


ヒアリング教材もどる
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ