高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~「オンライン英会話レッスン」


本ページはプロモーションが含まれています。




p(*^-^*)q

ご訪問ありがとうございます。
Mayumi 高卒のOLです。
昔は英語劣等生でした。
いろいろありましたが、現在は英語/英会話を活かせるお仕事で、充実した毎日を送っています。

~継続は力なり~

英語/英会話の勉強法や、練習教材には、いろいろ有りますが、最も大切なポイントは、「続けられること」です。
そのためには、毎回ストレスフリーで、楽しく練習できる教材を使うことが不可欠です。
人って、最初はやる気満々でも、だんだんとモチベーションは下がってしまうからです。
当ページでは、これまで様々な英会話教材を試してきましたが、その中から、挫折無しで最後まで続けられる教材・講座をとりあげています。
(^^♪




以下は着実に英語ペラペラ人になるまでのステップアップ行程です。

1:土台となる英語力があり、ある程度聞き取れる
そのため忘れてはいけないことは、中学レベルでいいですから単語力と文法力を復習しておくことです。

2:時間をかければ会話ができるように
返答に時間がかかり、もたつく自分を相手がくみ取ってくれればコミュニケーションがとれます。

3:考えたことを英語で瞬発的に話せる
英語がペラペラと言われるのは、一般的に会話のキャッチボールがスムーズな状態をいいます。
相手の言っていることを日本語を介さず理解でき、また自分の言いたいことも日本語から英語に訳すのではなく、英語のまま瞬発的に話せるのが目標です。

このくらいになると、、最高に英会話練習が楽しくなります。。

今の嬉しさ、幸せを是非みなさんと共有したくって、この英会話勉強法 /教材の選び方のページを立ち上げました。
管理人 まゆみ(OL)
p(*^-^*)q がんばっ♪



(1)独学でスピーキングを上達するには




独学でスピーキングを学習するのはなかなか難しいです。
英単語、英文法、英作文、リスニングは、ちゃんと記憶したか、英文は正しく読めたか、自分の書いた英語は正しいか、ちゃんと聞き取れたか、というように、理解の度合いが測定できます。
しかし、スピーキングについては、独力だけでは、なかなか測定するのが困難です。
特に発音においてはそれが顕著です。

もちろん、英文を音読して、ICレコーダーなどに録音し、ネイティブの発音と自分の発音を比較して、よいか悪いかをある程度判断することはできます。
しかし、判断するのはあくまでも自分ですので、本当に正しいかどうかはわかりません。


正しく発音できているかどうかは、ネイティブに判断してもらうことが、どうしても必要となってきます。
自分のまわりに、そのようなネイティブがいる人は、ぜひお願いして、発音をチェックしてもらうのがいいでしょう。
しかし、まわりにネイティブがいない人はどうするのか?
ここ数年前から、この分野でとてもいいサービスが増えてきました。
それは、オンライン英会話を活用することです。
オンライン英会話では、スカイプを利用して、ネイティブから直接指導を受けることができます。
もちろんリスニング能力向上にも役立ちますが、それ以上に活用していただきたいのは、自分の発音のチェックです。
明らかに自分が話す英単語や英文法が間違っていれば、もちろんネイティブはその指摘をしてくれます。
ただ、発音が多少悪くても、正しい英語で話していれば、なかなか発音についても指摘をしてくれません。
そこで、ネイティブの先生にお願いして、「発音重視でチェックしてほしい」と伝えれば、もちろんそのように指導してくれます。



とにかく、
大量に英語を話す、ということが日本の学校英語ではスッポリと抜け落ちています。
話す機会を大量に持つことが最も大切な英会話上達法なのに。
とくに発音などは独学では難しいが、マンツーマンで指摘してもらう機会を持てばそんなに難しくないはずです。

「どうやって話す機会を持つか?」

外国人の友人を作って話す機会を持ってもいいが、習慣化が難しいし、文法・発音の間違いを指摘してもらいづらいはずなので、この段階では以下の2つの英会話上達法をおすすめする。


①(フィリピン)語学留学
留学では強制的に英語を話す環境ができるので、手っ取り早い。
「英会話上達法」限定で考えると、カナダやアメリカへの語学留学よりフィリピンの格安語学留学のほうが効率が良いと感じる。
私は2カ月間フィリピンで勉強しましたが、食費・寮費などすべて合わせても30万円もかかかりませんでした。
私の場合は、平日には毎日60分×6回のマンツーマンレッスンを受けていました。
1対1なので、発音・文法の間違いについてはすぐにその場で指摘してもらえました。
1日6時間話せば私でも英語力はかなり上達しました。
まさに最短の英会話上達法でした。

常々「フィリピン人の英語は発音が悪いよ。」ということを良く聞かされましたが、実際には、決してそんなことはありませんでした。


②オンライン(Skype)英会話
海外留学ができない人には、オンラインレッスンが圧倒的におすすめです。
システムとしては、

「1日30分毎日、マンツーマンレッスンが受けれる」

「24時間いつでも可能」

「予約は15分程前までOK」

などというものが多いです。

どこの会社もキャンペーンをいつでも行なっているため料金はかなり安い。
実際に英会話スクールに足を運ぶより断然安いし、時間もかからない。
たいてい無料で2回くらい体験レッスンが受講ができるので、まずは思い切って試してみることをオススメします。


オンラインで練習する前に基本的な発音については最低限自分で練習しておきましょう。
代表的な例で言えば
「f」の発音で下唇を歯に当てる
「l」では舌を前歯に当てる
「th」では舌を歯で挟んで音を出すといったように、こうした基本的な発音については初学者の時点から練習しておくのをオススメします。
正しい発音を心がけながら進めると、スピーキングを本格的に練習する時に下地が自然と作られるはずです。
特に「l」と「r」の違いは日本人には判別が難しかったり、あべこべに伝わって苦労するのはお約束のようになっているので、発音記号を見て正しく発音できるようにしておきましょう。
ではスピーキングを本格的に練習するとして、これまでと異なるのは独学では難しいということです。
一応、独り言で英語をブツブツ話すことはとても良い練習になるのですが、やはり対面で話すのが基本です。
そこで選択肢としてあがるのが英会話スクールに通うのかオンライン英会話を利用するのかということですが、実は私はオンライン英会話しか活用してきませんでした。
理由としては英会話スクールはマンツーマンだと1時間7000円ほどしてしまうのに対して、オンライン英会話では月6000円も払えばほぼ使い放題という価格設定で、当時はそれほどお金を持っていたわけでもなく、とにかく英語が上手くなりたいという意識が先行していたのでオンライン英会話を使い倒していました。
確かに1時間7000円というのは駅前という立地や講師の給与を考えると仕方ないですし、対面ということでより効果は上がると思います。
ただし1週間に5時間利用すれば月15万円にもなることを考えると、オンライン英会話を使うほうが遥かに経済的です。
オンライン英会話がなぜ安いのかというと物価の安いフィリピンの講師を起用し、また都心部の駅前のような立派な場所に設備を置く必要がないのが主な理由だそうですが、かといって講師として決してレベルが低いわけでもなく、学習者のレベルに応じてレッスン内容も変更できます。
1レッスン約150円ほどで、無料体験期間もありますので、スピーキングを学習したい方はまずはトライしてみると良いでしょう。




(2)オンラインでの英会話勉強を検証

Part 1 おすすめポイント
まず、オンラインsystemでの英会話勉強をの長所おすすめポイントについてです。
オンライン英会話は通学スクールと比較して低価格で、しかもお気軽に自宅でレッスンが受けられるとても便利なサービスです。

英語ペラペラ人を目指す皆さんには、かなり効果的な英会話勉強法です。

そのおすすめポイントです。


(a)圧倒的な価格の安さ
オンライン英会話の一番の魅力は、何と言ってもその安さでしょう。
オンライン英会話の一般的な価格は、30分程度のレッスンを毎日受けても月々5,000円程度です。
これは1回あたりのレッスン単価に換算すると150円程度という安さです。
一般的な通学の英会話スクールの場合、マンツーマンレッスンの相場は1回40分で5,000円~8,000円程度ですので、通学スクール1回分の費用で1ヶ月間毎日レッスンが受けられるということになります。


(b)マンツーマンレッスン
オンライン英会話では、マンツーマンレッスンが基本となります。
マンツーマンレッスンの場合はとにかくスピーキング量を担保できる上、講師も受講生のレベルに合わせてレッスン内容やカリキュラムをカスタマイズできるため、グループレッスンよりも短期間で効率よく英語を上達することが可能となります。
また、マンツーマンであれば講師への質問もしやすく、英語を話す際の恥じらいも必要ありません。本気で英語を伸ばしたいならマンツーマンでのレッスンは必須ですが、英会話スクールでのマンツーマンレッスンはグループよりも遥かに高い金額がかかってしまいます。


(c)英会話の量を担保できる
英語ペラペラ人になるには、何と言っても量をこなすことです。
日本人の場合は多くが既に文法や語彙、構文理解といった英語の基礎力は身につけているので、あとは一定の時間をスピーキングやリスニングといった会話に必要なスキルを伸ばすトレーニングに費やすことで、誰でもしっかりと英語での会話ができるようになります。
英語学習は「質」も大事ですが、それ以前に重要なのは「量」なのです。その「量」を担保するうえで何より効果的なのが、オンライン英会話です。
上記で説明した通り、オンライン英会話はレッスンあたりの単価が安く、かつマンツーマンでレッスンが受けられますので、英会話の量を担保する上で最適です。


(d)好きな時間や場所で受講できる
オンライン英会話は、早朝や深夜などでもレッスンが受講できる点も魅力です。
レッスン可能時間は会社によっても異なりますが、朝は5時か6時から、夜は深夜1時までレッスンを受けられるのが一般的です。中にはEFイングリッシュライブやネイティブキャンプのように24時間レッスン可能なサービスもありますので、日中は仕事で忙しい社会人の方でも、朝の出勤前の時間帯や帰宅後の深夜の時間帯などを有効活用でき、日常の生活サイクルの中に英会話の時間を組み入れることが可能です。

そして、レッスンが開始される5分~10分程度前までの予約が可能です。
そのため、今すぐ英会話のレッスンを受けたいという方や、予定が不定期なので時間が空いたときだけレッスンを受けたいという方にも最適です。
この点もスクール通学とは違う大きな魅力です。

さらに、オンライン英会話では、時間だけではなくレッスンを受ける場所やデバイスにも制約がありません。
多くの場合、SkypeさえつながればPC・スマホ・タブレットなど好きな端末でレッスンを受けることが可能で、ビデオも必ずしも利用する必要はありません。室内でも屋外でも、好きなときに自由にレッスンを受けられます。


(e)講師を自分で選べる
オンライン英会話の大きな魅力の一つは、講師自体も自分の好みに合わせて自由に選べるという点です。
英会話スクールでは講師やクラスの変更は可能ですが、基本的にはスクール側のカリキュラムや都合に合わせて講師が割り当てられています。
しかし、その講師が必ずしも自分と相性が合うとは限りません。
オンライン英会話の場合、国籍や写真、指導歴、趣味、経歴などのプロフィールに基づいて講師を最初から自分で選ぶことが可能です。気になる講師がいれば一度レッスンを受けてみて、気に入ればそのまま継続、気に入らなければそれきりで終えることもできます。
英語の学習効率を高める上では講師との相性は非常に重要ですが、その点オンライン英会話は自分で自由に講師を選択できる点が大きなメリットだと言えます。

一人の講師に限定されることなく、様々な講師のレッスンを受講できるということは、発音や語彙の癖などがいろいろ異なる講師のレッスンを受ければ受けるほど、より実践的な英語力を身につけることができます。
特に、英会話のレッスンとなると講師の発音を気にされる方も多いのですが、実際のビジネスの現場では英会話講師のように綺麗で流暢な発音で英語を話すメンバーばかりとは限りません。むしろ、国籍によってそれぞれ英語の訛りがあるのが普通です。
そのため、実践力を磨くという意味では一人ではなく様々な講師と英会話ができるオンライン英会話はとても魅力的なサービスだと言えます。


(f)無料で教材が利用できる
オンライン英会話サービスの多くが、受講生向けに無料で教材やカリキュラムを用意しています。
日常英会話やビジネス英会話、TOEIC・TOEFL対策、発音矯正など目的別に教材が分かれているのが一般的で、目的に応じて必要な英語を体系的に効率よく学べるように作りこまれています。
また、教材を利用したレッスンはもちろん、講師と自由に話すフリートークや、ニュース素材や動画素材を使ったディスカッションのレッスンなど様々な形態のレッスンを受けられるので、飽きずにレッスンを続けることができます。


Part 2 問題点と対策

オンライン英会話の良いところを述べてきましたが、もちろん問題点もありますので見ていきましょう。


(a)講師の質のばらつき
オンライン英会話サービスの運営会社の多くが自分の講師のレベルの高さをアピールしています。
しかし残念ながら、中にはレッスンのクオリティが低い講師がいるのも事実です。
プロフェッショナルとしての自覚を持ち、責任感と情熱を持って指導にあたってくれる講師がいる一方で、大学生のアルバイト感覚でレッスンをしている講師にあたってしまうこともあります。
全体的には、特に年齢が若い講師はブレが多い傾向にあります。
でも、オンライン英会話では講師が気に入らなければ次は予約しなければよいので、講師の良し悪しや、自分に合っているかとかを早めにに判断しましょう。

こうした講師にあたらないためには、できる限り指導経験が豊富なベテラン講師を中心に選んでレッスンを受けることです。
一般的にレッスン予約時に講師のスケジュールが見えるようになっていますので、できるかぎり予約が埋まっている人気の講師を中心に選ぶようにするとよいでしょう。



(b)続ける難しさ
オンライン英会話のメリットはいつでもどこでも好きなときに受講できるという点なのですが、このシステムはレッスンの受講に対する強制力がないため、受講者に学び続ける意思がないと、どうしてもレッスンを継続することが難しくさせる弱点でもあります。
英会話スクールに通学する場合はレッスンの曜日も時間も決まっているため、比較的続けやすいのですが、オンライン英会話の場合は予約もキャンセルも簡単にできるがゆえに、自分自身に対する甘えが出やすいのです。
最初はやる気を出して毎日レッスンを予約していたとしても、忙しさを理由にいずれ毎日が2日に1日のペースとなり、やがて週末だけになり、そして最終的には全くレッスンを受けなくなる、というのはよくあるパターンです。毎回レッスンを予約しなければいけない手間も、継続のモチベーションを下げる要因の一つとなります。

こうした英語学習の挫折を防ぐうえで有効なのは、レッスンが終わった段階で次のレッスンの予約をしてしまうことです。
レッスン終了後は毎回開放感に溢れて画面を離れたくなるのが常ですが、そこをぐっと我慢して次のレッスンを予約するまではサイトを閉じないようにするよう癖付けしましょう。


(c)人気講師の予約の難しさ
オンライン英会話では講師は割り当て制ではなく受講生が自由に選択できるシステムが一般的なので、どうしても人気の講師に生徒の予約が集中してしまい、結果として実力のある人気講師のレッスンはいつも予約がとりづらく、なかなかレッスンが受けられないという事態が発生しがちです。
レッスンの予約は早い者勝ちですので、こればかりはできる限り早いタイミングで予約を入れるように努力するしかありません。

こうした場合におすすめなのは、レッスンを早朝に受けることです。
基本的に翌日のレッスンは時間が経過すればするほど予約は埋まっていきますので、早朝のレッスンが終わった段階の翌日の予約をとるようにすれば、比較的予約をとりやすくなります。

また、毎日レッスンを受ける講師と時間を固定してしまうことで、他の受講生に自分と同じ講師、同じタイミングでの学習リズムを作らせないという手も有効です。講師の中には、レッスンを何度も重ねて親密な関係になると、自分のために「いつもの時間」をスケジュールからブロックして他の受講生が予約できないように空けておいてくれる方などもいます。



(d)講師を選ぶ手間
オンライン英会話の良い点は毎回好きな講師を選んで予約できるという点なのですが、しばらくすると、講師を選ぶ手間が煩わしくなることもなります。

講師を選んでいるだけで10分使ってしまったということもよくありますので、早めにお気に入りの講師と時間を固定してしまうか、プロフィールなどはあまり気にせずランダムで講師を予約するように心がけるとよいでしょう。

講師との相性はとても重要ですが、相性はいくらプロフィール画面を見ても、実際にレッスンを受けるまではなかなか分かりません。
写真の印象やプロフィール上はあまり相性がよくなさそうでも、いざレッスンを受けてみると自分にぴったりフィットする講師だったということもよくありますので、あまり悩み過ぎずにどんどん予約してしまうこともおすすめです。


(e)上達への壁
オンライン英会話を一定期間続けると、多くの方がぶつかる壁があります。
それは、問題なく英語で意思疎通ができるようにはなったけれど、なぜか上達を感じられないというものです。
多くの場合、英語学習者は頭の中に一度英語で話す回路ができてしまえば、英語で会話を続けることは難しくなくなります。
しかし、新たな語彙や表現、言い回しなどを覚えていかない限り、常に自分自身が持っている現状のボキャブラリーの中だけで文章を作ってしまうので、いつも同じような言い回し、表現となり、なかなか会話表現の幅が増えていかないのです。

このような事態を防ぐためには、アウトプットの訓練だけではなくインプットの訓練も継続して行う必要があります。
そこで大事なのは、英語学習に対して明確な目的を持つことです。

設定するゴールはTOEICやTOEFLなどのスコアでも構いませんし、毎日新しい表現を一つだけ覚えると、いったルールでも構いません。
オンライン英会話は自由度が高い反面、強制度は低いため、いかに自分自身でモチベーションを維持しながら英語学習を継続できるかが重要なのです。

まとめ
いかがでしたでしょうか?
オンライン英会話ほど低価格で手軽に英会話のトレーニングができるシステムは他にありませんので、英語ペラペラ人を目指す方にはぜひ、おすすめポイントの勉強法です。。。




フィリピンの大学生・卒業生による低料金オンライン英会話「hanaso」



オンライン英会話「hanaso」

hanasoは、フィリピンの有名大学在学生・卒業生を中心とする優秀な講師陣で構成されるオンライン英会話です。
「世界一わかりやすい英会話の授業」の著者としても知られる関正生氏が監修した教材を使用し、hanaso独自の反復学習システム「hanasoメソッド」によるレッスンを受けられます。
顧客満足度は90%を超えるなど非常に高く、日本語が話せる講師の充実やサポート体制などにより英会話初心者からの支持も高くなっています。
価格面も非常にリーズナブルでおすすめのオンライン英会話サービスです。
詳細


「30日間英語脳育成プログラム」

ロングセラー英会話教材「30日間英語脳育成」が【オンライン版】に進化!!
1ヶ月の集中特訓、短期集中で実力アップ!

無料体験版を試聴できます。


30日間英語脳育成プログラムとは

(1)30日足らずで、ネイティブから発せられた英語が聞き取れるようになります。
(2)多くの官公庁、一般企業や、英会話スクールが指定教材として採用しています。

教材の内容

オンラインの英会話教材。
スマホやPCでネットにつなげば、場所や時間を選ばず練習できます。。

英語が聞き取れない悩みを解決!

「読み書きは得意だがヒアリングが全然ダメ・・・」
英会話の学習の初心者にとって、これが最大の悩みでしょう。
30日間英語脳育成プログラムは、このような英会話の学習者が抱える悩みから生まれた教材です。

【英語脳】とは何?

英語が日本語を中継せずに、そのまま理解できる能力が英語脳です。
バイリンガルや優れた通訳者が持つ、日本語に訳さなくても、ダイレクトに英語が分かる能力です。

英文を読むだけ・書くだけなら、英語脳は必要ありません。
自分のペースで作業ができるし、わからないことは辞書を引いたり、意味を確認する時間があるからです。

ところが、英会話は相手とのキャッチボール。
相手が話したことを、脳内で日本語に変換していたら、とても会話になりません。
相手の言っていることを瞬時に理解し、かつ英語で答えるのが英会話、コミュニケーションだからです。

この意味で、英語が使えるということは、日本語に置き換えることなく、ダイレクトに英語が理解できる力を身につけることを意味します。

30日間英語脳育成プログラム 教材のポイント

英語脳育成のためには、次の5点が重要だと考えられています。
30日間英語脳育成プログラムは、これらの理論を取り入れ、効率的な学習ができるように作られています。

1・ナチュラルスピードで聞き取れること

日本人には、欧米人の会話はかなりハイテンポに感じられます。
しかし、彼らにすれば普通のナチュラルスピードなんです。
ということは、そのスピードに慣れることが英会話上達一番の近道。
日本人向けにカスタマイズされたスローイングリッシュではなく、ナチュラルスピードの英語を聞き取ることが大切です。
30日間英語脳育成プログラムは、このスピードに慣れるため、リスニング重視のカリキュラムになっています。

2・耳で英語をインプットすること

30日間英語脳育成プログラムによると、聞き取りができない原因は、目、つまり視覚情報に頼るリスニングをしているから。
テキスト見ながら聴くなど、目を使ったリスニングが聞き取れない理由だとい言います。

3・音と文字を一致させること

can という助動詞があります。これをキャンと読んだと思います。
ところが、実際の会話でキャンと発音されることはなく、[kn]クン・canカンと発音されるのが一般的。
こうした文字と音の不一致を正すことが、英会話をスムーズにするポイントです。

4・語順のまま頭から理解すること

日本人の場合、英文和訳の弊害で、どうしても英語を日本語に置き換えて理解しようとしてしまいます(返り読みの問題)。
例えば、I have a car. という英文を理解するとき、

I have a car.
① ③ ②
I → a car → have.

私は→車を→持っている

という語順で理解しようとしてしまいます。
読み返しができるリーディングなら対応できますが、実際の英会話では、このような「日本式英語」では追いつきません。
なぜなら、声は音が聞こえた瞬間消えてしまうからです。
このようなメソッドで英語を理解するのではなく、聞こえた語順のまま、順番に理解できる力が必要です。

30日間英語脳育成プログラムでは、語順のまま理解できる訳読法になっています。
このプログラムは、返り読みの矯正ができる数少ない英会話教材なので、手順に従ってトレーニングをするだけで、日本語なしで英語が理解できるようになります。

この英会話勉強法のメリットは「英語が聞き取れない」原因を消し去るだけでなく、スピーキングの上達、リーディングの読解スピードアップなど、様々な英語上達効果も付随してきます。

5・練習を積んでいくと・・・

繰り返し練習していると、無意識にできるようになります。
体が方法を覚えてしまえば、後は面白いように英語脳の進化が進んでいきます。
ちなみに30日間英語脳育成プログラムは8日間、Story.No.0まではキャンセル可能です。
もし、興味を持たれた方は実際に試して、効果の有無をご確認ください。。


コチラの販売元ウエブサイトからどうぞ。。
 
30日間英語脳育成プログラム

 

レアジョブ英会話が100万人に選ばれる理由



毎日話せる「レアジョブ英会話」


(1)レアジョブ英会話は、オンライン英会話サービスの提供をはじめて今年で15年目となります。(2023年1月現在)
これまで100万人以上の会員の皆様がレッスンを受講しており、オンライン英会話の企業調査で、 「価格への満足度が高い」「ビジネス英会話が身に付く」「自分に合った講師を選びやすい」の3項目でNo.1に選ばれています。

(2)マンツーマンレッスンが "25分173円~"
料金はすべて定額制。どれだけ受講しても追加料金は一切発生しません。毎日レッスンを受講しても25分173円~。
通学制スクールと比べて圧倒的に安いので気軽に始めて、無理なく続けられます。
(毎日100分プランの料金21,480円(税込)を1か月で割った金額です。)
詳細


「Kimini英会話」

Part1 「Kimini英会話」の特徴

学研から待望のオンライン英会話講座登場!
初心者の方でもシステムに身をゆだねると、グングン上達。
いつの間にか『話せるようになった自分』に気がつきますよ。。
オンライン英会話では希少な「コース」としての学習プランです。

<コース>とは
(1)学習の目標やレベルに合わせて編集された様々なカリキュラムをご用意。
(2)上達度チェックテストを交えながら進めていきます。
(3)j受講者はレッスンの日時を指定して予約するだけ。
あとは「どの内容をいつどの順番でやればよいのか」は、システムが的確に案内してくれます。


Kimini英会話の七つの特徴

(1)学研ブランドの安心感
まず、運営が学研グループということで安心なのがおすすめの理由。

(2)レッスンやテキストがしっかり構成されている
実際に中身を見てみると、レッスンやテキストがいかにも「スクール」といった感じでしっかりしています。テキストは主に学研グループが出版しているものから選ばれているので、日本人にもなじみやすいですね。
レッスン内容も、文法事項や会話シチュエーションに沿って進められるので、フリートークばかりガンガン!ということはありません。
これも、初心者には適したレッスンの流れになっています。

(3)予習・復習もKimini英会話の指示にお任せ
レッスン内容だけでなく、予習・復習内容まで、Kimini英会話で用意してくれています。

(4)パソコン操作が苦手でも問題なし
Kimini英会話では、Myページにログインしてからブラウザ上でレッスンを受けられます。
操作が簡単なので、パソコン操作の苦手な方でもストレスなく進められます。
使用ブラウザはFirefoxかChromeで、普段Internet Explorerを利用している方にはちょっぴり不満かも。

(5)初めの10日間は無料!
一般的に、最初の1回や1週間だけ無料の場合が多いので、Kimini英会話はしっかりと体験評価できます。

したがって、どのオンライン英会話にするか悩んでいるのであれば、とりあえず登録だけ済ませて無料レッスンを何回か受けるだけ受けてみてはいかがでしょうか。

(6)レッスン代は「スタンダードプラン」で月5,480円(税別)と、オンライン英会話の中では平均的。
金額的にはそれほど安いというわけではありませんが、サービスの親切さを加味すると、かなり格安感のある値段設定です。

(7)全部自分で計画したい人 → 合わないかも?
ある程度英語力があって、自分で学習計画を立て、フリートークをがんがん経験して会話量を増やしたい人には、Kimini英会話はおすすめできません。
予習・復習内容が決まっているのも、窮屈な面もあります。
何回かレッスンを受けてみて上記のように感じる方は、他のオンライン講座を試してみるとよいでしょう。



※もし、「kimini英会話」に興味をお持ちなら、運営側の公式ウエブサイトをご訪問なさってはいかがでしょうか。
当ページなどより分かりやすいですし、全容を知ることができます。


 

学研グループのオンライン英会話





英検に特化した旺文社英検ネットドリルの評判

子供向けオンライン英会話ならハッチリンクジュニア

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話【NativeCamp】

プログリット(PROGRIT)は、3ヶ月集中で英語力を伸ばす!

三か月後の結果にコミット・オンライン英会話「RIZAP ENGLISH」

「HiNative Trek」ビジネス英語コース<スマホ1台>体験評価

ウィリーズ英語塾の評価メリット・デメリット

オンライン英会話Best Teacher(ベストティーチャー)の口コミ・評判!

産経オンライン英会話Plusを体験評価

DaiGoさん推奨のオンライン英会話「AQUES」の凄さとは?

NOVA LIVE STATION 30日体験評価

NOVA 新お茶の間留学を検証

たったの10時間で英語が喋れる短期集中オンライン英会話イングリッシュブートキャンプ

eduoで英語と感性を磨く!新感覚英語教材

新しい英語力判定テスト「CASEC(キャセック)」

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~英検対策なら「Z会Asteria」オンライン

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~自分に合う学習方法の【イープロ オンライン英会話】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~発音矯正スクール【ハミングバード】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~挫折させない【ロゼッタストーン・ラーニングセンター】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~目標達成に焦点を当てた【ENGLEAD(イングリード)

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~楽しく学べるオンライン【Novakid】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~小学生で英検二級【GO School】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~【1日たったの1時間!?】スピークバディ パーソナルコーチング

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~女性限定【わたしのオンライン英会話】

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~スタディサプリENGLISH ビジネス英会話セット

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~「新日常英会話コース」受講レビュー!

高卒OLの英語リスニング・スピーキング対策~ 中国語なら「CCレッスン」



トップページ