ネイティブに絶対伝わらない英語の言い回し

1:「美味しいですね」

今日のランチは、上司のお気に入りのお店でおごってもらえることに。
おいしい料理に舌鼓を打っていると、上司が感想を尋ねてきました。
ここで、“This tastes good.”と返しては、上司は不機嫌になっちゃうかも……。
前回の記事でもお伝えしましたが、“good”は「まあまあいい」というレベル。
なので、“This tastes good.”では、「まあまあの味ですね」というふうに聞こえてしまいます。
本当においしいと伝えたいなら、“It’s really good!”か、もしくは“It is delicious!”と伝えましょう。
これなら、上司もあなたを連れてきた甲斐がありますね!



2:「とても楽しんでいます!」

友人宅でのクリスマス・パーティー。
日本人はあなたひとりですが、参加者がみな気さくなおかげで、あなたも充実した時間を過ごしています。
そこへ、ホスト役の友人があなたを気遣い、「楽しんでる?」と声をかけてきたとしたら?
ここで、ついつい言ってしまいがちな表現は、“I enjoy it.”でしょう。
でも、この表現では、あなたは2度とパーティーに呼んでもらえなくなるかもしれません。
というのも、“I enjoy it.”では「まあまあかな」というニュアンスで、暗につまらないと言っていることになってしまうのです。
では、感謝と感動の気持ちをどう伝えればいいのかというと、“I really enjoy it.(とっても楽しんでいます)”という表現がオススメ。
なんと“really”というひとつの単語があるかないかだけで、意味がガラリと変わってしまうわけです。
これからも交流を深めていきたいなら、“really”を付けるのをどうかお忘れなく!



3:「つまらないものですが」

日本では贈りものをする際、「つまらないものですが」と謙遜するならわしがありますよね。
これをそのまま英語に置き換えて、“This is a boring present, I’m sorry.”と表現しては、「一体、何を贈りつけるつもりなんだ!?」と相手を恐怖に陥れることになってしまうかも……。
とはいえ、謙遜の文化が、英語圏には全くないというわけではありません。
英語圏の人でも自分の贈りものを「すんごいいいものだから」とアピールするようなことはなく、ちゃんと謙遜の表現があります。
それは、“This is a little something I got for you.(ちょっとしたものですが、どうぞ)”というフレーズ。
どんなに素晴らしい贈りものであっても、“little”という控え目な表現を用いるのです。
卑屈にも尊大にもならない便利なフレーズなので、ぜひ覚えておきましょう!



4:「体調が悪くて……」

日本語で“体調”のことを“コンディション”と表現することってありますよね。
たとえば、「今日はちょっとコンディションが悪くて……」みたいに。
ところが、英語で“My condition is bad.”と言うと、体調のことを言っているのではなく、「私の条件はよくありません」と聞こえる可能性があります。
悩ましげな表情でこんなことを口走っても、かなり意味不明ですよね。
ここは、“I’m not feeling very well.”で表しましょう。
“bad”を使うよりも“not very well”を使うことで、相手にも過度の心配をかけることがありません。



まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ

       まゆみの英語/英会話 seminar へもどる