「諸葛亮 」まゆみの英会話勉強教材

■諸葛亮(英語英会話の発音 Zh? g? liang)は司隷校尉諸葛豊の子孫。
泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。
蜀漢の建国者である劉備と出会い、創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。
伏龍、臥龍とも呼ばれる。
今も成都や南陽には諸葛亮(英語英会話でZh? g? liang)を祀る武侯祠があり、多くの観光客との出会いがある。
妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹(成都付近)で戦死した諸葛瞻。
孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。
親族として従父(叔父)の豫章太守諸葛玄、兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。
一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。


■三顧の礼〜運命の出会い
華北では、建安5年(200年)に曹操が袁紹を打ち破って覇権を手中にし、南進の出会い縁の機会を窺っていた。
劉備(英語の発音 Liu Bei)は袁紹の陣営を離れて劉表を頼り、荊州北部・新野(河南省南陽市新野県)に居城を貰っていた。
諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)は晴耕雨読の毎日を送っていたが、友人の徐庶が劉備の出会い、彼の下に出入りして、諸葛亮のことを劉備に話した。
人材を求める劉備は徐庶に諸葛亮との出会い縁を頼んだが、徐庶は「諸葛亮は私が呼んだくらいで来るような人物ではない」と言ったため、劉備は3度諸葛亮の家に足を運び、やっと幕下に迎えることができた。
これが有名な「三顧の礼」である。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
This is famous "due courtesy."
裴松之の注によると、『襄陽記』には、劉備劉備(英語の発音 Liu Bei)が人物鑑定家として有名な司馬徽を訪ね、司馬徽は「時勢を識るは俊傑にあり」として「臥龍」と「鳳雛」、すなわち諸葛亮と?統とを薦めたという話が載る。
また『魏略』には、諸葛亮の方から劉備を訪ねたという話が載っていたという。
その後に裴松之自身の案語として、「「出師表」には明らかに劉備が諸葛亮を訪ねたと書いてある。
それなのにこんな異説を立てるとは、実にわけの分らぬ話である」とある。
この時、諸葛亮は劉備に対していわゆる「天下三分の計」を披露し、曹操・孫権との出会い縁を避けてまず荊州・益州を領有し、その後に天下を争うべきだと勧めた。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
At this time, Ryo Chuko announced what is called "the total for world 3 minutes" to Liu Bei.
これを聞いた劉備は諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)の見識に惚れ込み、諸葛亮は劉備に仕えることを承諾した。
これを孔明の出廬と呼ぶ。二人の出会いである。




■まゆみの英会話「赤壁の戦い」
建安13年(208年)、劉表陣営では劉jが後継となることがほとんど決定的となり、劉gは命すら危ぶまれていた。
劉gは自らの命を救う策を諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)に出会い、聞こうとしていたが、諸葛亮の方では劉表一家の内輪もめに劉備共々巻き込まれることを恐れて、これに近寄らなかった。
そこで劉gは一計を案じて高楼の上に諸葛亮を連れ出し、登った後ではしごを取り外して、諸葛亮に助言を求めた。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
Then, 劉g thought out a plan, after it took out 諸葛亮 and reached on the high tall building, it removed the ladder, and it asked 諸葛亮 for advice.
観念した諸葛亮は春秋時代の晋の文公の故事を引いて、劉gに外に出て身の安全を図るよう薦めた。
劉gはこれに従い、その頃ちょうど江夏(現在の湖北省武昌)太守の黄祖が孫権に殺されており、空いていたこの地に赴任する事にした。
劉gの兵力は後に劉備(英語の発音 Liu Bei)たちが曹操に追い散らされたときに貴重な援軍となった。
同年、劉表が死去。その後を予定通り劉jが継ぐ。
〜ここが、まゆみの英会話教材〜
劉表 died in the same year. And 劉表 became a successor as planned.
諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)は劉備に出会い、荊州を取れば曹操に対抗できるとすすめたが、劉備はこれに難色を示す。
まもなく曹操が南下を開始すると、劉jはすぐさま降伏した。
劉備(英語の発音 Liu Bei)は曹操の軍に追いつかれながらも、手勢を連れて夏口へ逃れた(長坂の戦い)。
孫権陣営は情勢観察のため劉表の二人の息子への弔問を名目に魯粛を派遣してきていた。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
The right camp of 孫権 was dispatching 魯粛 for a call of condolence to two sons of a 劉 table to the title for situation observation.諸葛亮(英会話の発音 Zh? g? liang)は魯粛と共に孫権と出会い、曹操との交戦と劉備(英語の発音 Liu Bei)陣営との同盟を説き、これに成功した。
この際、孫権から「劉豫州(劉備)はどうしてあくまでも曹操に仕えないのか。」と問われ、諸葛亮は答えた、
「田横は斉の壮士に過ぎなかったのに、なおも義を守って屈辱を受けませんでした。
まして劉豫州(劉備)は王室の後裔であり、その英才は世に卓絶しております。
多くの士が敬慕するのは、まるで水が海に注ぎこむのと同じです。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
It is as the same as water pours into the sea completely that many soldiers adore.
もし事が成就しなかったならば、それはつまりは天命なのです。
どうして曹操の下につくことなどできましょうか。」
その後、赤壁の戦いが起こる。
劉備・孫権の連合軍は曹操軍と長江流域で出会い、対決し、勝利した。諸葛亮 後編

  English を志す皆さんへ へもどる
まゆみの「英会話教材Best Matching」挫折させない英語英会話教材選び HOME へ