司馬懿英語(2)「空城の計」

「空城の計」Absence castle strategy
明帝は、三郡の陥落と曹真大敗の報を聞く、太傅の鍾ヨウの進言で、司馬懿(英語/英会話の発音 S?m? Yi スーマイー)を復帰させ、元の職へと戻した。

以前に蜀から降服してきた孟達が蜀と通じていると知った司馬懿は、孟達に親書を送り時間を稼いだ。

〜ここが、まゆみの英会話 教材〜
司馬懿 which got to know that 孟達 who has surrendered from 蜀 before was well versed in 蜀 sent the message to 孟達, and gained time.

そして、すぐに大軍を整えて孟達を急襲した。この事については幕僚の間にも「仮初めにも、孟達は魏に忠誠を誓った者、それに出師には詔が必要ですし、ここは陛下に上奏した方が良いのでは…?」
という意見があったが、司馬懿はこれを却下。独断で出撃し、見事に孟達を斬る。

(しかし、先鋒を務めた魏の武将・徐晃を此処で失ってしまう)

明帝は臨機応変に動き、叛乱を未然に防いだ司馬懿の働きを誉め、大将軍の位を与えた。

〜Here, it isまゆみの英会話勉強〜
明帝 moved flexibly, praised work of 司馬懿 which prevented the rebellion, and gave the generalissimo's.
大将軍に昇進した司馬懿は、蜀の丞相・諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zh? g? liang)と対決するため、司馬懿は張?(ちょうこう)らと大軍を率いて出陣した。

司馬懿出陣の報を聞いた孔明は、少ない人数でも対抗でき、要衝でもある街亭(がいてい)に、馬謖(ばしょく)・王平を先鋒隊として布陣させる。

しかし、孔明は山の周りにある数本細い道を囲むように布陣させるように命じたが、馬謖は策におぼれ頂上に布陣してしまう。

副将の王平はこの布陣に反対したが聞入られず、王平率いる一軍だけが細い道に布陣する。

迎撃しにきた司馬懿は、馬謖は孔明の弟子ということを知っていたため、山の細い道を抑えているのだろうと思ったが、蜀の布陣を見てみると、頂上に布陣している事が分かり、こう言った

『馬謖は兵法の基礎も知らんとはな…』

さっそく、司馬懿の軍は山を取り囲み水を絶たせた。水を絶たれた馬謖の軍からは、脱走者が続出する。

その頃、孔明は王平から送られてきた、街亭の布陣地図を見て絶句。すぐさま援軍を送るが、士気の限界に達した。

馬謖は、山を駆け下り突撃するが大敗する。王平の助けもあり、馬謖は救われたが、部隊は壊滅してしまう。

馬謖の先鋒隊が、壊滅状態になった孔明は止むをえず全軍を退却させた…

司馬懿(英語/英会話の発音 S?m? Yi スーマイー)は退却する蜀軍を追撃し、西城へと進軍した。

孔明の居た西城にはそんなに兵はいなかった。ここで、司馬懿を食い止めるしかないと思った孔明は一計を案じた。

旗を全ておろさせ、四方の門をあけさせ 香を焚くと、やぐらのうえから琴を弾き始めた。

〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
All flags are made to take down and a gate on all sides is made to be opened. When the scent was burned, it was begun from on the tower to flip a koto.


進軍してきた司馬懿はこの様子を見ると「何か策があって、おびき寄せる策略だな」と思い、その場を退却した。
諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zh? g? liang)が撤退した後になって、西城にはそんなに人数がいなかったことを知った司馬懿は、

「わしは孔明にはとてもかなわない…」
〜ここが、まゆみの英会話 教材〜
"I could not win 孔明 by any means --."
と思ったという
(これが、「空城の計」Absence castle strategy

と呼ばれるもので、一種のハッタリである)
  
司馬懿仲達 (1) へもどる
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ