英語教材 司馬懿仲達(4)「明帝死去」

231年2月諸葛亮は祁山(きざん)に出陣し、まず隴西方面の収穫時期である麦を奪おうとした。
ここで英語勉強〜〜
Sho Katsuryo tried to take the field in keyama (Affected, oh.) and take the wheat which is a harvest time of the Rou western side first away in February, 231.

これに察知した司馬懿は、追撃するが諸葛亮の影武者に惑わされ帰陣する。
諸葛亮は、まんまと麦を奪う事に成功している。
つぎに、麦刈りの蜀軍を襲うが、孔明の神兵のからくりにかかり「神出鬼没の計」と嘆息した。
司馬懿は、孔明軍に夜襲をかけるが、諸葛亮が潜ませていた伏兵に背後を突かれ大敗、敗北し、態勢を立て直し再び攻めるが、強襲にあい敗走し、孔明に敗北するが、魏と呉が手を組んだという噂を流して、
孔明を退却をさせた。

戦いでは常に孔明に先手を取られていたが、謀略では司馬懿の方が一枚上手だった。
ここで英語勉強〜〜
It was always forestalled by Kong-ming by a war, but Shibai was one-upmanship by a plot.

234年、諸葛亮は、最後の北伐を開始する。
対する司馬懿は、最初は孔明の木牛流馬(孔明の開発した輸送車)の 計にかかり、蜀の武将・廖化の伏兵にやられるが、渭水に陣をしき諸葛亮の策を見抜き大敗させた。しかし、司馬懿の偽投降させる作戦は、
諸葛亮は見破り逆に利用し司馬懿を強襲し大勝する。
敗北した司馬懿は、祁山を襲うと見せかけ、上方谷の食糧基地を襲う作戦に出た。

しかし、孔明の命を受け、司馬懿を誘い出した魏延の罠にはまり、地雷だらけの陣におびき出されて、一族もろとも焼き殺されそうになるが、突然の雷雨で助かる。
ここが英語英会話教材〜〜
But it's trapped by gien which received the life of Kong-ming and asked Shibai out and is lured out to camps full of land mines, and, with a clan, it's nearly burned to death, but it's saved by a sudden thunderstorm.

(魏延も巻き添えを食らうところであったが、これは孔明が意図してやったのではないかという説もある)
司馬懿を殺せなかった孔明は大いに 嘆き悲しんだという。
両者の戦いは五分五分。
互いに譲らなかったが、諸葛亮が五丈原に布陣したとき、司馬懿は魏朝廷より持久戦をせよとの命令を受けていたため、諸葛亮が戦いを挑んでも決して撃ってでなかった。
しかし、孔明より婦人の装飾品を送りつけられた司馬懿は怒り、朝廷に決戦を願い出たが、司馬懿の部下達はこれを諌め、魏宮廷からの命令を徹底した。
そして、流星が諸葛亮の陣営に落ちてまもなくして、諸葛亮が病没し、蜀軍は退却をはじめた
司馬懿は諸葛亮の死を察知し追撃してくるが、諸葛亮の生前の退却作戦により逆に司馬懿が逃げ帰る形になった。

人々は「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」と言い、司馬懿を笑った。
ここが英語英会話教材〜〜
People said "I make Shiyokatsu who can die and Naka and others who can grow run." and laughed at Shibai.

(演義では、孔明の像を作り、それを見て諸葛亮が生 きていると仰天した司馬懿は、慌てて軍を退却させたという)
諸葛亮孔明という最大のライバルを退けた司馬懿は、部下に後を任せ中央に帰還した。
孔明が死去した3年後の237年、遼東の公孫淵が反旗を翻した。
明帝より討伐の勅命を受けた司馬懿は軍を率いてこれを破り、公孫淵を斬り、襄平を平定した。
しかし、2年後の239年。

明帝は幼い子の曹芳(そうほう)の補佐を司馬懿と曹爽(そうそう)に頼み死去する(34歳)
ここが英語英会話教材〜〜
Emperor of Ming asks to assist with souhou of a young child (way where I meet) with Shibai in sousou (immediately), and dies (34 years old).

 英語教材 司馬懿仲達 (1) へもどる
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ