社会人の英会話勉強法&教材選び



ご訪問ありがとうございます。
管理人まゆみです。OLです。
さて、


ついにワクチン接種二回目完了!でも・・・
2021/10/10
ついに私もワクチン接種を二回打ち終えました。
\(^o^)/
でも・・・
それでも、ウイルスを吸い込んでしまえば、一応は感染しちゃうみたいです。もちろん無症状のまま、ミクロの戦士たちが退治してくれるんですけど。
それでも他の人にうつす危険はあります。
なので、もうしばらくは従来どおり、超基本の【マスク】だけは忘れないようにしたいと思います。





何でネイティブが話す英語についていけないの?
ヒアリング勉強のコツって??



(1)話された英語では、音の連結と脱落が起きている

話される英語の中で、単語の【アクセント】は超重要なキーポイントです。
各単語のアクセントの部分は、ゆっくり、ハッキリと発音し、他の所はひたすら弱く軽く発音されます。。
その結果、例えば電車内のアナウンスで「The next station is Shinjyuku.」は、「ザ ネクスト ステイション イズ シンジュク」ではなく  「ザクステイショニズシンジュク
と発音され、学校英語が身についた私たち日本人には全く馴染みの無い独特なリズムになるんです。
この独特なリズムが、相手の話を聞き取りにくくしている原因でした。

ちなみに、アメリカ英語では a lot ofが[アラーラ]、get out ofが[ゲラゥラ]のように聞こえることがよくあります。
これらは、ofの[v]が脱落し、[ə]が直前のtに連結、さらにこの[t]が[l]のような音に変化した結果の発音です。」

(2)語順の違い

日本語は語順が特殊なので、「I love you.」という英文を、わざわざ返り読みを駆使して「私は あなたを 愛しています。」と訳す習慣が身に付いてしまっています。から、理解にもたついて【ネイティブは早過ぎ!!】と感じてしまってたんです。
英会話で上達する人は「私は 愛します あなたを」と、英語の語順どおりにイメージしています。



英語勉強の早道「英文法を知ること」

英語の法則を知ることが大切

南の離れ小島に埋もれている宝箱を掘り出す探検の旅に出るとしましょう。
必要なものは何でしょうか? 地図ですよね。地図を持たず、やみくもに船を出すわけにはいきませんね。
英語もそれと同じことです。英語を攻略する方法がなくては、いつまでたっても上達することができません。
そのキーが、英文法なのです。
アメリカ人の子どもが数年で英語を身につけられるのと同じような環境に、簡単には身を置けない大人の我々は、英語の攻略方法を知ることによって、大人であるからこそ可能な方法で、短期間で効率よく英語を身につけることができるのです。
英文法と言えば、学校時代の英語のことを思い出し、苦い思い出しかないかもしれません。

英語ができなかったという勉強面での苦手意識が強い人は、思い切って中学1年生の文法から始めてみるのも効果的な方法の1つ。
例えば、次のようなよく知られた話がありあます。

お昼の定食屋にて。

「今日の昼飯何にする?」

「私は天ぷらで」

「俺はウナギだ」

これは、通称「ウナギ文」と呼ばれているものですが、「俺はウナギだ」をそのまま英訳すると、

I am an eel.

となってしまいます。

英訳ソフトを使ってもそうなってしまうでしょう。
ところが英語ではそのようなことはありません。
話し言葉にせよ書き言葉にせよ、文法的に正しくない英語が使われることはほとんどありません。

日本語では、文法的に間違っていても、アクセントが多少おかしくても、通じます。
だからこそ、時として相手に大変な誤解を与えてしまうんです。
でも、英語では、文法やアクセントが誤っていたら、そもそも相手に通じません。

学生のときはわからないまま進んでしまった部分も、今ならじっくり自分のペースで勉強ができます。
わからなかった部分が多いほど、理解できた時の喜びは格別です。

英語には、ヒアリングやスピーキングと同様に、基礎からの英文法を知ることが、もう一本の太い柱ですし、挫折せずに楽しく続けられるコツなん




英語勉強法・知っておきたいコツ



「日本の学校英語は実用英語に不向きらしい」ということは、いまや誰でも知っています。
正確には不向き」というよりも「受験勉強向き」にできていますので、そもそも勉強の目的が違います。
じゃあ同じように日本で育ったのに英語ペラペラの人はどうやって勉強したんだろう。

英会話を始めたての頃は、下記のような思考プロセスで会話を展開させる場合が多いです。
相手の英語を聞く→(日本語に翻訳)→(返答を日本語で考える)→(その内容を英訳する)→英語で相手に返答する

これだと、返答に時間がかかりすぎ、変な【間】ができて、相手を不快にさせるだけでなく、自分も余計な苦労をすることになります。
英会話初心者を脱却するために必要な思考プロセスはこのようになるのが理想的です。

相手の英語を聞く→【英語で言いたいことを考える】→ 英語で相手に返答する

でも、英語初心者なのに、英語で全て考えて話すのは難しいと思いますか?
いいえ。完璧を目指さず、できる範囲で実践していけばいいんです。

あなたの目的が、「英語を使ってコミュニケーションをとりたい」なのであれば、先ずすべきことは難しい英単語を暗記することでも、文法を復習することでもなく、今持っている英語力を英会話に活かすことを、実践することです。
あなたの頭の中で、日本語に訳さずとも理解できている単語や文法があれば、まずはそれらのみを使って短い文章を作り、話してみることから始めてみましょう。

例えば、「ピアノを弾くことは楽しいです。」を「Playing the piano is fun.」と瞬時に訳せない場合は、
「I play the piano. It’s fun.」といった感じで2つの短い文に切り分けることもできます。

極論を言ってしまえば、「Piano, fun!」でも何とか通じてしまいます。
シンプル英語で話すことが、英語初心者脱却のコツです。
そして、一度初心者から抜け出したら、その後は自分でも驚くくらい上達が早くなります。
まずは「初心者」から脱却しましょう。

-------------------------------
初心者に最も効果的な【シャドーイング】

シャドーイングは、テキストなどの英文を見ずに、音声が流れてから聞こえてきた英語をまねて発音することで、リスニング力やスピーキング力の向上が期待できる学習方法です。
まず英語の音を聞き取って、何の単語なのかを認識してください。
そして聞き取れたら、次に意味を理解する段階に移ります。
シャドーイングは、本場外国人の英語が、チンプンカンプンで全く聞き取れない最大の原因である、英語独特のリズム英語独特の語順に慣れるという大きなメリットがあります。




 

ホントに身に付く英語勉強法

わたしの失敗続きだった教材選び。

美味しい宣伝コピーに魅かれて
勉強不要!聞き流すだけで、英語が話せるようになる!」だとか、
毎日三時間、一年1000時間ので本物のヒアリングで目覚ましい上達!
とかの魅力的な宣伝文句にそそられて購入しました。。
でも、
どちらも、正反対の性格ですが、たいした上達もしないままに投げ出してしまいました。

人気の教材だから信頼して。
でも、実際に使ってみると・・・
売上実績が多いから優良教材とは限りませんでした。
「誇大広告」とか「価格の安さ」で売れているケースも多かったんです。

価格の安さに魅かれて。
安いのは良いことですが、役に立たない教材を購入したばかりに、お金や、大切な時間まで無駄にしてしまい後悔も大きかったです。

背伸びをしすぎて
今の自分のレベルを超える教材、講座を選んでしまい、途中で挫折。
例えば、有名な1000時間ヒアリング○ラ○ンもそうですが、勉強意欲に燃えていると、初心者で独学だと、つい、ハイレベルを目指してしまいます。
実際、最後までやり遂げられる人は少ないと思います。。

自分の目的に沿わないものを選んで失敗
特に、欲張って、一つの教材で何もかもマスターしようとは考えて、結局は挫折。。
簡単な旅行用英語会話、とか日常での英語の会話なのか、リスニングに力を入れるのか、スピーキングを強化するのか、目的別に的を絞ったほうが良かったと思います。


恥ずかしい話ですけど、わたしは、これまで、一人での勉強において数々の失敗で、○○万円のお金を無駄に投資しちゃいました。
そして、大切な時間も。。。
みなさんには、自分と同じ辛い経験をして欲しくなくて、このページを立ち上げました。
管理人 まゆみ(OL)
p(*^-^*)q がんばっ♪

上達を加速する超基本知識。


それは、英語、中国語など世界中の多くの言語と違って、実は日本語だけが、独自のガラパゴス進化の言語であることです。

まず、日本語は語順が特殊なので、「I love you.」という英文を、わざわざ返り読みを駆使して「私は あなたを 愛しています。」と訳すから、理解にもたついて【ネイティブは早過ぎ!!】と感じてしまってたんです。
これは、高校時代に苦労させられた中国由来の漢文も、そうでしたよね。
わたしは、原文の語順通りに「私は 愛します あなたを」と、頭から順に受け入れていくように心掛けて勉強するようになってドンドン聞き取れるようになりました。

次に、日本語にはアクセントが殆ど無くて、平板に話します。
もちろん、少しは日本語的アクセントは有りますが、アクセントがおかしくても意味は通じますよね。
でも、英語、中国語など世界の多くの言葉では、アクセントを間違うと全く通じないんです。
美味しい『バナナ』は、『 』じゃないと、相手に伝わらないんです。

英文の流れの中でも、各単語のアクセントの部分は、ゆっくり、ハッキリと発音し、他の所はひたすら弱く軽く発音されます。。
その結果、例えば電車内のアナウンスで「The next station is Shinjyuku.」は、「ザ ネクスト ステイション イズ シンジュク」ではなく  「ザクステイ ショニズシンジュク
と発音され、わたしたち日本人には全く馴染みの無い独特なリズムになるんです。
この独特なリズムが、英会話での相手の話を聞き取りにくくしている原因でした。


ここで、英会話初心者の方から頂いたご質問をご紹介します。
「英語圏の方が英語での会話中にone of those ~と言ったとき、いつも「ワナゾーズ」のように聞こえるのですが、ofはちゃんと発音していないのでしょうか?」
(滋賀県 Mamiさん)


お答えは、こうなります。
「話す英語では、音の連結と脱落が起きているからです

英会話が上手な人の言葉では、音が連結したり、脱落したりすることが多いことを理解しましょう。
音の連結とは、 an egg を [ アネーグ ] のようにくっつけて発音することを、音の脱落とは、 basketball の t の音が落ちて [ バスケッボーォ ] のような発音になることを言います。

ご質問のone of thoseが[ワナゾーズ]に聞こえる理由は、音の連結と脱落が起きているからです。
ofははっきり発音すると[əv]となりますが、会話ではよく、[v] が省略されて[ə] の発音のみが残ります。
one ofの場合、one [wʌn] の [n]とofの [ə] が連結し、[v]が脱落して[ワナ]のように聞こえます。
[ə]がoneに吸収される上に[v]が脱落するため、ofをきちんと発音していないように聞こえるのです。

ちなみに、アメリカ英語では a lot ofが[アラーラ]、get out ofが[ゲラゥラ]のように聞こえることがよくあります。
これらは、ofの[v]が脱落し、[ə]が直前のtに連結、さらにこの[t]が[l]のような音に変化した結果の発音です。」



英語の勉強においては、必ず上達ポイントという壁に遭遇します。
語学の勉強では、一日ごとに、やった分づつ毎日少しづつ上達するわけではありません。
私もそうでしたが、初心者には、必ず大きな壁が待っています。
私は「上達ポイント」と呼んでいますが、学習を開始してから、数週間とか、一か月くらいは停滞の期間があって、ほとんど上達しません。

 

でもでも、ご安心ください。
一度その「上達ポイント」になった時、上達が一気にきます。
私が英語が大好きになったのも、この時です。。。。


さて、その停滞期間を乗り切れる英会話教材のポイントは、
(1)飽きさせず、楽しく学習できるように工夫や、配慮が施されている教材を選ぶ。
(2)ご自分の目的にかなった教材を選ぶ。
(3)現在の英語レベルに合った教材を選ぶ。




英語/英会話上達法&教材の選び方
英語教材攻略
まゆみの英語勉強法

初心者の方々へお伝えしたいことが有ります。
初心者の皆さんへ
「初心者でも独学で驚くほど上達する英語勉強法」
  
えいごOLまゆみの「映画で英会話の勉強ができる!」
幼児英語|自宅勉強と英会話スクールの選び方と上達法
発音のコツ|初心者でも円滑な会話になる上達法
欠かせない英単語の正しい勉強法
上達した人の3つの勉強法の原則


出会い恋愛系の言い回しの知識だって大切です。
出会い系英語ビ
英会話勉強法 with出会いコミュニティencounter community
英会話サバイバル術


ここでは、正しい英文法での様々な英文を頭に入れます。
これは、初心者にとって、スピーキングやヒアリング練習と同じくらい重要なことです。
【Q&A 001-025】
【26-50】
【 051-075】
【76-100】
【 101-125】
【126-150】
【151-175】
【176-200】
【201-225】
【226-250】
【251-275】
【276-300】
【301-325】
言葉を増やす【326-340】


巷の素敵な英会話勉強法
無理なく英語勉強【9 Step】
独学でマスターする
【スパイダーマン・スティーブ_ジョブズ】
独学を極めて無敵になる
着実に上達する8つのコツ
最短ルートで現実的な英語勉強
人生半ばから英語に開眼した男性の英語勉強法
キレイ事一切なし!英会話教材を徹底解説


あなたに最適英語教材
まゆみの英語勉強法


初心者の『無理ない英語上達法』