英会話教材プライムイングリッシュ詳細



結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】

目的 英会話のスピーキングと、ヒアリングを習得
対象 早く上達、初心者を脱却したい方
価格 32,780円(税込  CD,テキスト) 


プライムイングリッシュとは?

~初心者脱却!最強英会話教材~




プライムイングリッシュとは?
これで英語が聴きとれる!音声変化ルールをマスター
初心者の方も安心。カタカナ表記対応で英語が分かりやすい
自然に話せるようになる3ステップスピーキングシステム採用!

英語は簡単に身につかない。
しかしちゃんとやればモノになる。

それが実感できる英会話教材が、プライムイングリッシュです。

教材内容
・CD12枚

・テキスト6冊

・教材の説明書

・メールサポート

など




プライムイングリッシュの開発者はSummer Rane(サマー・レイン)さんというアメリカの方で、以前TV番組「笑っていいとも・発音王」のコーナーで講師を務めたそうです。

日テレでは「世界一受けたい授業」にも先生として出演、現在ではYouTuberとしても活躍している有名なネイティブ講師なので、ご存知の方も多いかもしれません。

日本で英会話講師として英語を教えつつ、その経験から独自の発想による「プライムイングリッシュ」を開発しました。


では具体的にどんな特徴があるのか?注目したい重要ポイントがこちらです。

音声変化表記とカタカナ表記で初心者でも英語の特徴が分かりやすい。

サンドウィッチリスニングシステムというシステムによって、英語のリスニング力が劇的に伸びる。

英語が自然に話せるようになる3ステップスピーキングシステムを採用。



つまり、

「ナチュラルスピードの英語が聞き取れ、ネイティブのようなキレイな発音で話すことができ、 口から自然とフレーズが飛び出すようになる!」

というのが、プライムイングリッシュの特徴になっています。

(1)音声変化を知れば英語が自然に聴きとれる!

プライムイングリッシュでは話された英語の音声変化をマスターします。

音声変化のルールを身に付けることで、英語のリスニング力が劇的に変わります。

ネイティブが英語を話すときというのは、一つの単語を一つ一つ丁寧に話しているわけではありません。

ときに単語と単語の言葉が滑落したりしたりハブカれたりして、その音声変化に気づかないと、なかなか英語を聴き取ることができません。

音声変化には、省略や脱落、リズム、イントネーションなど様々な種類があります。

音声変化のルールを理解し、身につけることで、英語が劇的に聴きとれるようになるというのがプライムイングリッシュの考え方。

そのため音声変化を効率よく学べるよう、教材に工夫がほどこされています。

具体的には、英文には音声変化する箇所を記号や色付けで分かりやすく表記。

発音表記やカタカナ表記も対応しているので、初心者の方も安心です。

これらの仕組みを理解すれば、今までなぜ英語が聴き取れなかったのか。その理由がスッキリ分かります。


(2)サンドウィッチリスニングシステムで英語が「分かった!」を実感

次にご紹介したいのが、サンドウィッチリスニングシステムというプライムイングリッシュ独自のメソッド。

これは、英語をスラスラ聴きとれるようになるための仕組みです。

具体的にはどういうことかというと、

(A)英語をゆっくり聴いて英語の音を正確に把握します。

(B)次に自分で英語の音を確認し、正しい音を理解していきます。

(C)最後にナチュラルスピードの英語を聴いて、頭に音を定着させます。


このステップがプライムイングリッシュ独自のサンドウィッチリスニングシステムです。

指示の通りにトレーニングすることによって英語のリスニング力が無理なくアップ。ナチュラルスピードの英語でも、自然に耳がついていけるようになります。


(3)英語が自然に話せるようになる「3ステップスピーキングシステム」とは?

「6ヶ月後に英語が話せるようになる」と公式サイトで強調されているように、プライムイングリッシュは「英語を話せること」を重要視している英会話教材です。

英語を話せるようになるには、英語を話す練習が必要となります。

そのトレーニングを効果的にできるのが、3ステップスピーキングシステムです。

プライムイングリッシュではスピーキングにちょうどよい間があるので、いちいちCDを一時停止させる作業をせずに練習に集中できるような工夫が施されています。

Step1:日本語が流れ、その後に英語が流れた後に英語を真似る

Step2:次に日本語が流れた後に、アウトプットをして、その後に英語が流れるので、もう一度アウトプットをする

Step3:登場人物になりきって、実践をする


と言った手順の学習法です。

つまり英語を聴いて真似て、試して、モノにしていくという、自然なスピーキング練習法が3ステップスピーキングシステムです。


「他の英会話教材を試したけど、上手くいかなかった。今度は本気で英語を話せるようになりたい!」という方は特に注目。

プライムイングリッシュが英語を話せるようになるきっかけになります。

他の教材で失敗した人も必ず英語学習の成果を実感できると思います。


プライムイングリッシュ【体験談&評価】

ご協力「英会話ビギナーズWEB 」さま


プライムイングリッシュでは6冊のテキストが有りますが、それぞれの内容が充実しています。

まず学習を始める前に、じっくり「イントロダクション」のテキストを熟読しておきます。

イントロダクションのテキストでは、プライムイングリッシュがどのような理論に基いて開発された英会話教材なのか、その要点を分かりやすく理解できます。



特に重要なのは音声変化。

ココは日本人が英語を聞き取れない原因になっているので、この仕組を理解するだけでも、英語の聞き取り力の伸びが違ってきます。

大切な発音のポイント

プライムイングリッシュ独自の仕組みであるサンドウィッチリスニングの仕組みの解説。実際にCDで聴いてみると、これで英語の聴き取り力と話す力が同時に伸びることを実感できます。

こちらはプライムイングリッシュの独自メソッドである「サンドウィッチリスニング」のポイント。

サンドウィッチリスニングの流れ

プライムイングリッシュのスケジュール。忙しい方でも続けられるよう、無理なく英語に取り組めます。



スケジュールのサンプルです。「このように教材で勉強してください」というインストラクションが分かりやすいです。



カタカナ表記のルール。
英語と日本語は本当に違います。


音声変化のルール



英語の聴き取りは音声変化に対応できないと辛いので、音声変化ルールを理解しておくことが大切です。


それで肝心の本編のテキストですが、ムダのないシンプルな作りで、中学校の英語の教科書を、より分かりやすく、英会話向けにしたような印象です。



登場人物になりきりで英語を話すためのページなど、プライムイングリッシュはとにかく「英語を話す」ことに重点が置かれた英会話教材であることを実感します。


プライムイングリッシュには、白と青、合わせて12枚のCDがあります。





これらのCDを使ってトレーニングをしていくわけですが、ここでは、プライムイングリッシュ独自のサンドウィッチリスニングという方法でCDを聴いていきます。

基本的な流れは次のような感じです。

1・ネイティブ同士のナチュラルな会話を聴く。

2・ゆっくりスピードの英語(めちゃくちゃゆっくり)→日本語

3・ナチュラルスピードの英語→日本語

4・スピーキングトレーニング(3ステップスピーキングシステム)

1つの英会話をカタチ、方法、スピードを変えてリスニング&スピーキングしていくのがトレーニングの重要ポイント。

1つのセクションが終わる頃には、CDで流れる英語を自分で話せるようになっているという、驚きの内容です。

英会話のレベルとしては、日常会話中心の内容なので、そこまで難易度は高くはありませんが、英語を聴いて話すトレーニングは、慣れるまではなかなか大変でした。

ただ不思議なことに、きちんと練習していれば慣れるんですね。そして、前より「英語が分かった!」を実感できる回数が増えていきます。

この体験から、

「聞き流しでは英語は話せるようになりません。きちんとトレーニングが必要です!」

「この英会話教材をクリアするのは手間と時間がかかりますが、クリアすればその分だけ、英語がきちんと話せるようになりますよ!」

というプライムイングリッシュのコンセプトは間違いがないことを実感することができました。




※もし興味を持たれたなら、
こちらの公式ホームページで詳細をご確認ください。。

 
結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】



 トップページへ